既婚男性が逆援助セックスしているときには不倫バレに注意

不倫バレ金持ちの旦那から寝取った人妻との逆援助セックスはスリリングで燃え上がる魅力的な行為。

してはいけない相手とのセックスは、普段味わえない独特の興奮があります。

健全な交際では決して味わうことの出来ない、背徳的で快楽的なセックスは最高です。

しかし、人妻と会ったりセックスしたりすることは紛れもない不倫です。

そして不倫というのは文字通り倫理に反するものです。決して大っぴらに楽しんではいけない秘密の関係なのです。

もっとも、その「人にはいえない秘密」というのはまさに蜜の味でもあります。そのスリルと刺激が不倫セックスを一度経験してしまうと止めることができなくなってしまう、大きな理由でもありますね。

最近は、芸能界でも毎月のように不倫スキャンダルを見かけます。バレれば仕事も家庭も社会的地位も失ってしまいかねない芸能人ですら、不倫という蜜の味には溺れてしまうものなのです。

幸いにも一般市民であれば失うものはそれほど多くありません。出会い系での不倫、ましてや逆援助交際は、恋愛感情がともなうことが少なく、ただの性のはけ口としてとらえる風潮があるため、バレても致命傷にはなりにくいのですが、それでもやっぱりバレないに越したことはないですよね。

だからこそ、逆援助不倫関係というのはこっそり楽しみましょう。

みなさんのなかには既婚男性もいるでしょう。自分も相手の女性も結婚していればバレるリスクは2倍になります。ぜったいにお互いの不倫バレは防がねばなりません。

さて、本日は「どうやって不倫をばれないようにするか?」をまとめてみました。

あなたも覚えがありませんか?

  • 妻に嘘をつくときに目をそらしてしまう
  • 逆に意識して顔をじっくり見つめてしまう
  • ソワソワする

そんなところから「なにかおかしいわね?」と思われてしまった経験がありませんか?

女の勘は鋭いという話を耳にしますが、夫婦関係を円満に保ちながらもバレない不倫を続けている男性も存在します。

不倫人妻セックスを楽しみたいのなら、誰にもバレずに始めて、誰にもバレずに終わらせることが1番の得策です。

バレてしまえば双方の家庭を壊すきっかけにもなるため、リスク管理は徹底する必要があります。

不倫はバレずにするのが鉄則、そのために上手に立ち回るのも“デキる男の嗜み”です。

そんな不倫セックスを楽しむためにもバレない立ち回りを習得し、最高のセックスライフをエンジョイしていきましょう。

本日は不倫バレを防ぐテクニックを紹介します。

このページを不倫相手と一緒に見て、お互いの不倫バレを防ぎましょう。

不倫バレを防ぐテクニック

どんな証拠も残さない

不倫は証拠さえ抑えられなければ、どうとでも言い逃れが出来るのです。

例えば不倫相手と仲睦まじいツーショット写真やプリクラなどは、そのまま証拠として流用されてしまいかねません。他にも、直筆での手紙や郵便物(送り状に筆跡が残る)を送ったりするのもダメです。こういった物的証拠というのは、情況証拠や証言なんかよりもよっぽど強く、重要視されるものなのです。

ですから、連絡をとりあう際にも注意が必要です。古典的な手法ながら、相手の登録名を全く関係のない男の名前や会社の名前にしておくことは有効な手段です。

最近ではスマホにロック機能が付いていますし、それを利用するのも当たり前となっていますので、必ずロックしておいてください。

LINEなどのアプリにも単独でロック機能がついていますので、それも忘れずにオンにしましょう。妻から「なんでLINEにロックつけてるの?やましいことでもあるの?」という風に聞かれるかもしれませんが「会社だったりもし落としたりした時に、いつ誰に見られるかわからないから」とでも言っておけば大丈夫です。

また、ここで気をつけておきたいのは最近ではごく当たり前になってきた指紋認証によるロックシステムです。これは一見、盤石で最強のロックにも思えますが……とある弱点があります。それは、もし睡眠中にそっと指を拝借されたらあっさりロックを解除されてしまう、ということですね。

