人妻だけがもつ5つの魅力【一度味わったらやめられない!】

逆援助交際を楽しむのなら、何と言っても人妻が最高です。

他人の奥さんを好き勝手に抱いてセックスしている、と思うだけでもゾクゾクしてきて興奮します。

では、具体的に人妻のなにが良いのか?

セックスするだけなら人妻じゃなくてもいいじゃん。独身女性でもいいし、若い女の子でもいいじゃんと思う人もいるかもしれません。

悲しいかな、そういう発想に至る方というのは何もわかっていません。もっとも、人妻セックスの良さというのは実際にやってみないとわからないものですから仕方ないんですけどね。

そこで、人妻だけがもつ5つの魅力をまとめてみました。

人妻は人との触れ合いに飢えている

人妻は、旦那とセックスレスという女性が多いようです。旦那にあまりかまってもらえない、誘っても抱いてくれない、と不満を募らせています。夜の営みがないだけではなく、そもそも女として扱われていないというケースがほとんどですからね。それどころか人間として扱われていない悲惨なケースすらあります。

家にいて悠々自適の生活。たまに外にでるときだって、することといえば買い物ばかり。ほかには、子供つながりのママ友とのお茶くらいなもの。

そこに出会いはおろか、男性との接点すらありません。そんな無味乾燥した日々をこなしていて、誰から褒められるわけでもないんです。たまに奮発して手のこんだ料理をつくってみても、リアクションは特になし。お金持ちの旦那にテレビやスマホを片手に無言で食事をされ、おいしかったよやごちそうさま、のねぎらいの言葉すらない。そんな冷えきった家庭にいる人妻は、男性どうこうというよりも、まず人間と人間の接点を求めてしまいがちです。

ですから、その分、セックスにもすごく飢えています。たしかに、若い女の子の方が肌はピチピチしているし、自分の好みにセックスを教え込む、という楽しみがあります。しかし、若い女の子はどの出会い系サイトでも人気でなかなか落とせません。それに若い女の子であれば学校であったりバイト先であったり、なにもせずとも男性との接点や知りあうきっかけがあるのですから、わざわざ出会い系に出会いを求めるような若い女の子はなにかしらの欠点……ブスだったりデブだったりを抱えていることが多いですからね。

その点、人妻は、女性のほうが会員数が多いくらいのところが多いです。それに、若い頃はあんなにモテていたのに今の生活から抜けだしてあの頃の気持をもう一度味わいたい……という、過去にモテていればモテていたほど出会い系を利用する人が多いので、その分女性のレベルも総じて高くなっている印象です。男からしたら選り取りみどりで自分好みの好きな人妻を狙い撃ちで落とせることが多いです。

人妻はテクニックが素晴らしい

人妻のテクニックは抜群だというこをご存知でしょうか?

マグロで我がままな若い女の子より、人妻とのセックスの方が絶対に楽しいです。若い女の子なら嫌がるようなフェラはもちろん、イラマチオだって平気でしてくれます。コレが欲しかったの、と言わんばかりにあなたのナニを根元まで加え込んで離しません。

女性の30代、40代は、まさにアブラののった女ざかりの時期ですからね。年代でいえばそのくらいが女性にとって一番性欲が高まる時期なんだそうです。逆にその頃の男性というものは性欲というものは落ち始めて行く時期ですからね。もし旦那の性欲が落ちているのであれば、セックス相手を求めるなら外に探すしかありませんからね。

そんな時期にこれまで経験してきたセックスにおけるテクニックを存分に発揮してくれるのですから、男にとってコレほど嬉しい話もないってものです。

たとえばフェラでイカせてくれたあとはお掃除フェラなんかもお願いせずともしてくれますからね。最後の一滴までゴックンしてくれますよ。騎乗位中に乳首をなめまわしてくれたりなど、わざわざイチから教えなくてもすぐにあなたの喜ぶポイントを責めてくるはずです。

人妻は淫乱セックスに没頭してくれる

セックスに飢えている人妻は間違いなく淫乱です。

男性ならアブノーマルな願望があるものです。あなたがアナルセックスに興味があれば、提案してみるのもいいでしょう。もちろん、二つ返事で「やろうやろう!」なんて言ってきたりはしませんよ。「えっ、そんなの恥ずかしい」「ちょっとこわい」なんてふうに言葉では言ってくるでしょうが、その実内面では「すごくしてみたい……刺激を味わえそう!」なんて喜びながらしっぽを振っていたりするものです。オモチャなんか使うと大喜びするハズです。太いバイブをねじ込むのも、ノーパンで街を歩かせるのも思いのまま。

あなたのどんなムリで変態な命令も、人妻ならいろんなことを聞いてくれるはずです。あなたのためにアンダーヘアーを剃ってくれたりもするかもしれません。なにせ、人から求められるということがほとんどない生活ですからね。なにかを頼まれたり、君にしかできないんだ、なんてことを言われたらコロっと落ちてしまうものなんですね。

旦那が見たこともないような淫乱な姿を、あなたにはさらします。そのシチュエーションはたまらないですよ。背徳感と征服欲。この2つを同時に満たせるのは人妻との不倫淫乱セックス以外にはありえません。

ここでひとつ歴史のお勉強を。その昔、チンギス・ハーンというモンゴル帝国を築いた皇帝がいました。最盛期のモンゴル帝国というものはすさまじい支配地域をもっており、実に世界人口の半分以上を征服したとさえ言われています。これほどの人数を支配した人間は後にも先にもこのチンギス・ハーンだけです。

そんなチンギス・ハーンが何よりも楽しみにしていたことは、戦争に勝利したあとの略奪・レイプでした。むしろ、それを楽しみたいがためにどんどんと戦地を広げ征服していったといっても過言ではないかもしれません。中でもその部族や集落の長の娘を目の前で犯すことが大好きだったそうです。

ちなみにこれはチンギス・ハーンにかぎらず、その部隊の将軍や権力者などに戦利品として女性があてがわれていたそうで、当時のモンゴル帝国の版図を調べると、そこに暮らす男性の殆どにモンゴル帝国をルーツとする染色体が見つかるとか。それだけ国ぐるみで世界中の集落や部族を蹂躙して回っていたんですね。

さすがに同じことを今することはできませんが、その疑似体験として最も近いのが人妻とのセックスでしょう。それだけ人の女を寝とるのは古代から愛されてきた趣味のひとつでもあるのです。

人妻は尋常じゃなくあえいでくれる

どうせなら長い時間、セックスを楽しみたいですよね。人妻の欲望は果てるということを知りません。あなたが責めれば責めた分、何度もイッて喜びます。

しかも、旦那とのセックスレスの期間が長いぶん、あなたの愛撫やセックスに異常なほど感じてくれます。未開発の若い女の子より開発された人妻が狂う姿も面白いものです。なんどもイカセればその分、あなたの虜になっていきます。あなたの奴隷やオモチャになっていきますよ。

それだけ身体がセックスに飢えているんでしょうね。まるで砂漠にホースで水を撒くかのごとく、どんどんと吸い込んでく上に満たされることはありません。常に乾きを感じていますし、セックスに満足するということはまずありえないでしょう。

むしろセックスをすればするほど、セックスに依存していくようになります。もちろん、相手を満足させるセックスを提供することは必要になってきますけどね。ただ、出会い系で人妻を狙って続けていれば嫌でもセックスをする機会は何度も何度もありますので、そこで経験を積んで練習をすることでテクニックが身についてきますし、自信も身についてきます。

人妻はとても簡単にセックスさせてくれるので、練習台としてもとてもいいですからね。なにより無料でヤラせてくれますし。わたしも出会い系を始めてから15人くらいまでは数えていたのですが、今はもうわからなくなってしまいました。さすがに100人はいってないと思いますが……それでも5~60人はいっていることでしょう。こんなことなら、最初から数えておいて記念すべき100人切りの達成感を味わうのもよかったかもしれませんね。今から始めるひとは、ぜひメモして数えていってみてください(笑)

秘密はぜったい守ってくれる

旦那とはセックスの面で不満を持っていても、それを理由に離婚できないのがセレブ人妻です。セレブ人妻は、今の悠々自適な生活をぜったいに手放したくありません。

その分、秘密厳守にはうるさいですが、それさえ守れば、あとくされのない関係で楽しめます。あなたに結婚を迫ることもありません。年下の男性だけでなく、既婚の男性を求めている人妻も多いです。人妻とスリリングな時を過ごすのもなかなか良いものです。

いうなれば都合のいいセフレを確保できると言った感じですね。セフレを持つにあたって一番面倒なことは、デートを要求されたり、彼女や結婚相手として見てほしい、なんてことを言い出されることですからね。

相手が人妻であればそういった心配はありません。彼女たちは今の生活を壊すような真似はしたくないのですから。彼女たちだってズルいんです。それを利用するわたしもズルいですし、彼女たちだってわたしのことを利用していると思っている部分もあるでしょう。なのでお互い様なわけですね。変に気をつかう必要はありません。

こっちからもわたし生活に関する話題はなるべくしないようにしましょう。旦那の愚痴を聞くくらいならまあ必要経費として我慢をしますが、子供の相談なんかされた日にはたまったもんじゃないですからね。そういうリアルな生活感のある話題は知りたくないですから(笑)余計なことは話さないし、聞かない。これが人妻セフレとの逆援助を長続きさせるためのコツといえるでしょう。

