セレブ奥様との会話の秘訣「聞く→関心→同調」

もともとあなたは、周囲の女性に愚痴とも相談ともとれる話を持ちかけられたりするタイプでしょうか?

性別で差があるというのも不思議かもしれませんが、そもそも会話の中で男性が求めているものと、女性が求めているものは違います。違いがあるからこそ、共通点が生まれれば親密な関係がつくれるのです。

例えば、女性の相談に対して自分は真剣に相手をしているつもりなのに、相手が急に怒り出したことはありませんか。それは、あなたが与えようとしているものが、相手の欲しいものと合っていなかったからです。

男性は会話に「解決」や「結論」を求めがち

男性は答えを出してあげようと方法論ばかりを語るのですが、女性はじぶんの気持ちをくみ取ってくれることが第一。方法論などはむしろ興味がないということが多いです。

出会い系サイトもまったく同じ。

出会い系サイトで知り合った相手とメッセージをやりとりして、すぐにやりとりが終わってしまう男性がいます。

そういう男性は、とにかくメッセージのなかで「解決」や「結論」を求めがち。その「評論家」じみた姿勢が嫌われます。じぶんの感情を理解してほしいと願っている女性を幻滅させているのです。

女性は話を聞いて欲しい

基本的には、女性はお喋りが大好きです。とくに旦那が金持ちの玉の輿セレブ人妻は、社会経験が少なく、普段からコミュニケーションの訓練をする機会がないので、まわりに気を使うことができません。だから、一方的に話をしつづけてそれを聞いてくれる男性に好意をもつようになります。

さらに、会話の中で気持ちを共有することで、安心したりストレスや不安が解消されたりします。女性の会話には、結論や答え、解決の方法などを求める気持ちは比較的少なく、求めているのは共有や理解です。

一方で男性的な会話は共有というよりは主張になりやすく、解決や答えを目指します。重要視されるのは自分が正しいことの証明であったり、相談を受けているのであればその問題の解決です。

つまり、男性はただ聞くのが苦手なのですが、女性はただ聞いてほしいのです

答えをだすのが聞き手の義務のように思いますが、それ以上に自分を受け止めて欲しいという思いがあることも忘れないでください。

セレブ女性が求めている態度は、

  • そうだよね
  • つらいよね
  • 大変だね

など、女性自身が抱いている気持ちを理解することです。

それなのに男性は、

  • それはつまり、こういう事じゃない?
  • 問題はどうする事で問題を回避できるかだよね
  • 君がこういうところを改善したらいいんじゃない?

となりがちです。もっと簡単に言うと説教を始めます。男性が説教を始めると、受け手の女性としてはまるで「おまえが悪い」といわれているように感じます。

でも、女性の求めている答えは「君は悪くないよ」なので、気持ちが相反してしまい、怒り出すというわけです。

このようなときにはトラブルに発展してしまうことがあるので、心に余裕があれば、ぜひ聞き手にまわってください。アドバイスをするよりも、聞いて受け止めてあげる方が好意を得られる場合も多いので、自分の意見ばかりをガツガツ語るのではなく、酔い聞き手になることに努めてください。

女性に「関心」を寄せる

女性の話を聞けるようになったら、次はその女性に「関心」を寄せることが大切です。

たとえば、セレブ女性が新しい高級バッグを買ったという話をしたら、本当に興味深そうに「関心」を示してください。女性がなぜその話をしたのかを考えてみてください。

話題に出すということは、その話をしたいんです。

普通の男性は、女性のバッグなんて興味がありませんね。だからこそチャンスなんです。他の大多数の男性は、彼女のバッグの話にきちんと「関心」を示していません。つまり、他の男性より一歩抜きん出ることができるわけです。

はっきり言ってしまえば、女性の話なんて聞いていて面白いものはありません。だからこそ我慢をしてください。まじめに話を聞かなくてもいいんです。

「そうだったんだー、大変だったね」「へぇー、すごいね!」「あー、その気持ちわかるなあ」なんて適当な言葉を並べてればいいんです。

なにせ、そもそも女性は話をちゃんと聞いてるかどうかの確認なんてしないのですから。自分が話したいことを話したという時点で満足しているのです。

逆援助出会い系サイトのメールのヤリトリは、他の男性との勝ち抜きバトルです。

女性のメールの内容に誠実な関心を寄せている人間が最後に生き残るのです。逆援助をしてもらえるのです。

同調

関心の次は同調です。

お金持ちのセレブ人妻は、あなたの知らないことを知っていたり、あなたの知らないことを好きだったりしますね。

たとえば、

「わたしはクラシック音楽を聴くのが趣味で、とくにバロック音楽が好きなんです」

って言われたらどうしますか?

  • 「ぼくはクラシックはよくわからないので……」
  • 「へぇ。クラシックですか。ぼくはロックが好きです」
  • 「クラシックなんてどこがいいんですか?」

そんなふうに答えていませんか?

いいですか。女性の会話はすべて「同調」から始まります。ぜったいに否定してはダメ。

かといって「ぼくもクラシックが大好きです!」なんてウソを言ってはいけません。すぐにバレるし。

そういうときは「ぼくはあなたの言っていることを尊重し同調します」という態度を見せる必要があるのです。

たとえば

「クラシックってあんまり詳しくないんですけどどういうところが魅力なんですか?」

と質問してあげるのです。

相手は、興味を持たれて悪い気はしませんし、あなたのほうも「相手が喋っているだけで自分に好意を持たせることができるという作戦」に成功したともいえます。

「知らない状態」から「知っている状態」になることは難しい。けれど「知りたいと思っている状態」を見せることはすぐにでもできることなのです。

さらなる会話の秘訣を知りたい方は「セレブ人妻に好かれる会話術」や「心理学を利用した逆援助交際攻略法」をごらんください。

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

現在、大手出会い系サイトでは、逆援助交際関連のメッセージは禁止されています。逆援助交際をするなら逆援助専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

こちらではわたしがオススメする逆援助出会い系サイトをランキング形式でまとめました。ぜひごらんください。

>>逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキングはコチラから