出会い系サイトのさまざまな危険とその対策

みなさんの中には、悪徳な出会い系サイトに引っかからない自信がある人も多いのでは?

いくら人生経験豊かな男性であっても、残念ながら悪徳サイトの被害者になる恐れは十分にあり得ます。

悪徳な出会い系サイトと聞いて、あなたはどんなイメージを抱きますか?

「女の子がサクラばかりで出会えない」と思い浮かんだ人は要注意。

実は、出会えないのはもちろんのこと、メルアドや画像収集、美人局的な風俗業者のユーザー、ワンクリック詐欺など金銭的被害にあうリスクこそ気を付けたい部分なんです。

そのため、悪徳な出会い系サイトに申し込んで登録する前に、しっかり回避する知識を身につけなければいけません。

とくに、中高年のみなさまは要注意。

オレオレ詐欺といえば、子どもや孫がいる年配者がターゲットになっていますが、出会い系悪徳業者の場合、ターゲットは中高年と言い切っても良いくらい。

実は、社会的地位もあり経済的にもゆとりがあり妻帯者ならば妻はもちろん子どもや家、独身男性であっても会社や近所の目、親の目など世代的に最も「守りたいものが多い立場」と言えるのです。

そのため、無用なトラブルを避けようと必然的に被害にあう人も多くますます悪徳業者はターゲットを中高年に絞ってきます。

特に、経済的にゆとりのある中高年男性は社会的制裁を恐れるあまり「面倒ごとは金で解決する方が早い」と思ってしまいがち。

実際、悪徳業者が展開する出会い系サイトでは中高年男性にウケそうなデザイン、女性モデル、言葉を厳選していることも……。

「俺はそんなのに引っかからない」と思っている男性でもいざ悪徳業者に目をつけられた時に、守りたいものが次々と頭に浮かんでくるかもしれません。

悪徳業者とは?

出会い系サイトの場合、悪徳業者とはサイト自体が詐欺めいており、金を巻き上げるために存在しているかのようなもの。

いわゆる出会い系としてひとつのグループにまとめがちですが、ビル看板や雑誌、ネットでバンバン広告を打っている大手の出会い系サイトとはまったく違って、無名で弱小。

目をつけられれば、すぐにサイトを捨ててしまうのが悪徳業者。

そもそも、女性と出会える可能性すらないため、同じ出会い系サイトといっても大手と悪徳業者は意味が大きく違います。

悪徳業者の手口

悪徳業者の手口としては、最終的に”金を巻き上げる”という言葉に繋がる話ですが、その方法は様々です。

ワンクリック詐欺、ツークリック詐欺

一方的に契約や課金の契約をしたり、支払いが発生するような状況に追い込むワンクリ詐欺も今ではさらにバージョンアップし、ツークリック詐欺やシャッター音を駆使して信憑性や不安を煽るタイプになっています。いずれも見に覚えがない場合は、関わらないのが良いですが出会い系サイトという”やましい気持ち”がある反面、未だに被害にあう男性も少なくありません。

不正請求、課金詐欺

特に会員登録後、退会ができなかったり目の飛び出るような金額の違約金や違反金といった不正請求をしてくるのも悪徳業者の手口。

すでに登録しているとこちらの落ち度と思ってしまいがちですが、相談や身の潔白を証明しようと連絡をすることで、よりターゲットとして絞られてしまいます。

違法行為の場合、相手が本当に裁判所や警察への被害届を出すことはないので気をつけましょう。もちろん、実際に優良サイトで利用した料金を踏み倒すことはできません。

メアド収集

悪徳業者は、狙ったターゲットからお金を巻き上げることができなかったとしても最後は何としてでも金に変えようとするのも見逃せないポイント。

最終的にはメールアドレスや本名、携帯番号といった個人情報を”売る”ことで収入に繋げようとしてきます。

いずれも繋がりがあるため、やはりできる限り最初の段階で見切りをつけるのが賢明。「悪徳業者だ!」と思い次第、離れるようにしましょう。

サクラとはどう違う?