出会い系以外で逆援助交際をする方法

私は、逆援助交際相手を見つけるなら、いつでも出会い系サイトをオススメしています。

自分も秘密厳守できるし、セレブ人妻だって、絶対に秘密にできなきゃ逆援助交際をしたくないという人が多いですからね。

ただどうしても、出会い系サイトを使いたくない。めんどくさいという方もいます。

というわけで本日は、出会い系以外で逆援助交際をする方法をまとめてみました。

どうしても出会い系サイトを使いたくないと言う方はチャレンジしてみてください。

セレブ人妻をナンパ

まずはありきたりの手段としてはナンパでしょうか。

セレブ人妻が行くような場所に行って声をかけるんです。

  • デパートのブランドがたくさん入ったフロア
  • 高級食材が置いてある高級スーパー
  • 巨大書店
  • 映画館
  • 高級スポーツショップ
  • 銀座・青山などの高級店がならぶストリート

そういう場所に行って人妻をナンパしましょう。

しかし、ただナンパしただけでは、ほとんどの場合うまくいきません。セレブ人妻は、非常に警戒心が強く、ナンパに引っかかったりなどしないからです。はっきりって、ピチピチのかわいいギャルの方がよっぽどナンパできる確率は高いです。

だからセレブ人妻をナンパするテクニックを活用しましょう。

それは名刺を用意することです。そして名刺ナンパするんです。きちんとした肩書きの名刺を用意して「すみませんこれを受け取ってください」と言えば多くのセレブ人とは受け取ってくれます。

本当のことを書かなくてもかまいません。というか本当のことなんて書かないでください。

それをセレブ人妻に配るのです。

名刺は ASKUL の運営しているパプリなどを使えば、100枚950円くらいで作れます。デザインもテンプレートから選ぶだけ。

名刺作成・印刷|即日出荷!デザインも簡単|パプリ by ASKUL

こんなふうに必要事項を記入すればすぐに送ってきてくれます。

直アドや LINE の ID を印刷しておくのをわすれないようにしてください。

あなたが、清潔感のあるまともな格好していれば、100枚ほど配れば1人くらいはメールをもらえるはずです。

「すみません。お名刺をいただいたんですけど」なんていうメールが送られてくるんです。

「すみません。どうしても気になったので」というふうに返信しましょう。

「迷惑だとは思ったのですが、あそこで名刺を渡さなければもう二度と会えないと思ったもので、勇気を出してお渡ししました」と、いうふうに会話をつなげていきます。

その時に絶対に「たくさん配っている」というようなことを言わないようにしてください。「普段は絶対にこんなことをしない」ということを強調しておいてください。

はっきり言って、メールが来るようなら、かなり高い確率で会うところまでもっていくことができます。

いきなりもらった名刺に、返事を書いてくる人妻なんて、普段の生活によほど刺激がなくて、欲求不満なんです。

しかもこの方法の利点は、人妻の見た目をきっちり把握して、自分がセックスできる相手だけに名刺を渡すことができるということです。いくら逆援助交際とはいっても、「これはいくらなんでもセックスは無理だろう……」と言うような人妻とセックスをするのは苦痛でしかたありません。「最低限この女ならセックスができるだろう」という相手に的を絞って名刺を渡すことができるのです。

女性専用風俗

女性専用風俗に勤めると言う手もあります。

実は女性専用風俗は、それなりに流行っているのです。お金をもてあましてる人妻たちが多いということなんでしょうね。

性感マッサージや出張ホストと言う名前でたくさんの女性専用風俗が存在しています。風営法の届け出をしている女性専用風俗は50店舗ほどしかありませんが、届け出をしていないもぐりの風俗を含めれば、何百もの女性専用風俗店が存在するでしょう。

もちろんイケメンばっかりの女性専用風俗店もありますが、「女性に癒しを与える」ということを売りにしているようなお店は、さほどイケメンではない男性従業員も在籍しているところが結構多いようです。

風俗を使う女性に特徴的なのは、みんなが性的刺激だけを求めていくのではないと言うことです。中にはセックスなしで、マッサージと添い寝だけをしてもらえばいいなんていう女性もたくさんお客さんとしてやってくるのです。

また、パウダーやオイルを使った性的マッサージだけをして、それ以上の行為はいっさいなしなんていう場合も多いようです。

女性専用だからといって、料金体系が男性用と大きく違うと言う事はありません。1回の出張サービスで1時間1~2万円くらいのお店が多いですね。

そして、女性専用の風俗を使う人は、40代の人妻が最も多いのです。もちろんこの女性たちは、お金に困ってないでしょうから、逆援助交際のターゲットとしては、最高ですね。

さて、逆援助交際を狙っているみなさまは、こういう女性向け風俗店に在籍してみてはいかがでしょう。在籍とはいっても、堅苦しいものではありません。女性専用風俗店に登録しておいて、注文が入ったらその家やホテルに向かうという働き方でいいのです。

もしもそれで逆援助可能なセレブ人妻を見つけることに成功したら、その時には退職してしまってもいいかもしれません。いずれにせよ、セレブ人妻と同じベットで、様々な交渉ができるというのは非常に有利です。

当たり前ですが、従業員が客を口説いて個人営業すると言うのは完全に禁じられた行為ですので、リスクを負うことを承知の上でチャレンジしてみてください。

女性専用風俗を探すときは、KAIKAN や @小悪魔 を使ってみてください。女性用風俗に興味がない方も見てみるとおもしろいですよ。こういう世界があったんだーなんて勉強になります。

AV男優専門の出張ホスト「BLACK SWAN 」なんてのもありますよ。

Twitter などの SNS

Twitter などの SNS を利用してセレブ人妻と知り合い逆援助交際まで持っていくということを考えたことがある人もいるかもしれません。

しかしこれははっきりとオススメできないといえます。

Twitter にいる出会いを求めている女性の多くは、詐欺業者のアカウントなのです。

まず、他の出会い系業者に誘導しようとしている業者がいます。

また、援助交際デリヘル、いわゆる援デリとよばれている業者がいます。

そしてもっとも悪質なのは電子マネー詐欺集団です。「最初だけお金を払ってください」と言ってコンビニなどで、電子マネーを購入させて、そのコードを入力した途端にばっくれるという捨てアカウントが、Twitter の世界では、大量に存在するんです。

逆援助だからといって安心してはいけません。「来週になったら大金をお渡しできるのですが、今回だけ援助でおねがいします」なんて平気で言ってくる詐欺師がいます。

はっきりって、まともな女性が Twitter などのSNSで出会いを探すことはありえません。SNS は、共通の知人もいる場所です。そういう場所で、セレブ人妻が、知り合った男性と会って、セックスをして、逆援助交際関係に発展するなどというのは天文学的確率です。

SNSでセレブ人妻と会うのはあきらめたほうが良さそうです。

習い事やサークル

習い事やサークルを利用して、セレブ人妻と出会うという方法もありますね。

  • 料理教室
  • 社交ダンス
  • 英会話講座
  • ものづくり教室
  • スポーツサークル
  • ヨガ教室

などのいかにもセレブ人妻が通そうな、習い事やサークルを探し、そこに侵入して、仲良くなると言う方法です。実はこれは手間なようでいて、とっても簡単なんです。同じコミュニティに入ると、人妻は一気に警戒心を解きます。

しかも欲求不満の人妻だったら、かなり簡単にセックスまで持ちこむことができるでしょう。

しかしひとつ大きな問題があります。

ひとつの習い事やサークルで、2人3人と人妻に手を出していくと、すぐに噂になってしまって活動ができなくなるということです。ひどい場合には、せっかく会費を払ったのに、途中退会させられてしまう可能性もあります。ひとつのコミュニティーで、1人の人妻しか狙うことができないんだとしたら、お金の面からも時間の面からもコスパが悪すぎます。

もしも、この方法を使って逆援助交際をしたいなら、ターゲットを徹底的に絞り込んで、絶対に失敗しないぞ! という意気ごみで、慎重にコトを進めていく必要があります。

実は私は一度だけこの方法を試したことがあるんですが、神経を使うし、面倒だし、お金もかかって大変すぎました。簡単にセレブ人妻と友達になれる反面、手当たり次第に試すということができないことに気づいて、結局出会い系サイトに戻ってきてしまいました。

少しくらい、打率が低くなったとしても、手当たり次第にバットを振れる出会い系サイトの方がよっぽど逆援助のチャンスが広がるものです。

人妻系風俗店で働く人妻

人妻系風俗店で働く人妻を攻略するという方法もありますね。

「でも、お金がないから風俗で働いてるんじゃないの?」

なんて思うかもしれません。

確かに働く前はお金がなかったかもしれませんが、人妻風俗で働けば例えば月収50万円をこえる人妻なんてたくさんいます。そして、そういう人妻は、ホストにハマったり男に貢いでいたりするものです。

ホストに使う金を自分に使ってくれれば、あるいは貢ぐ相手を自分に変えてもらえれば、すぐにでも逆援助交際がスタートします。実は風俗店は、逆援助交際を狙っている私たちにとって相手を作るのが簡単な場所なのです。

ただし問題もあります。人妻風俗店は、およそ15000円ていどの料金が必要になります。口説くまでに3回お店に通うとしたら、45000円が必要になります。

成功確率が1割だとしたら、45万円使わなければ、1人の逆援助交際相手を見つけることができません。45万円の元をとるのはめちゃくちゃ大変です。

月に5万円の援助をしてもらうとして、9カ月間かかるわけです。はっきりって逆援助人妻を、9ヶ月つなぎ止める能力と労力ってはんぱないです。

しかも、こういう人妻は、すぐにほかの男にのりかえてしまう危険があります。だって、自分だってその女を風俗で口説いたんだから他の客に口説かれる確率だって高いということなんです。

