逆援助交際のプロフイール写真撮影のコツ

逆援助交際のプロフイール写真撮影のコツ逆援助交際しようと思っているなら、出会い系のプロフィールに自分の写真を載せておくことが絶対に必要です。

「写真はあったほうがいいよ」なんてレベルではなく、必須なのです! 写真がない時点で、逆援助交際レースへの出場資格はないようなものです。

なぜそこまでいい切れるかと言えば、答えは簡単です。

あなたが風俗店へ行ったとしましょう。女の子の顔写真がズラリと並んでおり「この中から好きな子を指名していいですよ」と言われたら、自分好みのルックスやスタイルの女性を吟味しますよね。

もし、そこに顔写真の載っていない女性がいたとしたらどうしますか? そもそも、選ぼうとすら思わないですよね?

逆援助交際のプロフイール写真撮影のコツ

顔写真をみてもピンとくる子が一人もいなかった場合、イチかバチかで指名することはあるかもしれませんが、それはあくまでも最後の手段です。普通であれば顔写真つきの中から選ぶはずです。

もはや出会い系において顔写真があるのは当たり前ですし、逆援助交際であればなおさらといえます。

また、写真は「もうすぐ会えるかも」という最後のひと押しにも使うことができます。セレブ人妻が会うのを迷っている時に、安心できるような写真を送れば、「じゃあ会ってみようかな」と思ってもらえる可能性が高まるのです。

そこで、今回は逆援助交際のプロフイール写真撮影のコツをお送りしたいと思います。

逆援助交際のメール攻略まとめ」とあわせてごらんください。

女性ウケのいいプロフィール写真とは

どんな写真が女性にウケるかを一言で表すなら「嫌味のない写真」という言葉がもっとも適切かもしれません。大事なのはいかにネガティヴな感情を感じさせないか、ということです。

では、具体的にどのような写真が好まれるのかをいくつか例にとってあげてみましょう。

笑顔の写真

まず、間違いないのは笑顔の写真です。セレブ女性にとって、男性の笑顔に癒やされたいと思う人はとても多いのです。

逆援助交際のプロフイール写真撮影のコツ

自然な笑顔が一番なのは言うまでもありませんが、自撮りとなるとなかなかそうはいかないもの。少しぎこちなくなってしまうかもしれませんが、それでもキメ顔だったり無表情な顔よりは、たとえぎこちなくとも笑顔のほうが好まれます。

自分からみて「ぎこちなく笑っている自分の画像」なんてものは、ぶっちゃけキモく感じてしまうものなのですが、それはあくまでも「自然な笑顔の自分」を知っているから。他人からはあんがい普通に見えているものです。

まだ会ったこともなくて自分の素顔も知らない女性であれば、写真の笑顔がぎこちなくても違和感は大きくありませんから安心してください。

グループで撮った写真

友達同士の数人で撮った写真があるのなら、それも武器になります。友達同士であれば自然な笑顔で撮れていることでしょうし、「社交性のある男」や「友達の多い男」といったポジティヴな感情をもってもらえる効果もあります。

もし、グループで撮った写真を使うのであれば、自分以外の顔にはスタンプなどで加工をして消しておきましょう。

どれが自分なのかをパッと見てわかるよう明確にしておくべきですし、見知らぬ他人に自分が写った写真を勝手に渡されていい気持ちはしないですからね。

ただ単に写真だけを渡して「右から2番目が僕です!」なんていうのはかなり悪い印象を与えてしまいます。

「この人は友人の顔を勝手に公開して、なんとも思わないのだろうか?」といったプライバシー情報に関する扱いに疑問を抱かれてしまいます。

これは秘密裏な関係をなによりも重視する逆援助交際においては致命的とも言える失態です。

さらに、もしグループの中にあなたよりも好みの男性がいた場合はあなたが見劣りしてしまうことも考えられます。必ず自分以外の顔は隠すようにしてください。

動物と一緒に撮った写真

逆援助交際のプロフイール写真撮影のコツ

もし、ペットと一緒にお住まいなのであればその子と一緒に写真を撮りましょう。女性は多かれ少なかれ、カワイイ動物には弱いものです。

ペットを飼っていなかったとしても、友人のペットと一緒に写ったり、猫カフェなどで撮った写真でもいいでしょう。なんでもいいので、動物が一緒に写っているだけで安心感を与えることが出来ます。