出会い系では”サクラ”の存在が切っても切り離せないものですが、「サクラ=悪徳業者」とも言い切れないのが難しいところ。

まず、サイト運営者自体が女性を用意し、会うつもりはないものの男性客に課金をさせるためにやり取りだけを続けさせるサクラがいます。

あるいは、キャッシュバッカーといって、一般女性が登録をして出会い系サイトからのポイントを貯めて換金するために、ズルズル会話を引き伸ばしていくことも……。

この場合、サイトが用意した女性を落とすのは難しい反面、素人のキャッシュバッカーなら「いい男がいれば遊んでも良いかも」なんて考えているので、必ずしも悪とは言えません。

さらに、無店舗型のデリヘルや箱ヘルといった風俗嬢がさも素人の利用者を振る舞って、出会い系サイトを活用することも……。

こちらは課金目的ではなく、会った後の交渉がメインなので必要経費で考えればWin-Winな関係ともなります。

もちろん、大手の出会い系サイトなら、女性利用者のメインは素人の一般人。これらサクラが混ざっている可能性もありますが、全員とは言いません。

とは言え悪徳業者の場合は、ほぼサクラのみ。素人を装った業者すら利用することはないので、まさに”会えない”可能性が圧倒的に高いと言えるでしょう。

そもそも、会える・会えないのレベルまで考えていない悪徳業者もゴロゴロ。中にはサクラすらやり取りがなく騙されてしまう男性もいるくらいです。

フリーメールが大切

出会い系サイトに登録する際に、メールアドレスが必要になります。パソコンを利用している人でしたら、誰でもメールアドレスの一つは持っていると思いますが、できれば、フリーメールを利用したほうが良いでしょう。

なぜ、フリーメールが良いかというと、フリーメールは匿名性が高く、いらなくなったらすぐに捨てることが出来るからです。

変な出会い系サイトに登録してしまうと、迷惑メールがたくさん送られてきますから、そういった場合にすぐに捨てることが出来るフリーメールでしたら、便利なんですね。

フリーメールが利用できるサイト一覧

詐欺出会い系サイト

架空請求などを繰り返している詐欺出会い系サイトに注意してください。

詐欺出会い系サイトにだまされないようにするためには以下のようなことをチェック。

とにかく宣伝文句が派手

悪質な出会い系サイトは当然、女性と出会って楽しむ場所を提供する気は最初からありません。
登録や利用料の課金、さらには退会時の違反金、そしてメールアドレスや画像など個人情報の収集が目的と言っても良いでしょう。

ターゲットとなるのはもちろん、女性との出会いを求める男性陣。

そのため男性の心をくすぐるために

  • サクラ一切なし!素人女性の登録が圧倒的!
  • 当サイトは男性よりも女性の利用者が多い!
  • すぐにヤレる欲求不満な女性が活用中!

といった、派手な宣伝文句を使ってきます。

中にはよく見ると、まだ出来立てホヤホヤなサイトにもかかわらず、なぜか

  • 「何年も利用しているけど、毎回必ずセックスまでいける!」
  • 「ここで見つけたセフレと3回目の誕生日を迎えることができました!」

なんて支離滅裂な口コミが公式サイトで紹介されていることも……。

大手出会い系サイトでもないのに、派手な宣伝をしまくるところは避けるのが賢明です。

そのわりには広告を見ない

悪徳出会い系サイトは基本、使い捨てのような扱いで金を巻き上げて「詐欺サイトだ」「悪質サイトだ」と名前や噂が広がれば、あっという間に出会い系サイトの名前も変えてしまいます。

そのため大々的にサイトを宣伝するつもりもないどころか、宣伝されたら困るなんてことも…。

  • 「今、一番出会えるサイトはココ!」
  • 「女性利用者数〇万人突破!」

なんて言いながらも、広告を見かけない弱小出会い系サイトは注意するのが良いでしょう。

実際に、優良サイトでおなじみのワクワクメールやハッピーメールなどは、渋谷や新宿、六本木などでビル看板やラッピングカーを走らせ、雑誌での広告も打ちまくっているため、男女問わず認知度があります。

女性利用者を取り込むのに必要なはずの広告を、一切見ないサイトは気を付けてください。

入会や退会、料金システムが謎

そして、本来なら登録する前に入会や退会の手順、各種料金プランなど説明書きが読めるのが常識。

「詳細は会員登録後」なんて書いてある出会い系サイトは、1桁間違っているような料金プランなんてことも……。

いざ登録した後に悪質サイトだとわかっても、退会に事務手数料や違約金という名目で金を巻き上げようとしてくることがあるので、登録前に詳細がわからないサイトは見切りをつけるのが正解です。

会員数に惑わされるな!