そういう人妻を9ヶ月もつなぎとめておくのは至難の業です。

さてこのように、出会い系サイト以外でもセレブ人妻と出会う方法は、いろいろありますが、結局コスパや手間や成功率などをトータルして考えると、やっぱり出会い系サイトがオススメと言えるでしょう。

関連記事 >>> 逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

独身女性ではなく、人妻と逆援助交際をするメリット

逆援助交際をしているのは人妻だけではありません。独身女性も逆援助交際をしています。

しかし、わたしは基本的に人妻を狙って逆援助交際をしています。なぜなら人妻との逆援助交際には、独身女性にはない数多くのメリットが存在するからです。

本日は、独身女性ではなく、人妻と逆援助交際をするメリットを1つずつ紹介していきましょう。

自分のお金ではないから

人妻は、旦那の給料で逆援助交際をしています。つまり自分のお金ではありません。

一方、独身女性は自分が一生懸命、汗水たらして働いたお金で逆援助交際をしています。

つまりお金に対する価値観が違うのです。独身女性との逆援助交際を繰り返していると、「私はせっかくこれだけ払ったのに」だとか「これだけ払ったんだからこれくらいしてもらわないと困る」というようなことを言い始めることがあります。

それはそうですよね。一生懸命働いて稼いだお金を払っているのに、きちんとサービスをしてくれないんだったら、損したと感じるのも仕方がない。

わたしもたまに、援助交際をして若い女を買ったりしていますが、その時にきちんと支払ったお金の分だけサービスをしてくれなければ、非常に腹立たしい気分になります。

これと同じことが独身女性との逆援助交際だと起こり得るのです。つまり独身女性の逆援助交際のほうがより良いサービスを提供しなければなりません。

一方、主婦との逆援助交際の場合はこういった事は起こりません。自分で稼いだ金じゃないので、自分のフトコロが痛まないのです。

また仕事の大変さも全く分かっていない専業主婦は、お金を払う立場でもあるにもかかわらず、「こんなことまでしてもらって申し訳ない」というような感情を持つことがあります。だから主婦の逆援助交際は非常にレベルが低いもので構わないんです。適当に優しくして適当にセックスしているだけでお金がもらえるのです。

社会の仕組みを知ってお金を稼ぐことの大変さを知っている独身女性だったら、こういうわけにはいきません。

生で中出しできる場合がある

主婦の中にはすでに子供を持っていて、避妊手術をしている女性が実は近年では珍しくありません。IUD(子宮内避妊用具)と言う器具を入れて避妊をしているのです。

IUD(子宮内避妊用具)とはIntrauterine deviceの略で、避妊の目的で子宮内に装着する小さな器具のことです。IUDは一度装着すれば、数年にわたり避妊が可能なので、出産経験があり、長期の避妊を望む女性に適しています。IUDには銅が付加されているもの、されていないものなどいくつか種類があります。銅が付加されている銅付加IUDは避妊効果が高いことで知られていることから、IUDのコンテンツでは銅付加IUD(IUD)を中心に学びましょう。

IUDによる避妊 | 避妊のススメ

このIUDが、近年ではとても流行っているので生中出ししまくれる人妻は年々増え続けているのです。IUDをつけると数年にわたり完全の避妊ができます。出産経験があって避妊を望んでいる多くの女性がIUDをつけているのです。

お互いに秘密厳守で楽しめる

独身女性よりも人妻の方が、秘密厳守を徹底しています。専業主婦は、もしも旦那にばれて離婚だとしたら、とても自分1人で生活していく経済力など持っていないからです。

だから主婦となら、例えばあなたが既婚男性であっても、安全に逆援助交際を続けることができるでしょう。また、主婦との出会いを希望するときには、出会い系サイト内で、あなたが既婚者であることを明言したほうがうまくいくかもしれません。そのほうがお互いに秘密厳守であることを前提に出会えるので、あなたのことを安全な人間であるとみなしてくれる可能性が高まるからです。場合によっては独身であっても「既婚者である」とウソをついたほうが出会いの確率が高まる場合がありますね。

またあなたが既婚者ではなかったとしても、相手が主婦であることが大きなメリットになります。相手が結婚をしていると言う事は、あなたには相手の秘密を握ったということになります。つまり交際のなかで優位に立てるのです。

別れるのが簡単

独身女性は別れるときに、「どうしても別れたくない」などと言い出すことがあります。「彼氏になって」とか「結婚して」なんて言い出す馬鹿な独身女もいます。

その点、主婦だったらそんな事は言い出しません。最初から遊びが前提であるからです。

どうしても別れたくないなどと言い出したらこれはもう簡単です。「旦那に言っちゃうよ」と言えばすぐに別れてくれます。このように切り札を持っていくことがとても大切だということの一例です。

長時間一緒になくていい

主婦の場合は、旦那が出勤した後や子供が学校に行った後などに会います。そして会えるのは彼らが帰ってくる時間の前まで、つまり午後5時ぐらいまでですね。それだけ一緒にいる時間が制限されます。普通の恋愛だったら時間が制限されるのは残念なことですが、逆援助交際の場合は短い時間でお金を稼げると言うことにつながります。

独身女性の場合はダラダラと長々と夜遅い時間まで一緒になければなりません。ときにはラブホテルに泊まらなければならないかもしれません。それでいて、たくさんのお金をもらえると言うわけでもありません。これではコスパが悪すぎます。

専業主婦との逆援助交際は非常にコスパが良い労働なのです。

他人の妻に手を出すと言うスリル

人によっては、これが1番のメリットかもしれません。他人の妻を抱いているという快感、これは素晴らしいものがあります。普通に街を歩いているママ・お母さん・主婦。彼女たちは他の男の妻なんです。そしてそういう普通の主婦たちを自分がベッドの上でガンガンに突き上げている瞬間というのは非常に興奮するものなのです。

他人の妻が自分のちんぽくわえているだとか、他人の妻が自分の肛門を舐めているなんていうシチュエーションは、普通の生活では絶対に起こり得ないはずです。そういう快感をいつもいつも感じながら、それでいてお金をもらえるのが主婦との逆援助交際なのです。これ以上に楽しい事はありません。

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

逆援助交際の出会い系を利用していて感じるのは、普通の人妻の割合が非常に多いことです。

昔は逆援助交際といえば一部の特権階級にしか許されていない遊びでした。

旦那の稼ぎがよかったり、あるいはキャリアウーマンとして事業を成功させたりと、一般市民とは違う、ランクの高い女性が利用していることがほとんどだったのです。

しかし、今では普通の人妻の割合がどんどん増えています。地味でおとなしい見た目の人が多く、それこそ近所のスーパーでよく見かけるようなごくごく普通の奥様たちです。

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

よく考えてみればそれもそのはずなのです。世の中には「普通の人妻」がほとんどなのです。これまで逆援助交際に縁がなかった一般層にも「女性が男性を買う文化」が広まったことで、最多層である「普通の人妻」がなだれ込んできただけの話です。

若いころに男性と遊んだ経験のない「普通の人妻」は、結婚してから夫が相手をしてくれなくなると欲求不満になり、「セックスレスなのは夫のせい」といった免罪符をかかげて夫の目を盗んで不倫しようとします。

なんのきっかけもなくても、年齢を重ねるごとに段々と「この先ずっと、夫としか関わりがない人生でいいんだろうか?」と思い始め、出会いを探し始めるものなのです。

しかし、専業主婦として生活していると外部との関わりもほとんど無く、いざ男性と飲みに行こうとしても友達はほとんど結婚しているし、独身の時のように知り合いに合コンを頼むことも出来ません。

それでも「恋愛をしたい気持ち」や「セックスレスによる欲求不満」は理屈や理性で抑えられるものではないんです。本能ですからね。

本能を抑えこむには強靭な精神力が求められますが……それを備えている人妻は、ごくわずかなのでしょう。結局は、本能に負けて自分が追い求めるものに走ってしまうのです。

でも、わたしはそれが悪いことだとはまったく思いません。むしろ素晴らしいことだと思います。せっかく人間として生まれてきたからには、人間らしい歓びを甘受したいと思うのが普通ですよね。

「一度きりの人生……、後悔はしたくない」と、そう思った前向きな人たちが出会い系サイトにはたくさんいるんです。

周囲の人に知られることなく全く知らない人と出会うことができる出会い系は、新しく恋愛したいと思っている主婦からすると最高のツールになっています。

「でも、わざわざ逆援助交際でお金を払わなくても普通の出会いをすればいいのでは?」と思ってしまいますよね。そこには悲しい理由があるのです……。

今回は皆さんに逆援助交際出会い系にいる「普通の人妻」との出会い方と、どのようなことを考えて期待しているのかをお伝えしていきます。

逆援助交際を求める人妻は、負け犬ばかり

もっとも、これまで「普通の人妻」という表現をつかってきましたが、逆援助交際を求めている時点でもう「普通の人妻」とはいえないかもしれませんね。

普通は一般的な出会い系で出会いを求めるものなのに、なぜ逆援助交際の出会い系に登録しているのか? それは、「一般的な出会い系サイトで出会えなかった」からに他ならないのです。

なにしろ、いまは出会い系に登録する女性が増えすぎました。一昔前の出会い系では男女比のバランスは明らかに男性が多いのが当たり前で、女性側は「出会いを選ぶ」立場の恩恵を享受してきました。

しかし、スマートフォンの普及とSNSの発達により、常に誰かとコミュニケーションをとっていないと不安になる女性が急増したのです。

これは女性に多く見られる症状だそうで、男性にはあまり理解が出来ない感情なのですが……自己承認欲求が強すぎる人は、それをネット上に求めてしまい、様々な奇行に走ってしまう人も多いのです。