動物といっても、できれば哺乳類がいいですね。イグアナやカエルといった爬虫類や両生類となると生理的に受け付けない人も少なくありません。

ましてや熱帯魚の水槽の前で撮った写真なんてのは一人で撮っている自撮りとほとんど変わりません。

女性が思わず「かわいー!」と声を上げてしまうような、丸っこくてモフモフした動物と撮りましょう。

女性ウケが悪いプロフィール写真とは

では、逆に女性ウケが悪いプロフィール写真とはどのようなものでしょうか?良いものよりは悪いもののほうが想像し易いかと思いますが、男性が悪くないと思っていても女性からしたら悪く感じる要素は意外に多いのです。

キメ顔の写真

確実に不評で、なおかつ多くの男性が気づいていないのが、キメ顔の自撮り写真です。絶対にやめましょう。

キメ顔でナルシズムにあふれる自撮りが許されるのはイケメンだけですし、そのイケメンだってセレブ女性が相手となれば鼻で笑われてしまうだけでしょう。

そんなキメ顔の自撮り写真がウケるのは若い女性だけなのです。それも中高生レベルのかなり若い女性に限られます。

言うまでもありませんが、若い女性で逆援助交際をしている人はほぼいません。メインの女性層は30~40歳前後の女性ですからね。

人生経験が豊富で、もうすでに落ち着いた年齢の女性であれば、薄っぺらなキメ顔の写真を見てもただただ不快に思うだけですし、「こんな男と町中を歩くなんて恥ずかしくて仕方がない」とまで思われてしまうことでしょう。

無表情すぎる写真

まるで証明写真で撮ったかのような、カチコチな無表情で撮ってしまっている男性も多いですね。

「自撮りなんてこれまでしたことがなかった」あるいは、「写真を撮られるのがそもそも苦手」という男性が陥ってしまいがちな罠ですね。

それでもキメ顔の写真よりはマシではあるのですが、やはり写真で緊張感を与えてしまうのはネガティヴな要素になってしまいます。

これは単に「自撮りに慣れていない」だけの問題ですので、いくらでも解決できます。

ただ「初々しくて不慣れな男性」を探している逆援助交際相手もたまにいます。まるで童貞狩りのように「冴えない男を自分好みの男に育て上げたい」という願望を持つ女性です。

そういった女性にとっては、明らかに慣れていない写真を、好んで食いついてくる可能性もあります。

ですが、ほとんどの女性にとってはあまりいい印象とはならないので、童貞狩り気質の女性をピンポイントで狙いたい人以外はやめておきましょう。

自分が写っていない写真

何を思ってそうしたのかがよくわからないのですが、出会い系のプロフィール写真に自分が写っていない写真をアップロードしている人もたまにいます。

  • 猫や犬などの動物だけ
  • 車や自転車だけ
  • 有名なサッカー選手の写真
  • アニメキャラ
  • どこかの背景

……などなど、まるでTwitterのアイコンのような感覚で「自分の好きなもの」をプロフィール写真に載せてしまう人もいるのです。

あなたがその写真にうつっているものが好きだったり、趣味としていることはわかりますが、そんなことは誰も興味が無いのです。

「この人はどんなものが好きで、なにが趣味なんだろう?」という興味は、その人に対して何かしらの好印象を持ってから初めて発生するものです。

いきなり自分が好きなものを相手に押し付けたとしても、ただただドン引きされてしまうだけですからね。もはや出会い系のなんたるかを勘違いしているとしか言えず、自ら出会いを放棄してしまっている典型ですね。

アプリで加工された写真

最近ではスマホのアプリで、お手軽に写真を加工できてしまいます。それこそ、プリクラのように目を大きくしたり、肌のシミをなくしたり白くしたり、細身にしてくれたりと……言うなればAVのパッケージ詐欺のような写真をつくることができます。

最新の技術でそれなりに自然な感じで加工してくれるとは言え、所詮はスマホアプリ。「加工をしている違和感」はすぐにバレて伝わってしまいます。

男性は、目を大きくしたりなんてする必要はまったくないのです。そんなことをしても気持ちが悪いだけですし、かえって女々しい奴という印象を与えるだけでしょう。

ただ、顔を直接いじらないような加工であれば別にかまわないと思います。

今は Instagram をやっているセレブな女性も多いですから、古いトイカメラで撮ったようなおしゃれなフィルターをかけるくらいでしたらいいでしょう。

SNS がこれほどまでに普及した今、むしろ撮ったそのままの素材を送りつけると「ダサい」と思われてしまうかもしれませんからね。

過度な加工は禁物ですが、今の時代にそったおしゃれな加工でしたら十分アリだと思われます。

奇跡の一枚を撮ろう!