出会い系サイトのほとんどは、「会員数◯◯万人」などと記載されています。

この情報が正しいかどうかも怪しいところですし、仮にそれだけの会員数がいたとしても、そのすべてが男性ということも実態としてあるんです。

下記の話は実際に起こった事件。

「株式会社フライヤーズスクエアは出会い系サイトでサクラ行為を行い、男性からサービス料金をだまし取ったとして、千葉県警に摘発されました。
会員数は270万人いたが、女性会員はわずか1名のみだった」

このように会員数が多くても、女性会員が全くいないといったことも起こっています。会員数を鵜呑みにしないようにしましょう。

会社名をチェック!

上記で紹介した悪質な出会い系サイト業務は、なんと10年以上運営されていたとのこと。そんなに長く運営していても途中で訴える人も出てきて、問題になることが明白です。

それにも関わらず、なぜこれほど長い間、運営出来たのか。それはサイト名や会社名を変えるといった、巧妙な手段を繰り返していたことが明らかになりました。

一度問題が起こってしまうと、そのサイト名や運営会社の名前はすぐに知れ渡ってしまいます。そのため、悪い口コミが広がる前に、「名前を随時変える」という巧妙な手口が蔓延していました。

安全な出会い系サイトを探すときは、「出会い系サイトの名前や運営会社の名前が何年も変わっていないところ」を選ぶようにしましょう。

男にとって都合の良い内容は疑え!

詐欺の出会い系サイトに必ず存在するのが、サクラ。このサクラは女性が対応するケースもありますが、男性のほうが多いことがわかっています。

男性利用者は、自分の欲望に従順な女性を選ぶ傾向があります。それゆえ、女性のサクラ従業員よりも男性のサクラ従業員のほうが売上アップにつながるとして、男性のアルバイトを多く雇う傾向が明らかになっています。

あまりにも自分の欲求が通る相手の場合は、サクラを疑った方が良いでしょう。

会えそうで会えない微妙なやり取りをするのが特徴。ただ、完全に会えないと断るのではなく、来週、あるいは2週間後などと設定する女性は詐欺の可能性が高いです。

なぜなら、その間に頻繁にメールのやり取りができるため。会える日は設定しているので利用する男性は騙され、その期間メールのやり取りをしてしまうこともよくあります。

サイトの雰囲気を確かめる

出会い系サイトに登録する前に、そのサイトの雰囲気を確かめておきましょう。きちんとしたサイトであれば、登録前に多くのページを見せてくれます。逆に早い段階で「ここから先は有料会員のみ」という表示が出るところは、あまり中身がないかもしれません。会員数などは自己申告ですので、いくらでも水増しができます。サイトが出しているデータよりも、自分の目で確かめたものを信じるようにしましょう。

サイトの雰囲気は、明るいものの方がいいでしょう。あまりに怪しい雰囲気だと、怖がって女の子の登録者が少ないことがあります。

けれど気をつけてほしいのが、イメージタレントを前面に押し出しているサイトです。可愛いグラビアアイドルなどを使っていると雰囲気は明るくなるのですが、それは男性会員を集めるための客寄せパンダに過ぎません。女の子はどちらかと言うと、グラビアアイドルがトップに出ているサイトには尻込みしてしまいます。そのアイドルと自分を無意識のうちに比べてしまうからです。