Twitterでウソ話をでっち上げてリツイートを稼ごうとするくらいならまだかわいいものかもしれません。中にはネット上でちやほやされたいがために、1,000万の借金を背負ってしまった人もいるのです。

GENKING「1000万円借金」告白 “華麗な生活”すべてウソだった

5月28日(日)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)“わたしだましてましたSP”に、美容家でタレントのGENKINGが登場。“見栄を張ってローン地獄になっちゃった先生”として、しくじり授業を展開した。

2013年、高級ブランド品やセレブな暮らしぶりなど、華やかな写真をインスタグラムに投稿し続け、“謎の美男子”として話題となったGENKING。

だが、当時の月収は約20万円ほどで、華麗なインスタはすべて虚飾に満ちたものだったそう。超見栄っ張りな性格が災いし、かなり無理をした生活を過ごしていたという。

http://news.livedoor.com/article/detail/13126654/

誰しも人からちやほやされたら気持ちが良いものですが、エスカレートしてしまうとこのように歯止めが効かなくなってしまうのでしょう。

ふつうのSNSではちやほやされることのない「普通の人妻」は、よりちやほやしてくれる人の多い「出会い系」へと進出しました。出会い系の女性比率が急増した理由の一つですね。

しかし、こうして男女比のバランスが釣り合うことで、男側も過剰にヨイショする必要がなくなってしまいます。哀れにもちやほやされたい人が集まりすぎたために、誰もちやほやしてくれなくなったのです。これが、今の一般的な出会い系サイトの現状です。

では、一般的な出会い系サイトでちやほやされることのなかった「普通の人妻」はどうなるのか? そこで諦める人もいれば、諦めない人もいます。諦めなかった人が「逆援助交際の出会い系」に流れ着くのです。

「会えばお金を払ってくれる」という関係なら、無条件で男でちやほやされますからね。GENKINGさんが金で「いいね!」を買ったように、「普通の人妻」も金で「セックス!」を買っているのです。

なぜ人妻は不倫したくなるのか?

形こそ逆援助交際といういびつなものですが、既婚者なのに男とセックスする行為は「不倫」以外のなにものでもありません。ただ、お金のやり取りがあるかないかだけの違いです。

では、なぜ女性達が不倫したいと思うのか? その心理や動機を知ることで出会いを有利にすすめることが出来ます。

男性であれば不倫をしたい理由はとても簡単です。単にセックスがしたい性欲と、男として生まれたからにはいろんな女とセックスしたい征服欲。要はどちらもセックスがしたいだけなのです。

では、女性のほうはどうでしょうか。同じようにセックスを求めているだけ? それとも目的はなにかほかにあるの?

女性の場合は複雑で、さまざまな要因が絡み合っていることが多いです。先ほど解説した「自己承認欲求」以外にも、人間の本能的な欲求があるのです。

そんな不倫をしてしまう女性の心理を知ることで、実際に会った時もどんな不満を抱えているのか、どんな風にしたいのか理解しておけばスムーズに話を進められます。さらに、相手に好感を持ってもらえていいことづくめです。ぜひ知っておきましょう。

その1.セックスレスに悩んでいる

一番多いのは「セックスレスに悩んでいる」女性たちです。

結婚した当初は仲良しで幸せでも、男は時間が経つに連れてだんだんと慣れてしまい、絶対にマンネリ化してしまいます。

これはおそらくどこの家庭にも大なり小なりある悩みだと思います。こういった悩みが全くないという夫婦は、異常とさえいえるでしょう。

子供が生まれることによって、妻が恋人から母親へとうつりかわってしまう。仕事で疲れきってしまい、セックスをしたいモチベーションが少なくなる。こうして、いつの間にか何年もしていない……といったのが典型的なセックスレスの状況ですね。

ですが、女性は年齢が上がるにつれて性欲がどんどん強くなっていきます。

男性は18歳前後で性欲のピークを迎え、その後は加齢に応じて徐々に下降していく一方ですが、女性は20歳くらいから性欲が徐々に強くなり始め、30歳後半くらいでピークを迎えます。

このように性欲ピークを迎えるタイミングにズレがあることによって、セックスレスが引き起こされる原因にもなってるわけですね。

セックスレスといっても男性側と女性側のどちらが拒否をしているかはケース・バイ・ケースです。

一般的な傾向としては20代後半頃の夫婦に起こる若年性セックスレスについては女性側が拒否しているケースが多く、40代以降の熟年性セックスレスについては男性側が拒否をしている事が多いとのことです。

女性の性欲が一番強い時期にセックスできない状況だったら……それは外で不倫したくなってしまうのも無理はありません。

ですから、出会い系に登録する女性は30代後半あたりのアラフォー世代が実はとても多いんです。逆援助交際の出会い系ともなれば、その比率はなおさら多くなることでしょう。

こういう人妻に「女性をセックスの絶頂に導く方法」を使ってセックスをすればぜったいに継続できる逆援助相手になってくれます。

その2.かつて遊んでなかった焦り

若い時に真面目に生活してきた人に限って結婚してから昔遊んでいなかったことに対して後悔し、不倫という火遊びに走ってしまう人が多くいます。

こういった女性たちの多くは、以前は不倫や浮気を毛嫌いしていて「浮気をする人の心理なんて意味がわからない!」と、否定的な意見をもっていたことが多いのも特徴ですね。

しかし、いざ結婚生活を過ごし、年齢を重ねるごとに少しずつ「侵食」されていくのです。

昔遊んでいた友達やママ友などの話を聞いたり、あるいは不倫をテーマにしたドラマを見たりした時にふと感じるのです。

自分が昔も今も一切遊んでいなかったことに対して後悔の念と、これからも「いい子を続けるのは損ではないか」という気持ちを。

そんな考えに陥ってしまったときの人妻・熟女の行動はものすごく積極的ですよ。昔の青春を取り戻すかのように不倫を情熱的に求めすぎて、どっぷりと不倫相手にハマってしまうことも。

一般的な出会い系で不倫を存分に楽しんで、普通の出会いでは満足できなくなってしまった人が逆援助交際をし始めるパターンも多いですね。

幸いにも逆援助交際はお金が絡む関係なので、ドライなものになりがちです。

ごく普通の不倫であれば恋愛感情が芽生えてどちらかが本気になってしまい、泥沼の関係になってしまう……なんてリスクもありえますが、逆援助交際においてはその心配がほぼないのはメリットですね。

その3.日常生活にときめきがなさすぎる

セックスレスなだけならまだしも、日常生活においてなにも刺激がない専業主婦のような存在は、むしろ不倫をしないほうが難しいくらいの立場に置かれることになります。

男性であれば毎日、職場で仕事ができますし同僚や部下といった「仲間」との交流がありますが、人妻となるとそうはいきません。

せいぜいママ友などの同性同士のつながりくらいしかないのです。専業主婦ではなくパート先で仕事をしていたとしても、パートのおばさんといった感じで、女としての扱いを受けることはそうありません。

そんな無味乾燥とした日常を毎日過ごしていくのは……酷なものですよ。それこそ、まるで刑務所にいるような気分になってしまう人妻も居ることでしょう。

現実の退屈さに打ちひしがれて、駆け込み寺となっているのが出会い系なのです。

しかし、その駆け込み寺も無限の広さがあるわけではありません。駆け込み寺から追い出されてしまったなんとも不憫な人妻たちが逆援助交際に手を出しているのです。

収入としての旨味は少ないが、普通の出会いとして楽しむならおいしい

これらの「普通の人妻」は、とにかく刺激がほしいのです。自己承認欲求にしろ、不倫関係への憧れにしろ「自分にかまってほしい」という心理が共通しています。

簡単に会えることはメリットなのですが、収入的には多くを見込めないのがデメリットですね。

1回の出会いで5,000円程度だとしても珍しくありません。もちろん、セックスも込みでですよ。1回の出会いで数万、月ごとの契約で十数万もらえることもある逆援助交際からすれば、端金もいいところです。

しかし、ルックスもスタイルも並な人妻とセックスできてお金ももらえるなら、それはそれでおいしいんですよね。当たり前なんですけど(笑)

逆援助交際にどっぷりつかっていると女性やお金に対する価値観がおかしくなってしまうのですが、普通に考えればまずありえないことです。

しかし、現実にありえてしまっているのですから、これを利用しない手はありません。

ブスやデブと嫌々なセックスをして3万円もらうより、人並みの人妻と楽しいセックスをして5,000円もらったほうが、わたしは満足度が高いですね。

それに「普通だった人妻」は、そのままエスカレートしてしまうことが多いです。むしろ、逆援助交際に手を出している時点でエスカレートしている真っ最中とも言えます。

最初は5,000円という金額からスタートしても、その金額はどんどん上がっていく可能性を秘めているのです。

うまく育て上げることができれば、人並みの人妻と楽しいセックスをして3万円もらえることになるかもしれない……。そう考えたら、とてつもなくおいしい話だと思いませんか?