これは同じベッドで眠りにつくことのある妻に対しても、不倫相手に対しても、大変に危険な行為です。盤石のロックどころかまったくの無防備とも言えます。

携帯を覗き見されるリスクがあるのはなにも妻だけではないのです。相手の人妻にだって決して見られてはいけません。もしロックを解除されて、あなたの妻や会社の電話番号を調べられて、個人情報を盗まれてしまったとしたら、面倒なことになりかねません。

不倫ドラマで見たことがありませんか? 不倫相手が、妻のもとに電話をして挑発をするような行為を。もしくは、不倫相手がいきなり自分の勤め先に押しかける光景を。もし、人妻があなたとの関係に本気になってしまったとしたら、あれと同じことをされかねないのです。

もし、ロックに指紋認証を設定している方が居ましたら、見直してみることをおすすめします。

誰にも話さない

自分自身が学生の頃、初めて彼女ができた時のことを覚えていますか?

きっと誰かに話したくて話したくてしかたがなかったでしょう。そうなんです。人間は浮かれるとつい、他人に話したがるのです、しかしながら不倫という関係はなかなか褒められることはありません。ましてやどんなに気持ちを分かり合っている親友にカミングアウトしても、心から祝福してくれることはないのではないでしょうか?

それにこの手の話題は、誰もが大好物です。

気心の知れた友人ならまだしも、会社の同僚などに「実は俺、いま不倫してるんだよねー」なんて事は言ってはいけません。どこから情報が漏れるかなんてのはわかったものじゃないですから。あなたはその同僚に悪い印象がなかったとしても、相手もそうとは限りません。仕事や業績のことで嫉妬でもされていたら、どんな行動に出られるかわかったもんじゃありません。

信用していた相手だけに話しただけなのに、あっという間に広まっていきます。不倫とはいえ相手を愛しているのであれば、あなた自身が秘密を守ることが必須事項です。これができる自信がないのであれば不倫はやめてください。プレゼントは相手を安心させる言葉と愛だけにしておいてください。

人妻に個人情報を教えない

人妻に個人情報を教えるのもNG。お互い秘密を抱えているから大丈夫なんて思わないほうがいいですよ。

また、逆援助してもらってるから、多少の情報は教えなきゃなんていう気遣いもまったく無用。お互いのバレるリスクを高めるだけです。

人妻があなたに本気になって、玉砕覚悟で職場に突撃なんてことがあるかもしれませんし、人妻の不倫がバレて旦那があなたを追い詰めるなんていうこともあるかもしれません。

人妻に対して教えていけない個人情報というのは

  • 本名
  • 住所
  • 勤務先
  • 電話番号
  • docomoやau、softbankなどのキャリアEメールアドレス
  • 出身高校、大学など

このあたりは個人の特定につながってしまう情報です。決して本当のことを教えてはいけません。もっとも、相手の人妻もそれを詮索してくるような真似は普通はしてこないでしょう。向こうだって自分の個人情報は知られたくないはずですし、割りきった関係なのだからお互い様であるという状況を理解している人であればそんな無粋なことはしません。

ですが、全員が全員そうとは限りませんからね。メンヘラ気味で依存症の強い人妻だった場合はこちらのことを詮索してくるかもしれませんし、そういう気質の人であればなおさら危険ですのですぐに逃げましょう。

せっかくセフレみたいな関係になれて都合が良かったのに……と惜しくなるかもしれませんが、身バレするリスクに比べたら些細な事です。それに、人妻ならまたすぐに別の女性と出会えるのですから。

ホテルなどでは携帯や免許証をおいてシャワーを浴びることもあるかもしれません。そこでオススメなのがジップロック袋ですね。財布と携帯、鍵などの貴重品 をまとめていれて閉めれば完全防水ですので風呂場に持ち込んでも大丈夫です。

逆に教えてもいい情報というのは

  • 偽名
  • おおまかな住所(◯◯市、◯◯区どまり)
  • 仕事の業種(IT関係、金融業など)
  • LINEのアカウント
  • YahooメールやGmailなどのフリーメールアドレス