サイトの雰囲気は明るく、けれど誠実そうなイメージを大事にしているところがいいですね。

サクラ

近年はサクラ被害がへったとはいえ、まだまだ全滅はしていません。

サクラがいるかどうか見極める方法を紹介します。

サクラについて口コミを探してみる

良さそうなサイトを見つけても、サイトに書いてあることだけを鵜呑みにしてはいけません。ネット上にはたくさんの掲示板があるので、そこでそのサイトの口コミを探してみましょう。

掲示板の体験談は虚実入り混じっているのが現実ですが、中には「これは信用できるかも?」と思えるリアルなものがたまにあります。男性側の「ここでは出会えなかった」「サクラがいた」などの悪い口コミがあまりに多いようなら、やめておいた方が無難です。反対にあまりに褒める口コミが多すぎても、その口コミ自体がサクラである可能性があります。気をつけて見極めるようにしてください。

出会い系サイトは、適度に言及されていて、いい口コミも悪い口コミもバランス良くあるのが理想です。男性の体験談をしっかり探して、ネット上でどういう立ち位置にいるサイトなのか(大手なのか・老舗なのか・新しいのか)を確認してから登録しましょう。

サクラを見破るには適当に登録がオススメ!

男性が出会い系サイトに登録する場合、少しでもよく思われたいと思ってプロフィールを完ぺきに埋めたり、写真を登録する人がいます。

しかし、初期段階が最もサクラを見破ることができるタイミングです。最初はプロフィールは、一切記載しないで良いです。なんならちょっと嘘を書いて、とてもではないけど女性が食いつかなそうなことを書いてみましょう。

例えば、

  • 60代
  • バツ2子持ち
  • 1回刑務所に入っていました
  • 仕事をクビになりました
  • 無職で借金が500万円あります

上記のような情報は多少オーバーですが、もしこんな事がプロフィールに書いてあったら、誰1人食いつく女性はいないでしょう。

しかしこれぐらい書いたほうが、逆にサクラがいるかどうか判断しやすくなります。こんないい加減な登録にも関わらず、数件のメッセージが届いたら100%サクラです。

根拠として、全くプロフィールを見ておらず、プロフィールに関係なくメールを送信している可能性が高いからです。

登録から数分で女性からメッセージが届けば、100%サクラがいるといって良いでしょう。

違う写真をお願いする

あたかも本物を装ったような可愛い写真を掲載している女性がいます。しかし、そういった写真はツイッターやフェイスブック、ブログなどに掲載されている一般人の写真を無断で使用している可能性が高いです。

また最近は闇ルートでこういった写真を集めた業者が、出会い系サイト運営者に写真を売っているケースもあります。

悪質な方法で入手した写真は、同じ人物の写真の枚数に限りがあります。つまり、何枚か写真を送ってもらうことを要請すると、その希望に答えられない相手ばかりです。

「◯◯ちゃんとっても可愛いから違う写真も見てみたいな!」などと、メッセージを送って相手が拒んできたら、まず間違いなくサクラです。

プロフィールなど公に公開される写真が良くて、新たな写真は送れないというのは理不尽な理由です。「単純に所有している写真がないから送れない」というのが本当の理由でしょう。

異様に可愛い子の比率が高ければ、どこか別ルートから写真を仕入れている可能性が高いです。
自負しているはずです。

登録後1日でどれぐらいの連絡が来るか?

悪質な出会い系業者は基本的に女性ではなく、男性をターゲットとしています。男性に対するアプローチで、下記のような現象が起こったらサクラの可能性大です。

  • 女性から写真付きの連絡が数件届く
  • 登録1日以内で5件以上の女性から連絡がある
  • 何の接点もない女性が「いいね!」などアピールしてくるような対応をしてくる

上記のような反応がある場合は、サクラの可能性大です。特に自分が写真を公開しているわけでもないのに、必要以上に連絡が来るのは不自然です。

イケメン男性が写真を公開すれば、登録直後に5件ほどの連絡が来る可能性はゼロではありません。しかし写真非公開の男性は、1件さえ連絡がこないことがほとんどです。

欲望を感じるメッセージに注意する

出会いを求めている女性が多いとはいえ、基本的には男性からのアプローチを待っている人が大半です。そのため、必要以上にグイグイと連絡を送ってくる女性はサクラの可能性大です。