追記 : 普通の人妻が求めているもの

上記記事を後悔したところ、嬉しいことにけっこうな反響がありまして、メールでの問い合わせもいくつかいただきました。その多くはこのような内容でした。

「普通の人妻っぽい人を見つけてアプローチをしてみたが、全然うまくいかない。セレブな奥様との交際経験はすでに何度かあるのに、どうしてうまくいかないの?」

とのことです。たしかに、そう思うのも無理はないかもしれませんが、間違っているポイントが2つあります。

それは「普通の人妻はセレブな奥様と同じアプローチ方法ではうまくいかないこと」と「普通の人妻が求めているものを誤解していること」です。

ごく普通の人妻が求めているものとは

まず、狙っている獲物によってアプローチ方法を変えるのは当然のことです。エサを使い分けるようなものですね。

ごく普通の人妻がなにを求めているのか? それをきちんと把握することができれば、どんなエサを使えばいいかも自ずとわかってくるものです。

人妻が出会い系に登録する時は、不安と期待で満ちあふれているもの。しかし、わざわざ逆援助交際の出会い系サイトに登録する普通の人妻は「負け組」のメンタルであることは、先述した記事の中で紹介しました。そのため、期待よりも不安のほうが上回っていることが多いです。

ただでさえ人妻は旦那に不倫がバレてしまうことを恐れています。「出会い系でデートやセックスを楽しんで女としての自分を取り戻したい……でも、もしバレてしまったらと思うと、怖くてその一歩を踏み出せない」なんて思っている人妻はゴマンといることでしょう。

とりあえず自分の欲望のままに逆援助交際出会い系に登録したはいいけど、やっぱり実際に会うとなると躊躇してしまう。特に、普通の出会い系でうまくいかなかったから逆援助交際に手を出しただけあって「本当に会えるのか?」という不安はひとしおでしょう。

そんな人妻たちの背中を押してあげるのが「安心感」なわけです。逆援助交際慣れしていてグイグイ引っ張ってくれそうな人よりも、自分と同じような初心者の立場で寄り添ってくれる人のほうが、彼女たちにとっては安心するのです。

では、普通の人妻を安心させるためにはどうすればよいのでしょうか。

セレブな奥様との交際に慣れていると、自分まで物事の考え方や人との接し方が浮き世離れしてしまいがちです。ごく普通の人妻を落とすには、ごく普通の一般常識で接するのが一番なのです。

一般常識を感じさせる言葉遣い

まず、出会い系にとってメールはほぼ唯一のコミュニケーション手段です。

相手がどういう人なのかを想像し、感じ取るには文字という媒体からしか受け取ることが出来ませんから、言葉づかいから与える印象はとても大事です。

出会い系に不慣れな人妻であれば「出会い系ならではの常識」は持ちあわせておらず「一般的な常識」と照らしあわせて相手を評価することになりますからね。

逆援助交際であれば、最初は必要最低限のプロフィール交換だけをしてあとは実際に会ってみてから話をしましょう、という流れが基本です。しかし、それを知らないごく普通の人妻であれば、まず一度会う事自体がとても大きな冒険になるのです。

ですから、「この人となら会ってみても大丈夫そう……」と思わせることが大事であり、そのためには一般常識を感じさせる言葉づかいが必要になってきます。

といっても、普通でいいんです。まっとうな敬語を使えてさえいればそれで十分なんです。なぜかといえば、そのまっとうな敬語を使える男性とても少ないためです(笑)

一度、女性会員として登録してみるとよくわかるのですが、ビックリするほど乱雑で頭の悪そうなメールばかりが届くんですよ。

自己紹介もなにもなしに「いつ会える?」だけの本文だったり「セックスしたかったら返事してください」というような、逆援助交際とは思えない驚くほど上の立場からの言葉だったり。

逆援助交際出会い系の男女比は、当たり前ですが男性の方が多いです。でも、まともな男性っていうのはすごく少ないんです。多くの男性は「女とセックスして金がもらえる!」というおいしいところだけを見て釣られてきた愚か者なのです。

上記のような「出会いの対象として論外」な男性会員を除くと、案外良いバランスになっているような気がしますね。

なにも気の利いたセリフやジョークなんてものは必要ありません。ただ、言葉遣いを丁寧にすればいいんです。それだけで、相手に与える印象は大きく変わってきます。

質問にはきちんと答える

ごく普通の人妻は逆援助交際の常識どころか、出会い系の常識すら右も左も分からない初心者なのですから、気になることや知りたいことがたくさんあるのです。どんなにくだらない質問だったとしても、きちんと答えてあげましょう。

相手にとっては返ってきた答えの内容も大事ですが「質問に答えてくれた」という安心感がよっぽど嬉しいのです。

当然、質問は個人的なものが多くなってくることでしょう。なにしろこれから会うことになるかもしれない人がどんな人なのか? 当たり前ながら気になるものですからね。

ただただ質問に答えるだけでなく、こちらから質問をすることも大事です。なにも質問をしてこないとなると「自分に興味がないのだろうか?」「会えればだれでもいいってことなの?」というネガティブな印象を与えてしまいかねないからです。

会話はよくキャッチボールに例えられます。ボールを投げる時は、相手のグローブがどの当たりにあるか、どれくらいの強さで投げればちょうどいいのかを考えて投げますよね。

メールだって同じことです。返事を出す前には落ち着いてメールの本文を見直してみることをオススメします。

誤字脱字はないか? 質問を無視していないか? 乱暴な言葉づかいをしていないか? ちょっとしたミスが相手にとっては大きな不安につながるかもしれないのです。初心者を相手にする場合は、丁寧すぎるくらいでちょうどいいといえますね。

もちろん誰にだってミスはあります。こちらが質問をしても相手が答えてくれない場合もあるでしょう。単に見落としているか、もしくは答えたくない質問だったからあえてスルーしているか。

会う日取りの話だったりといった重要なことであれば再度聞き返す必要がありますが、些細な事でしたらこちらも気にせずそのまま流すことのほうが良い場合があります。

意図的にスルーをしていたのであれば、相手にとっては二度聞かれたら答えなくてはならないというプレッシャーになってしまいますからね。生まれたばかりのヒナ鳥を見守るような、寛大な気持ちを心がけましょう。

強引にいきすぎないこと

出会い系はなにかと強引にいくことで結果的にうまくいくことが多いです。

しかし、初心者は強引にこられると思いっきり引いてしまうケースもあります。特に、相手がまだガードを構えているのに無理矢理に崩そうとするとほぼ確実に相手から返事は来なくなってしまいますね。

出会い系初心者に対していきなり「会おうよメール」は厳禁とも言えます。まだ出会い系での成功体験がない人妻たちには、心の準備が必要なのです。

ビジネスライクで効率化された逆援助交際に慣れているとまどろっこしく感じるかもしれませんが、わたしは逆にこのアナログな感じが好きですよ。

人妻のプロフィールをきちんと読んで、相手が聞かれたがっていることを見つけてあげることが大事です。

たとえば「最近はガーデニングがマイブームです」と、書いてあれば必ず拾ってあげましょう。ちゃんとプロフィールを読んでくれた&わたしに興味をもってくれたという印象を与えることが出来ますからね。

そして、ちょくちょくメールの中に「あなたは特別な存在」であることを匂わせる言葉を織り交ぜてみましょう。

「こんなことあまり話さないんだけど……なんだか◯◯さんってすごく話しやすいからついつい話しちゃった」

「◯◯さんとお話するのがいまや一番楽しみな時間になってるよ」

「こんなに気が合うのって初めてかも! すごく相性いいのかな? って勝手に思ってます」

ああ、普通の出会い系ってこんな感じだったなぁ……と、思わずしみじみしてしまうような、昔懐かしいメールのやり取りを楽しむことが出来ます。

「わたしだけを見てくれている」と錯覚させて喜ばせることが大事ですね。北風と太陽の話にもありますが、無理にガードを崩そうとしてもいいことはありません。それよりも相手のことを褒めて自然と態度を緩ませるほうがよっぽど上手くいくことが多いです。

まずは食事から誘ってみる

逆援助交際の出会いであれば、初めての出会いはホテルにいくことが大半なのですが、ごく普通の人妻に対してはまず食事に誘いましょう。相手が最初からセックスを希望しているとき以外は、まずは段階を踏んであげるほうが安心してもらえます。

単に「喫茶店などで、まずはお話でもしませんか?」という誘い方ですと「話すこと」がメインの目的になってしまいます。

「なにを話せばいいんだろう?」「もし想像と違った人が来てもなにかを話さないと……やだなぁ」といった感じに、余計な不安を覚えさせてしまうことも。

しかし、「どこどこのお店のなになにが美味しいらしいのですが、今度いってみませんか?」といった風に「食べること」を目的とすれば「話すこと」はついでになるわけなんです。

それに、美味しいものを食べることが嫌いな女性なんていません。あくまでも食べることが目的で、たまたま同じものを食べたい人と一緒に行くだけ、といった動機付けにさせると相手の心理的抵抗はグッと下がります。

いくらガードが固い初心者といえど、逆援助交際出会い系サイトに登録している以上は出会いが目的であり、セックスだって当然望んでいます。しかし、まだ一般常識の範囲内にいるごく普通の人妻にとって「会っていきなりセックス」はハードルが高いのです。

逆援助交際の目標は相手を満足させること

逆援助交際で男性が提供するのはセックスだけはありませんからね。楽しいデートを演出して、美味しいものを食べて素敵な時間を共有する。出会いの初心者にとっては、それだけで十分に満足できるものなのですから。

お金をもらう立場である以上、女性は依頼主です。依頼主が具体的になにを求めているかは人それぞれですが、最終的に「ああ、この人と会ってよかった。また会いたいな」と思ってもらえるような、満足感のある出会いを提供することがわたし達の使命です。

出会い初心者に対しては、初心者向けのプランを提供してあげることが大事です。

スキーをしたことがない女性をいきなり上級者コースにつれていき「このコースはすっごく刺激的で楽しいんだよ! さあ行こう!」なんて手を引っ張ったら、初心者からすれば刺激どころか恐怖でしかありませんし、二度とスキーをしたいとは思えなくなるでしょう。

逆援助交際に初めて手を出す人妻に対しては、逆援助交際でつちかった常識は通用しないどころか、むしろ足かせになってしまうこともあるのです。ここは初心にかえって、ごく普通の出会い系サイトのような接し方がベストなのです。

それに気づけない男性が多いからこそ、ごく普通の人妻は狙い目であり、実においしい物件でもあるのです。

なにしろ、ライバルたちがどんどん勝手に自滅していってくれてるのですから。

初心者にとっては刺激が強すぎる状況におかれ「やっぱり逆援助交際なんてこわいところなんだ……」と、怯えきったところに手を差し伸べてあげることができれば、彼女たちはどれだけ安心することでしょう。

ヒナ鳥を見守るような気持ちで……と、先ほど文中で紹介しましたが、ヒナ鳥は最初に見たものを親鳥と認識して懐く「刷り込み」という本能をもっています。

もし、あなたが初心者に人妻にとって初めて出会う相手になることができれば、きっと良好な関係を長く築くことができるでしょう。

逆援助交際は美人バリキャリOLを狙え!