このあたりでしたら個人の特定には至らない情報ですので教えても大丈夫です。さすがに何もかも教えないというのも味気ないので、ところどころに嘘を混ぜてみるのがポイントですね。

とくに逆援助交際の場合は、相手の女性がこちらの個人情報を知ると、身元がわかっているということで安心してくれる場合があります。

偽名といっても下の名前だけは本当のものを教えても構いませんが、より慎重にいきたい方はちょっともじった名前なんかでもいいですね。まったく関係のない名前を名乗った場合、自分の設定した名前を呼ばれていても気づかなかったりしてしまうこともありますし。わたしの場合は、不倫をするときは同じ偽名を使っていますのですっかり慣れました(笑)

LINEのアカウントを教えても大丈夫なの?と思うかもしれませんが、LINEは簡単にブロックができるので安全性は高いです。LINEを登録しあう際も電話番号からではなく、IDを教える形でしたらその後IDを変えればまずバレませんからね。フリーメールも使い捨てればいいだけですので心配ありません。

SNSのアカウントは絶対に教えない

SNSのアカウント

人妻なのに出会い系に登録するような女性は、なにをしでかすかわかったもんじゃありません。

万が一トラブルになったとき、自宅や職場に顔を出されたりするのが一番困りますからね。そういった事ができないように、自分の身の回りに関する情報はできるだけ遮断してください。

特に、自分が利用しているSNS(FacebookやTwitter)などのアカウントは絶対に教えないように! 教えていいことなんてひとつもありません。

必ず監視されて、ろくな結果になりません。

もう一歩踏み込んだことを言えば、SNSに投稿した画像と同じものをメールやLINEなどで不倫相手に送った場合、その画像から「画像検索」を用いて自分のSNSアカウントが特定されてしまうケースもあります。

もしくは今日はこんなことがあってさ」なんて珍しい体験をした話を不倫相手とSNSの両方でしてしまった場合、時刻やその事象を照らしあわせて特定されてしまう事も考えられます。

こんな例があります。とある会社で昼休みに突然うまい棒を部下に振る舞った上司がいたそうです。「一体何のためだろう?」と疑問に思いつつも、珍しく面白いことだったので、思わずTwitter でそのことをつぶやいてしまう社員が数名いたとか。そして、その上司はしばらくしてからTwitterの検索で「うまい棒」のワードで検索し、部下のTwitterを特定し把握していたんだそうです。

これが浮気相手だったらと思うと本当に怖い話ですね。同じことをされないよう、気をつけましょう。

相手の性格や人格を見極める

不倫をバレにくくするためにも、互いの関係性は秘密にする必要があるため、相手の女性は口が固く、個人情報を詮索しない人が理想です。

逆援助交際は、相手が都合の良いときに肉体だけを求める関係なので、職業や住所などの情報は一切不要。

必要なのは連絡先のメールアドレスと住んでいる大体のエリア程度なので、お互いに交換はしないようにしましょう。

相手の性格や人格についても同じで、優先するのはとにかく口が固い人かどうか。不倫は本来してはいけない行為ですので、友人や知人にベラベラ喋ってしまうような相手は危険です。