警戒心がなくて、男性を誘惑するようなメッセージは実在しない人と思った方が良いでしょう。具体的には下記のようなメッセージが、サクラとしてよく使われます。

  • 「今日暇なんだけど連絡取れる?」
  • 「最近彼氏と別れちゃった!」
  • 「出会いがなくて困ってます。寂しい……」
  • 「最近何だか欲求不満で……」

上記のように異性とのコミュニケーションを求めている、ということを直球で表すようなメールは大概サクラです。本当に出会いを求めている人は、「どこに住んでいるんですか?」などと現実的な話をしてくる人がほとんどです。

いきなり性欲むき出しの連絡をしてくることはまずないので、そこは我に帰って冷静に判断しましょう。現実社会でこんな見ず知らずのたくさんの人から、アプローチされることなんてまずないですからね。それはネットの世界でも同様です。欲望に溺れないで、客観視した冷静な判断も出来るようにしておきましょう。

定型文的なメッセージに注意する

本当に自分の情報を見て、メッセージを送ってきたかどうかは、「具体的な内容が含まれているかどうか」で判断します。

例えば、プロフィール欄に「ドライブが好きで、海によく行きます」と記載していて、「どこの海に行くことが多いんですか?」と聞いてくれば、これは間違いなく女性が実際に見てメールを送ってきているもの。

この段階ではまだサクラかどうかはわかりませんが、少なくとも、自動でメッセージを送りつけてくるような悪質なサイトではないということがわかります。

悪質なサイトはできるだけサクラの人件費を削減し、時間を短縮して罠に落とし込もう、という魂胆がありますから、誰にでも通用しそうな定型文を送ってくることが多いです。

  • 「プロフィールを読んで、なんだか誠実そうな感じがして好感を持ちました」
  • 「プロフィールを読んで、私と合いそうな気がしたので、メッセージを送らせていただきました」
  • 「私も今出会いを探しているので、楽しくおしゃべりできればいいなと思っています」

こういった内容だと、別に自分でなくても送れるような内容ばかりです。果たして本当に自分のプロフィールを読んだのかどうかも怪しいところ。もし本当に読んでいるかどうか怪しい場合は、「具体的にどんなところが私と合うと思ったんですか?」などと質問してみましょう。

具体的な質問に返答がない場合は、サクラと判断してOKです。

以上、登録初日でサクラを見分ける方法についてご紹介しました。特に登録初日は出会い系で異性と出会いたいという願望が強くなっていますから、そういう人に対してのサクラの動きも活発です。
登録したからといって、すぐに良い人に出会えることはないと、第三者目線で客観的に利用することが大切です。

美人局(つつもたせ)

出会い系を楽しむ人にとって危険な存在は悪徳業者やキャッシュバッカー……ではなく美人局(つつもたせ)なのです。

そこで、出会い系サイトに潜む美人局やその対処法についてご紹介していきます。

出会い系に潜む美人局とは?

美人局とは、性的関係を理由に夫婦が共謀して金銭を要求する恐喝や詐欺行為のこと。

美人局は古くから日本に存在し、海外でも同じような行為を生業としている人は多いです。

出会い系サイトでも悪徳業者のサクラ、キャッシュバッカーなどと同じく悪質ユーザーとして認知されており、特に逆援助を楽しみたい男性にとっては天敵。

強請や密告で人生を壊されかねないので、出会い系サイトで逆援助を安全に楽しむためには美人局について知り、しっかりとした対処法を心得ておくべきなのです。

すぐに会いたがる美人には要注意!

美人局を成立させるためには、出会い系男性とベットインまで持ち込む必要があります。

そのため、やり取りでは「会いたい」「デートしてみたい」など大胆なアプローチをし、容姿も画像加工なしでキレイや可愛い人が多いのが特徴です。

また、他の男性と共謀しているため、会う場所や日時を指定してくるというのも手口。

やり取りの段階で美人局と断定することは難しいですが、そういった女性と出会い系サイトで知り合った場合は怪しいと思って警戒すべき。

『美人がすぐに会ってくれる』という点では悪徳業者のサクラと共通するので、悪質ユーザーに騙されないためにも出会い系での“うますぎる話”には注意しましょう。

食事場所にも以外な落とし穴が……?