美人のバリバリキャリアウーマン(バリキャリOL)がニートやフリーターを求めている時代になっています。

美人のバリキャリOLは、スーツをビシッと決めたビジネスマンを好みそうですよね。しかし、近年、この傾向に変化が起きています。

バリキャリOLのA子の場合

わたしが以前付き合っていたバリキャリOLのA子さんは、過去にはステータスの高い男性たちと合コンをしたりおつきあいをしていたそうですが、いつかそういう付き合いに疲れたといいます。

そういう男性は、いつも忙しくてなかなか会えないし、こちらも忙しいから一生懸命時間を合わせなきゃいけない。会う時間も短いし慌ただしい。

電話をしようと思っても「今仕事中かな?」「疲れてないかな?」などと心配してばっかりでぜんぜん心が休まらなかったと。

ところがわたしのような暇人のニートかぶれと付き合うようになって、本当に楽になったそうです。

  • 呼べば来る
  • 自分が忙しい時は会わなくてすむ
  • 着飾らなくていい
  • 素の自分を出せる
  • 浮気の心配がない(モテないから)

とまあ、とにかく楽で簡単なのです。

彼女たちは、経済力はあるけれど時間がないのです。癒やされたいのです。

で、あれば、わたしのようなニートは、彼女たちに癒しを提供し、セックスをし、ちょっとしたお小遣いをもらえるようになるのは、それほど難しいことではありません。

癒され願望のあるバリキャリOLが増えている

こういう「癒され願望のあるバリキャリOL」がここ数年でとても増えてきているように感じます。

女性の社会進出が進んだせいかもしれませんし、婚活のためにステータスの高い男を狙っていて、疲弊してしまったのかもしれません。

ならば、わたしたちにできることはただ一つ。こういうバリキャリOLを狙って、わたしたちのセールスポイントをアピールすることです。

「疲弊したOL」には美人が多い

また、こういう「疲弊したOL」たちには非常に美人が多いという特徴があります。

彼女たちは、美人であるがゆえに、レベルの高い男との交流に疲弊してしまっているのです。

だから、とりあえず、結婚などはまったく考えずにダメな男に癒やされたい願望を持っているのです。

わたしたちは、だからこそ、美人とセックスをして、お金をもらえる可能性があるのです。

世の女性の多様化をなめてはいけません。ほんとうに、世の中にはいろいろな女性がいます。わたしたちは、地道にチャレンジを繰り返すことにより、美人OLとセックスをしまくってお小遣いまでもらえるチャンスを手に入れることができるのです。

イケメンじゃなくてもいいの?

「でも、ニートやフリーターとはいっても、結局イケメンなんでしょう?」

そんなふうに思っていませんか?

一般に男性が考える以上に女性の好みは多様なのです。

男性は、女性のビジュアルにたいする要求が非常に高いので、女性も同じだと勘違いしがちですが、女性は男性に求めるビジュアルはたいしたことはありません。

たとえば、婚活パーティーなどでも、男性は美人の少数の女性に希望が集中しますが、女性の希望はかなり分散されるのが特徴です。

女性は、その遺伝上の役割から、無意識にライバルが多いターゲットを避ける戦略性をもっているのかもしれません。

あなたがどんな男性であれ、バリキャリOLを狙えば、逆援助交際の成功率はいっきに高まることでしょう。

なぜ熟女なら簡単に逆援助できるのか?

熟女好きのみなさまおめでとうございます。

熟女好きであれば、逆援助交際市場で圧倒的に優位に立つことができます。

なぜなら、世の中の男のほとんどは若い女の子が好きなんです。だからわたしたち熟女好きは、簡単に女性と出会ってお小遣いをもらうことができるんです。

例えば「若い子も良いけど熟女も好き。どっちにしようか迷うなぁ」なんていう人は、絶対に熟女を狙うべきです。若い女の子を狙うのに比べてライバルが圧倒的に少ない。はっきり言って、1日あれば、絶対に会える熟女を見つけることができます。絶対にです。

わたしも以前は若い女の子と出会うために何度も何度もメールをやりとりしては断られる日々を続けていました。

しかし、今は違います。熟女を狙って、簡単に落として、逆援助交際まで持ち込んでいます。今までの徒労は何だったんだろうと悩むことさえあるくらいです。

ぜひとも、熟女が好きなみなさまは、出会い系サイトで素敵な逆援助相手を見つけてください。

熟女はあふれている

出会い系でセックスの相手を探している熟女は世の中にあふれています。

男性は若い女の子ばかりを相手にしているから、熟女はなかなか相手が見つかりません。

だから、もしもあなたが熟女を好きなら大チャンスです。

30代のすごく綺麗な熟女でも、出会い系サイトでは、年齢だけで、男性からのメールが少なくなってしまうので、競争率が非常に低いんです。

出会いを求める熟女はどんどん増えているのに、熟女を求める男性はぜんぜん増えていないのです。

このチャンスにわたしたちも乗るしかありません。

以前のわたしは、若い子ばかりを探していて、なかなか逆援助が上手くいかないと悩んでいました。

ふと思い立って熟女狙いに切り替えた結果、大成功! 熟女狙いに切り替えたとたん、「本当にこんな美人が?」と思うような女性とどんどん出会えるんです。

若い女の子を探していた時は、たいして可愛くない子でも、会うまでが大変でした。若い女の子は、多くの男性からものすごい数のメールを受け取っているからですね。

ところが熟女なら、年齢が高いというだけで、キレイであっても、性格が良くても、オシャレであっても、全然メールをもらえません。

だからこそ、熟女が好きなら、あるいは熟女でもOKなあなたにとっては逆援助の大チャンスなんです。もしからしたら、いつか熟女ブームが来て、このパラダイスは終わりを迎えてしまうかもしれません。そのまえに、ぜひ、熟女と逆援助をしまくってください。

豊満熟女ならさらにチャンス

さて、熟女のなかでもデブ……いわゆる豊満熟女ならさらにチャンスです。

世間一般からすると、なぜか豊満熟女・ぽっちゃり人妻というジャンルは人気がありません。

わたしからすると本当に不思議でならないのですが……。なぜみんなこの魅力がわからないんだ!?というもどかしい気持ちはありますが、これはこれでチャンスでもあるわけですね。

なぜなら出会い系では若くてスリムな子から「売れて」いきます。その条件のまま順番に売れ続けていくとしたら……豊満な熟女というのは「売れ残って」しまうものなんです。嘆かわしくもありますが、わたしにとってはとてもありがたいことです。なにせ選りすぐりの豊満熟女が選び放題なわけですから。

そしてもちろん豊満熟女のなかにもたくさんのセレブ人妻がいます。豊満熟女を相手にできるなら、逆援助交際の成功は約束されてようなものなのです。

豊満熟女の攻略法

えてしてそういった豊満熟女というのは自分に自信がありません。それでも女性なわけですから、自分を求めてくれたり認めてくれる人がほしいと思っています。なので、もしそういった女性とお近づきになれた場合は、とにかく褒めてあげてください。無理にやせたり、おしゃれなんかしなくてもいい。あなたは今のままで十分魅力的ですと。ありのままのあなたが好きなんです!と。

ちょっと大げさすぎるくらいがちょうどいいかもしれません。熱く自分の思いを語ってあげれば必ずといってもいいほど豊満熟女は落ちます。なにせ今までは自分の魅力に気づいてくれるひとがいなかったけど、いまは目の前にいる。その事実だけで、もう豊満熟女はメロメロになってしまっているのです。

あとはもう、オンナとしての悦びというものを存分に教えてあげてください。それがわたしたち、豊満熟女好きの使命とも言えるのです から。

50代の美人セレブ人妻

豊満熟女以外に50代の人妻もオススメ。

「まずは年齢ありき」という男性が世の中には多すぎます。

20代の女性はみんなカワイイ。

50代の女性はみんなババア。

そんなふうに思っていませんか?

確かに、普通に街を歩いていると、若い女の子ばかりが、目につきます。魅力的な女性はみんな若い女の子ばっかりです。

しかし、出会い系サイトはリアルな世界とは別世界なのです。若い女の子のところにメールが殺到して、なかなか出会うことはできません。

一方で、綺麗な50代女性が、50代であるという理由だけで敬遠されているのです。

ブサイクな20代の女のところに、男性が殺到している状況を想像してみてください。

その隣で綺麗な50代の女性が暇そうにしていますよ?