出会い系コンテンツでの文字でのやり取りでは難しいかもしれませんが、会ったときの印象や会話などを基準に相手を見極めていきましょう。

スマホやデート場所にも注意

不倫がバレる理由で1番多いのがスマホチェック。

セレブ人妻の場合、エリートで頭の切れる旦那にやり取りの一部始終を見られてしまい、関係が発覚してしまったというケースが目立ちます。

人妻にはくれぐれも注意するように話しておきましょう。相手もバレないように心がけているかもしれませんが、しっかり隠蔽工作できる能力がある女性かどうかが重要です。

もし、不倫関係の場合はこちらもしっかりと対策を立てる必要があります。

出会い系や関連ツールは隠しておき、やり取りのログは毎回消去しましょう。

念のため、メールやLINEの内容はバックアップをとっておくのがオススメ。トラブルの際はこちらに非がないことの証明にもなります。

他にも、スマホのいじり過ぎやロック機能なども注意です。妻に秘密があるのでは? と警戒されてしまう恐れがあります。

デート場所や、待ち合わせ場所にも細心の注意を払いましょう。

どこで誰に見られているか分からないので、お互いの生活圏から離れた場所で会うのが理想。

こちらが独身である場合は相手の都合を優先するのが大切で、バレる危険度が高い方を優先して行動するのが良いです。

セックスするのはラブホテルが最適で、人妻の家に行くのは危険ですし、ご近所に見られる可能性もあるので避けるべき。

逆に自分の家に招くのは構いませんが、個人情報を与えないためにも、あまりオススメはできません。

腕を組んだり、手をつないで歩かない

手をつないで歩かない普通の彼女や妻であれば、デートや買い物のときに手を繋いだり腕を組むのはごく当たり前の光景です。

しかし、これを不倫相手にもするのは絶対にNGです。いつどこで、誰に見られているかわかったものじゃありません。たとえ家族に直接みられなかったとしても、同僚や友人などに目撃され、話が広まってしまうこともあります。逆に、腕さえ組んでいなければどうとでも言い訳が立つのです。

「たまたま道案内を頼まれていた」だったり「仕事関係の付き合いだよ」というように、いくらでもとりつくろえます。しかし、腕を組むというのは親しい間柄の男女にのみ許される行為なわけですね。

腕を組んだり手をつないだりしてもいいのは、誰にも見られる心配のない密室空間のみです。また、そういった制限があるほどお互いの身体に触れた時の喜びや興奮が増すという効果もありますし、普段からベタベタしすぎるのは避けましょう。

例えば、エレベーターで二人っきりになったときだけ、一瞬だけ手を繋いだり腕を組んだりするのです。そして、エレベーターを降りればまた手を離す……。なんてことはないかもしれませんが、こういうちょっとした「演出」を逆援助交際ではさらっとやってあげてください。

「自分はいま特別なことをしている」と改めて認識させることで、ただ手をつなぐだけでも「濡れて」しまうものなんですよ……。

お金を借りない

逆援助交際でお金を「もらう」のは構いませんが、お金を「借りる」のは避けてください。

お金の貸し借りは、普通の人間関係でもあまりしたくない行為ではありますが、不倫関係であればなおさらです。不倫という関係だけでもつながりとしてはややこしいものなのに、そこに借金関係まで持ってしまうと余計にこじれてしまいます。

「もらう」のはOKですが、「借りる」ことはとにかくNGです。逆援助関係を終えるときには、精算するなんて言葉を使いますが、実際のお金まではそれに含まれてしまうと本当に面倒なことになります。

なるべくなら、小銭程度の貸し借りも控えましょう。もし、不慮の事態でどうしようもなく借りてしまった時はすぐに返しましょう。お金は人間関係を破壊する毒になるのですから。

そういう意味でも、普段から逆援助はビジネスライクに徹してください。理想はフラットな関係です。

必ず避妊をする

避妊は必ずしてください

人妻のなかには、逆援助をめいっぱい楽しむために、ピルを服用している女性も増えてきていますが、相手が「私はピル飲んでるからゴムつけなくてもいいよ」なんて言っていたとしても、すぐには信用しないでください。目の前でピルの薬を飲んでいたとしても、「それはただのラムネなんじゃないの?」と疑ってかかるくらいの気持ちでもいいくらいです。

自分自身ができる最大限の避妊手段としてのコンドームは必須であり、常に携帯しておくべきです。

たとえ「ねえ、中で出して……お願い」なんて甘い誘惑を受けたとしても断る気概が必要です。それくらい、不倫関係にとって妊娠というのはあってはならないことなのです。

世の中には不倫に関する本がいろいろと出ていますが、いずれの本でも「子供だけはつくるな」と厳命されています。不倫がバレてしまうだけでも相当面倒でありリスクであるのに、それに加えて子供まで出来てしまっていたとしたら……これは本当に、修羅場になってしまいます。