美人局は夫と共謀して金銭を要求する行為ですが、仲間は旦那や異性だけとは限りません。

過去には出会い系で知り合った男性とデートを楽しみ、酔っ払ったタイミングを見計らって仲間が経営している飲食店に誘導するというケースがありました。

その店のメニューには法外な値段がついており、支払いを経由して男性から金銭を騙し取るといったパターンもあるため、美人局はお店と共謀している可能性も…。

警戒している男性の心を解し、自分のフィールドに誘導するのも美人局によくある手口。

美人局との修羅場は、自宅やラブホテル以外にも唐突に訪れる可能性があるので注意です。

女性に個人情報を教えない!

出会い系で知り合った女性には、名前や住所、勤め先、家族構成などの個人情報は一切教えず、ウソやぼやかした内容の情報を与えておきましょう。

個人情報を交換することは親密度を高める効果がありますが、あくまで一時的なもの。

女性側に弱みを握られトラブルの際に面倒になるだけです。

また、出会い系女性の情報だってウソかもしれませんし、真相を確かめる方法はありません。

個人情報の入手を目的とした悪徳業者、情報を餌に強請する美人局など、こういった悪質ユーザーはどの出会い系サイトにも少なからず存在している現状。

自分の身を守るためにも、個人情報の取り扱いには細心の注意を払いましょう。

相手のペースに流されないようにする!

美人局はやり取りで強引に約束を取り付け、デート場所や日時を決める特徴があります。

その方が仲間との連携もとりやすく、男性を騙しやすくなるためです。

なので、美人局に引っかからないためには“やりにくい男性”を演出するのが効果的で、こちらからデート場所や日時を提案することで騙しにくい男性をアピールしましょう。

そうすれば「この男性は騙すのに時間がかかる」と判断し、美人局は自然と離れていきます。

デートまで発展した場合は自分でコースを用意し、美人局の思い通りにさせないのが大切。

出会い系で騙されないためには相手に主導権を握らせず、多少強引にでもこちらのペースに合わせさせるくらいが丁度良いのです。

万が一のために防犯グッズは携帯しておく

出会い系で美人局に引っかかり、屈強な男たちに囲まれることだってあるかもしれません。

そのため、万が一に備えて女性と会うときに防犯グッズを携帯するのも対策法の1つです。

緊急通報装置や催涙スプレー、防犯ブザーなど、本来は子供や女性が身を守るために使うグッズですが、美人局との修羅場から逃れるのには最適のアイテム。

また、強引な恐喝行為をするケースも考えられるので、財布の中に多額の現金を入れておかない、身分書になるものを持ち歩かないというのも身を守るためには大切。

備えあれば憂いなし、出会い系で知り合った女性と会うときでもそれは同じなのです。

美人局(つつもたせ)は逆援助においてもっとも危険な存在まとめ

もし、美人局とトラブルになってしまった場合は、素直に警察や専門機関に相談しましょう。

美人局は恐喝罪や詐欺罪の対象になるので対応してくれますし、強請に怯えて生活するよりも妻に怒られる方がよっぽどましです。

残念ながら出会い系サイトには素敵な女性だけでなく、美人局や悪徳業者のサクラなどの悪質ユーザーが後を絶たちません……。

ですが、手口や特徴を知り対策を講じれば騙されるリスクはグッと下がり、素敵でスリルに満ちた逆援助ライフを楽しめることは間違いないのです。

自分の身は自分で守るためにも、悪質ユーザーに対する知識は深めておきましょう。

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

現在、大手出会い系サイトでは、逆援助交際関連のメッセージは禁止されています。逆援助交際をするなら逆援助専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

こちらではわたしがオススメする逆援助出会い系サイトをランキング形式でまとめました。ぜひごらんください。

10 逆援助交際の危険
出会い系の逆援助交際(ママ活)という副業