しかも、リアルの世界では、全く人妻は人気がありません。そりゃそうですよね。共通の知人がいる人妻なんて怖くて手が出せませんから。

でも、わたしたちは、50代の綺麗な人妻と逆援助できれば十分と考えています。

だったら、そこだけを徹底的に狙うべきなのです。

若い女の子に見合うだけの魅力を備える必要なんてありません。等身大の自分をわかってもらうだけでセックスすることができるんです。

やはり50代60代の熟女というのは、青春時代をおとなしく過ごしてきた人が多いです。あの頃の時代というのは、女はおしとやかに、出しゃばらずに男を立てろ、という教えというか風潮がありましたからね。多くの女性はそうしてきたことでしょう。

なので、男性を相手にするときはどうしてもその時の記憶からなのか、「誘われまち」の態勢を取る女性が多いです。ただ、それは積極性がないわけではないんです。チャンスがあれば飛びつきたい!という気持ちはむしろ強いといえます。

ならばこちらから誘ってあげればいいだけなんです。そうすれば、待ってましたとばかりに誘いに乗ってくれるのです。

なにしろ、50代60代の熟女というのは、ふつうであれば日常生活において「女性」として扱われるような場面はほぼありません。でも、出会い系に登録しているのであれば「女性」としての悦びを知りたいわけなのですから……。

なにも、特別なテクニック話術などはいりません。ただ声をかければいいんです。「男として、あなたをデートにお誘いしたいです」と。彼女はその言葉を、何十年も待ち続けていたのかもしれないのです。

みなさんにはこんな願望はありませんか?

  • 熟女と逆援助交際したい
  • 熟女のセフレが欲しい。
  • 熟女と近親相姦のようなセックスがしたい
  • 隣にいるような普通の奥様とねっとりと愛しあいたい
  • 年上の女性に癒やされたい

それなら、ぜひとも、出会い系サイトで、理想の熟女をゲットして、まるで近親相姦のようなセックスを楽しんでください。

40代50代60代の女性なんて、出会い系サイトにはいないって思っていませんか? そんなことはありません。今、熟女はどんどん出会い系サイトを始めているんです。わたしも半信半疑で出会い系を始めましたが、熟女がほんとうに多くてびっくりしました。

しかもおどろくほど熟女との出会いは簡単です。わたしはほんとうに熟女好きで良かったって思いましたね。若い女の子は競争率が高いから、なかなか出会うのは難しいですから。

しかも、熟女っていうのは不思議なもので、綺麗な熟女のほうが、出会い系での攻略がずっと簡単なんです。なぜなら、綺麗な熟女ほど、世間体を気にして、出会い系くらいでしか男性と親しくなることができないから。美人の不倫なんてすぐに噂が立ってしまいますからね。

つまり、美人の熟女を出会い系で狙うというのは、熟女マニアのみならず、万人におすすめできる最高の戦略なのです。

専業主婦のセレブ人妻とセックスするための確実な方法

OLが電車の中で化粧をすることができるのはなぜでしょう。

都会での生活には、自分がどこにもいないからです。

電車での風景に「自分」や「わたし」はいません。

「わたし」が登場するのは職場についてからです。「○○さん、おはようございます」と言われて初めて自分が登場するのです。

会ったことのある、見たことのある人間関係のなかでのみ、自分が存在するんです。

専業主婦のセレブ人妻は他人に認識されない。

では、専業主婦はどうでしょう?

家にいても、街に出ても、いつだって自分は存在しません。他人は自分を認識してくれません。

だから専業主婦はどんどん孤独になっていきます。

そして彼女たちは、出会い系サイトで、自分が自分であることを再確認するんですね。

だから、わたしたちが出会い系サイトで人妻とセックスをしようと思ったら、彼女たちの名前をできるだけ多く呼んであげてください。

「○○さんは、○○が好きでしたよね?」

「○○さんのことが気になっていました」

そんな、ほんの少しのことで、彼女たちの心は一気に解けていきます。こちらに擦り寄ってきます。彼女たちが、自分を認識できる瞬間はこの上ない快感なのです。

わたしたちは、学生や社会人であれば、自分を他人の中で認識することができます。だから、彼女たちの気持ちはわかりません。

だから、こういうことを、きちんと意識するようにしてください。その先に、彼女たちとの逆援助交際があるのです。

世の中にはセックスに飢えている人妻がいる

出会い系サイトを始めて、本当に、率直に言ってびっくりしました。

世の中には、こんなにセックスに飢えている人妻がいるのかと……。3年ほど前から出会い系で人妻と会い、定期的にセックスを楽しむようになりましたが、スーパーで野菜やお肉を選んでいるごく普通の人妻を見かけるたびに「この人も出会い系でセックスしてるのかなあ……」と、いろいろとエロい目でみるようになってしまいました。

というか実際、スーパーに買い物に来ている人妻100人を集めたら、実にその3割は出会い系に登録しており、さらにそのうちの9割はセックスまでしちゃってると思います。それくらい、出会い系に登録している人妻というのはちょろいです。

出会い系の人妻はちょろい

だって、考えてもみてください。現状の生活に満足している人妻であれば、そもそも出会い系になんか登録しないんです。出会い系に登録している時点でなにかしらの不満……とくに性生活面での不満は溜まっているのを、自ら暴露しているのと同じなんです。

人妻は、もちろん不倫をバレてはいけませんから、友達の知り合いとセックスするなんていうわけにはいきません。

だから、人妻出会い系サイトなら、驚くほどの美人と知り合うことができるんです。

たとえば、若い女の子だったら普通に恋愛しちゃうわけですから、美人が出会い系サイトに入会するなんていうことはなかなかありません。

しかも、当サイトで紹介している出会い系サイトは完全無料サイトばかりなので、お金はいっさいかかりません。必要なのはお茶代・食事代・ホテル代くらいでしょうか。

セレブ人妻の中には、食事代を割り勘してくれたり、出してくれたりしてくれる人もいます。

あなたが若い男性の場合には、おごってくれる可能性はかなり高いです。わたしは、どうして若い頃に人妻出会い系サイトをやっておかなかったのかと激しく後悔しております。

一般的な出会い系サイトでは、セックス目的を全面に押し出すと嫌われがちですが

割りきり出会いが前提となっているサイトでは、むしろその逆といってもいいでしょう。

下手に紳士ぶっても逆効果なだけで、がっつくくらいのほうが丁度よかったりするのです。

というのも、女性からそれをアピールするのはやはり抵抗がある人が多いので

男性が言い寄ってくるから仕方なく……という状況を与えてあげる目的ですね。

人妻注意点

昔はメールを用いてやりとりをしていても相手は自分が結婚している事を隠していたものですが、最近ではわざわざ人妻ということをアピールするかのようにメールをしてきます。それは人妻と言う言葉を聞くと男性は興奮して寄ってくるように思っているのかもしれません。

しかしわたしはその人妻という言葉を聞いてすぐに返事をするのではなく、あくまで年齢とその人の住んでる地域とを考えて連絡を取るようにしています。なぜならば人妻で1番気をつけなければならないのはパートナーがいるということと、その中には子供が大きい人もいるということです。

つまりどういう原因で夫なり子供なりと出会うかもしれないので、その点は非常に神経を使わなければなりません。ある程度歳を重ねた人妻の場合は夫と性的な関係がないので、自分に体を求めてくる場合でも尋常ではないぐらい激しさを増していることがあります。

そこでわたしは人妻にいろいろ質問したりある程度メールでやり取りをしてその人と気が合うことが分かれば会うようにしています。もちろん相手もこれからどういうことをするかを知っているので、会った瞬間にホテルに行くことも可能です。

システムとコミュニティ

逆援助を成功させる前に、まずは人妻セフレを作ることが大切です。セフレからいつのまにかお小遣いをもらっている状態を作るというのが一般的な流れなんです。

さて、人妻セフレを作るために、ぜったいに注意しなければならないことがあります。

出会いの場は大きくふたつに分かれます。システムとコミュニティです。

システムというのは、出会い系サイトや結婚相談所ですね。

コミュニティは学校や職場や塾など。

このうち、人妻セフレは、絶対にシステムのほうで作らなくてはいけません。コミュニティのほうでセフレを作ってしまったら後からトラブルになる可能性が高い。

たとえ、コミュニティで、狙っている女性がいたとしても、セフレは絶対に出会い系サイトで作らなくてはいけないのです 。そして、詳しい個人情報を教えずに女性をセフレ化することに成功したら、あなたの身の安全(物理的にも社会的にも)は、絶対に保障されることになるのです。

しかも、24時間、いつでも好きな時にセフレ探しをすることができますし、自分とはぜんぜん違うタイプの女性と知り合うこともできます。少しくらいの労力を使ってでも、一度セフレになってしまえば何百回でもただでセックスができることを思えば、その費用対効果はとりわけ高いものに思えるはずです。

人妻との逆援助はじらしが効果的

人妻たちと逆援助交際をしたいならじらしが1番効果的です。

つまり、1回めのセックスはすぐにするけど、2回めのセックスはじらすんです。すぐにはセックスをしてあげないんです。

そのあとで、相手は体の満足を1番に考えているわけですからその満足を満たしてやることが一番良いのです。そして、しっかりとじらしてできる限り彼女たちが求める事を叶えてあげれば3回目もぜったいに会ってほしいとおもわれる形に持っていける、というのがわたしのやり方です。

男性の場合はすぐに体を求めるのが普通かもしれませんが少し時間をかけてじらすことが実は長続きする秘訣なのです。末永く逆援助交際をしたいなら、このあたりに秘訣がありますね。また仮に再会する場合でもすぐに会うのではなく1週間ぐらい空けることが良いように感じます。あまり頻繁に会うと相手の旦那も怪しむことにもなりますし、彼女の性的要求を完全に満たししまうと飽きてしまうことになってしまうからです。

逆援助交際は人妻を狙え!