出会い系に載せるためのプロフィール写真には、強いこだわりをもちましょう。

100枚や200枚では少ないくらいです。1,000枚くらい自撮りをすれば、その中から「おっ、これはよく撮れた!」と思えるものが1枚はあるはずです。

そして、その1枚を手に入れることができたら、その写真をプロフィールに飾っておくだけでずっといい仕事をし続けてくれるのです。

どうすればそんな奇跡の1枚が撮れるのか、そのコツをまとめてみました。

昼間、太陽光が当たる場所で撮る

写真において、光はとても大事です。

蛍光灯のしたでは顔が青白くなってしまい、冷たい印象を与えてしまいがちです。もっとも人間にとって自然で好まれる光は太陽光ですので、太陽光が当たる環境で自撮りをしましょう。

ただ、直射日光による逆光はかえって暗くなってしまうということを、写真の基本として抑えておきましょう。

外で撮るのが恥ずかしい、あるいは家の間取り的に日光が入らないというのであれば、白熱灯の照明のしたで撮るようにしましょう。蛍光灯に比べればずっと明るくて温かみのある雰囲気になりますので、日光のそれに近い効果を得ることが出来ます。

スマホのカメラは暗所に弱いので、もし室内で撮るのであればできるだけ明るくしてくださいね。

少し上から、顎を引いて撮る

少し上から撮ることで全体的に小さく写すことができます。さらに、顎をひくことでシュッと締まったシャープな印象を演出できます。

試しに真正面から顎を少し出して撮ったものと比較してみるとよくわかると思いますが、その差は歴然です。さらに顔の角度をちょっとナナメにしてみると、より小顔に見えるという効果があります。

人は誰しも「必殺の角度」を持っていると言われています。女性の自撮り写真を見てるとよくわかると思いますが、真正面からドンと撮っている人はまずいません。

構図に悩んだのであれば、女性の自撮りを参考にしてみましょう。なにせ、彼女たちは自分をよりよく見せることにかけてはプロ並の腕前なのですから。

髪型や服装を整える

これからデートにいくくらいの気持ちで服装と髪型を整えましょう。白いシャツなど爽やかな印象を与える服装がベストですね。

この時、あまりに季節を強く感じさせる服装は控えるようにしましょう。Tシャツ姿などであればまだいいのですが、コートにマフラーのような明らかに冬に撮ったとわかる写真はNGです。

なぜなら、その写真を見る時は夏になっているかもしれないからです。夏にそんな冬まるだしの写真を見ても「これ、いつ撮ったの?」と無用な不安を与えてしまうことでしょう。

そういう意味でも無難なのはスーツ姿ですね。季節感のない服装だし、清潔感だってあります。間違ってもヨレヨレのシャツやネクタイなどは使わないでくださいね。

顔の筋肉をほぐし、撮る直前まで目を閉じておく

大きく目を見開いて、口を限界まであげる……といった顔の運動を10回程度繰り返しましょう。

そうすることで顔の筋肉がほぐれて、自然な笑顔をつくりやすくなります。自然な笑顔が撮れるようになるまでは何十回と撮って練習をすべきです。

そろそろ具合が良くなってきたなと感じたら、目を10秒位閉じて撮る直前に目を開きましょう。すると、目の周りがほぐれてより自然な印象になります。

人間の顔で相手にもっとも強い印象をあたえるパーツは目ですから、目の周りの筋肉は特に意識したいものです。

鏡に写った自分を撮る

自撮りを何度もしていると疑問に思うことがあります。

逆援助交際のプロフイール写真撮影のコツ

あれ、俺ってこんなに不細工だっけ……?

それは、普段の鏡で見ている自分の姿と、カメラのレンズを通して映る自分の姿にギャップがあるから、そう感じるのです。

鏡は見たそのままを写し返してくれるのに対し、スマホのカメラは「広角レンズ」を採用しているため、中央部がより強調される歪みのようなものが発生しています。

風景やモノを撮る時は気になりませんが、普段見慣れている自分の顔を撮ると、その些細な違和感がとても気になってしまうものです。

鏡とひとくちに言っても様々な鏡があります。個人的に、デパートのトイレについている姿見の鏡などは、自分をより良く写してくれるような気がしています。人のいないタイミングを狙って利用してみるのもいいかもしれませんね。

自宅にある鏡だけで満足するのではなく、より自分がイケメンにうつる最高の鏡を探しましょう!

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

現在、大手出会い系サイトでは、逆援助交際関連のメッセージは禁止されています。逆援助交際をするなら逆援助専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

こちらではわたしがオススメする逆援助出会い系サイトをランキング形式でまとめました。ぜひごらんください。

02 プロフィール・掲示板
セレブ人妻と逆援助交際