0230happy出会い系にもいろいろジャンルがありますよね。 若い子メインだったり、人妻だったり、アブノーマルだったり……。

逆援助交際を狙うなら、その中でもお薦めのターゲットはどれでしょう。

オススメは人妻

これは断然人妻です。

わたしもいろんなサイトをやってきましたが、明らかに人妻が会いやすいです。 そして人妻というのはその名の通り、他人の妻なわけですから イケナイ事をしている……という背徳感が実に燃えていいんです。

ぜひとも出会い系サイトで人妻と出会ってください。

さて、出会い系サイトに入会したら、特に意識をしなくても普通に会えるとは思うのですが より確率を高めたいのでしたら少しのことに気をつけるだけでOKです。

まずは平日の昼間に都合をつけられる方。 おめでとうございます。セレブ人妻と会えることが99パーセント確定しています(笑)

当たり前なことですが、セレブ人妻というものは昼に家に一人でいるというケースが多いです。 昼間は仕事で無理というかたも大丈夫ですよ。 主人が夜勤なんて人妻もいますし、時間帯さえ会えばもらったも同然です。 あとは心構えとして 「秘密は守る」 「普段できないような、非日常を楽しもう」 「貴女を一人の女性として扱いたい」 この3つをアピールしていけばまず間違いありません。

なかでも非日常というワードに人妻はとても弱いので 「特殊な部屋のラブホに行ってみませんか?」だの「 アブノーマルなおもちゃで楽しんでみませんか?」だの、具体性があるとより惹きつけられると思います。

さらにおすすめは熟女

人妻のなかでもさらにオススメなのは人妻熟女です。

若い人妻に逆援助してもらっている男性もいますが、わたしはぜったい熟女をオススメします。

はっきり言って、出会い系サイトでは、40代の熟女のなかにも、ものすごい美人が数多くいるのです。

ところが40代というだけで、敬遠してしまっている男性が多い。だからこそ、競争率が低いのです。

40代とはいっても、普通に考えたら、美人なんだからセックスの相手には困らないはず。

しかし、彼女たちは既婚者なのです。普通に出会いを探すことができない。だから出会い系サイトで出会いを求めるのです。

しかも、男性の性欲のピークは10代後半ですが、女性の性欲のピークは40前後です。女性は30代後半から卵巣機能が衰え、女性ホルモンが激減していくのです。そして、男性ホルモンが優位になってアグレッシブになっていくのです。セックスを求めるようになるのです。そしてこの時期に旦那とのセックスレス生活が待ち受けるわけです。

 

とある有名なグラフとして、こういうものがあります。

こちらは年齢における男性と女性の性欲をグラフとして表したものです。やはりといいますか当然といいますか、男性の性欲のピークは18歳ごろのようでして、実に同年代女性の数倍もの性欲を抱えているそうです。同時に、一番性欲についてのギャップがあるのもこの年代ですね。

男性視点としては、実感としてよくわかりますよね(笑)あの頃は本当に、なにをみてもすぐセックスに結びつけてしまい、ちょっと露出の高い服の女性とすれ違うだけでも勃起してしまっていましたから……。でもそんな性欲も30歳をすぎると徐々に下降していく様子がわかります。

ですが、女性はその全く逆!20歳過ぎほどから徐々に上がり始め、その性欲のピークはなんと30代後半から40手前くらいまでなんです。まさに熟女と呼ばれ始める、その年代ですよね。

そして40代にいたっては、なんと男性の性欲を上回って女性のほうが強くなるんです。セックスレスが顕著化してくるのもこの年代がほとんどなんだそうですから、説得力があるグラフですよね。

つまり40代くらいからの熟女というのは、セックスをしたくても相手がいない…旦那が相手をしてくれない…といった、「性欲をもてあます」状況に置かれていることが多いんです。

そこをわたしたちは「捕獲」するのです。

彼女たちは、性欲がすさまじいので、わたしたちをぜったいに手放したくありません。金さえ払えば安全なセックスができるのだから、喜んで払うでしょう。

思えば、ヨン様フィーバーなんていうのも、この性欲の発露を求めたオバサマたちが、ワーキャー言っていた現象なのです。彼女たちは性の発散ができないのです。

であれば、わたしたちが、ヨン様に使うはずだったお金をうけとって、女性をセックスの絶頂に導く方法を利用してセックスをしてあげようではありませんか。

出会い系ならすぐセックスできる。女性もそう考えています

だから、出会い系ならすぐセックスできる。女性もそう考えています。

性欲を解消するにはどうしたらいいか? 手段はいろいろあるかと思いますが、もっとも一般的なのはやっぱりセックスですよね。昭和の時代ならいざしらず、今や携帯やスマホをちょっといじればすぐに出会い系につなぐことができ、5分でセックス相手を探すことができる時代です。

簡単にセックスできる相手を探している、そんな短絡的なのはわたし達男だけ…なんて思っているかもしれませんが、それは女性だって同じなんです。

とくに性欲を持て余している熟女なんて…まさにその典型ですからね。

熟女と知り合うには!!

セックス目的の熟女が利用する出会い系サイト、を利用するのが一番手っ取り早いです。というより、わたしはそれ以外の方法で熟女とセックスした記憶がありません。

普通の主婦の方は子供もいて家事も大変だし、恋愛どころではない、もしくは今は恋愛に興味がない方が多いのです。そういう人妻を狙っても時間の無駄です。

わたしの経験上、良質の出会い系サイトさえみつけてしまえば、そこは「セックスに飢えている熟女」の集まりです。

ただし、人妻や熟女の場合は体以上の関係を求めない方が無難です。深すぎず浅すぎずの関係をアピールしたほうがわたしの経験上、上手くいきます。

出会い系サイトでのやり取りでも、その方向でアピールしたほうが会う確率もグンと上がりますよ!!

欲求不満の熟女を見分けるには?

それは…実はすごく簡単なんです。

なぜなら、出会い系に登録しているような熟女たちは100パーセント確実に欲求不満だからです(笑)

つまり知り合える可能性のある人妻・熟女は皆が皆、欲求不満なんです。

気づいてしまえばアタリマエのことなんですが、それを気づいているのは大きなメリットですよ。

セックスを求める熟女たち

熟女たちが若かりし頃…一昔前である昭和の時代ではセフレなんてもってのほかでした。

まだまだ婚前交渉などはしたないというプラトニックな価値観が広まっていた頃ですね。当時はそれが当たり前でしたから、疑うこともなかったでしょう。それがいざ自分が熟女と呼ばれる年齢になった時には、若者たちはセックスを存分に楽しんでいる……。

これは単純に「うらやましい」らしいんです(笑)昔の人は貞淑だったわけではなく、ただ我慢していただけなんですね。

女性は「~なんだから仕方ない」に弱い

普段は遊びたい願望を抑えている女性でも何かのきっかけで「仕方ない…!」と、自分を開放するようです。

しかし、この「~なんだから仕方ない」というのは女性を理解する上でとても大事な言葉です。

一番わかりやすい例えとしては「帰らなきゃいけないけど、もう終電がないから…ホテルにいくのも仕方ない」といったことですね。

この場合、元からホテルに行く気はあったものの、自分から言い出すのもはしたない、という心が邪魔をしていたのです。そこで「終電がなくなったから」という外的要因が出来たために「仕方なく」そうしているからなの、と自分に言い訳ができるんですね。

昔から押しの強い男性は得をする事が多いのがこのためです。

ホントはそんなつもりじゃなかったけど、彼が引っ張るから仕方なく…といったわけです。

草食系男子としても、たまにはこういう奥の手を用意しておくのもいいかもしれません。

女性の部屋に入れてもらえたら、それはセックスできたも同然です。

女性の部屋に入れてもらえたら、セックスできたも同然です。 だから、女性の部屋に入ったら、ミスさえしなければ絶対にセックスができます。 それでは、女性の部屋で絶対にしてはいけないことを紹介しましょう。

女性の部屋をジロジロ見る

これは、自分がされたとしたら、嫌な気分がしませんか。何もいわずに、部屋をジロジロ見るのはやめましょう。見るときは、カーテンの色がいいね、など、褒めながらするということを忘れないようにしてください。

部屋をけなす

これは、最悪のパターンですね。あそこがよくない、ここが良くない。思っていたのと違うなんて絶対に言わないようにしてください。部屋は女性の価値観のかたまりです。部屋を否定されることは自分を否定されたようにさえ感じてしまうものです。

勝手にものに触る

部屋のものに勝手にベタベタとさわらないでください。物の位置を動かされるのを嫌がる女性もいます。ガサツな男性にはわからないことなのかもしれません。

靴を揃えない

靴はきちんと揃えてください。そういうところでワイルドな男性が好きな女性もいるのかもしれませんが、そんな例外に期待しないでください。 とにかく、女性の部屋に入ったらあとは、減点されないことが大切なんです。

手ぶらで行く

大人なんだから手土産のひとつくらい持って行ってください。ちょっと高価なスイーツだったり、お酒を飲む約束をしていたら、ちょっと高価なワインもいいですね。 こんなものは、恋愛のマナーというより社会人としてのマナーですが、この程度のこともできない男性が多いのです。 とくにセレブ女性なら、社会人としてのマナーには敏感なもの。注意してください。

楽しまない

沈黙があっても、ニコニコしていたら、女性は好感をもってくれるものです。つまらなそうな顔をしているのは失礼でしかありません。この人といると心地いいと思わせることが、もう一度部屋に呼んでもらえるコツです。それはつまり、もう一度セックスできるということ。 そして、二度もセックスできたら、何度でもセックスすることができるのです。 何度か繰り返すうちに、逆援助を切り出せばスムーズに、そういう関係に移行できます。