その不倫相手が旦那ともセックスを定期的にする関係であればまだなんとかなりますが(もっとも、これはこれで恐ろしい話ではありますが)、完全にセックスレスである場合は言い訳のしようがありませんからね。

もし、相手の女性を妊娠させてしまった場合、今の旦那と離婚するのはまず間違いありません。さらにはその「出会い系で会った男と逆援助不倫生セックスをして妊娠してしまうだらしないクソ女」を妻として結婚せざるを得ない立場に追いやられてしまうかもしれないのです。

しかも、その子供が本当に自分の子供であるかどうかもわかりません。出会い系で知り合った自分と生でセックスしているんだから、他で知り合った男とも生でセックスしていると考えるのが自然ですからね。それも、一人や二人じゃないかもしれないのです。

どうです? めちゃくちゃ恐ろしくありませんか? 出会い系で不倫しているようなクソ女と結婚しなきゃいけないだなんて、ちょっと考えただけでもおぞましいことです。

よりよいセックスをしたいがために、欲望にかられての生セックスは大変なリスクを伴います。これは常に頭に入れておいてくださいね。

お互いに“好き”という感情はいらない

セレブ人妻には立派な旦那がいます。エリートで金持ちです。見た目にも金をかけられるからルックスも良い場合が多いです。

そして、安定した幸せな家庭を築いています。

こちらが惚れてしまうことはあっても、相手が本気になるケースは少ないのです。

しかし、旦那や家庭に余程不満が溜まっているセレブ人妻の場合は別で、本気の恋愛感情を抱いてしまう恐れも……。

そのため、本気の恋愛にならないための対策もしっかり立てておきましょう。

まず大切なのは「好き」という単語は使用しないこと。

どんなに燃え上がるようなセックスをしているときでも、その単語だけはNG。お互いの気持ちを昂ぶらせる単語ではありますが、相手を誤解させたりする可能性があります。

不倫はセフレに比べて恋愛感情が大きい関係ですが、適度な距離感を保つためにも“セフレ”感覚で付き合うのが良いです。

人妻を本気で寝取る場合は別ですが……(笑)

相手を本気にさせないのも大事ですが、逆にこちらも本気にならないように心がけましょう。

人妻はよっぽどでない限り本気になりませんが、こちらが独身である場合は本気で好きになってしまうこともあるので、気持ちはある程度セーブしながら接しましょう。

オススメなのは複数のセレブ人妻と同時に逆援助交際をするという方法。

人妻は攻略しやすい対象です。

1人の人妻に固執するのではなく、複数の相手を同時にすれば、、情が湧きにくく“好き”という感情も芽生えません。

既婚男性が逆援助セックスしているときには不倫バレに注意
3人同時進行での逆援助交際を目指しましょう!
わたしが逆援助交際を始めたばかりの頃は、馬鹿正直に一人の女性に尽くしていたものです。 初めて契約してくれたセレブ女性ということもあって、何でも言うことを聞きましたし、すべてにおいて優先させてきました。まさに全身全霊を傾けて逆援...

仕事が多忙で、いつも忙しそうにしておく

忙しそう本当にそこまで忙しいのかどうかは別として、不倫がバレにくい男性はいつも忙しいことをアピールしています。

商談や会議が多く、すぐに連絡がとり難い状況によく置かれています。

そうやって、連絡がとりづらい多忙な自分を常に演出していると、不倫の最中でもカモフラージュしやすくなります。

暇であっても、忙しいふりをしておきましょう。

不倫を始めてから急に家にいる時間が減ってしまうとすぐにバレてしまいます。

ちょっと天然な自分を演出する

隙が無い様に見える男性は一見、スマートで魅力的です。しかし、その分警戒もされやすくなります。勘が鋭い女性に警戒された状態で観察されれば、いつもと違う行動や言動はすぐに見抜かれます。

証拠を完全に消去したスマホをわざとロック解除したまま無防備に放ったらかしにしたり、接待で利用したスナックのライターを堂々とテーブルに置いたりと、妻を安心させる為に、細心の注意を払いながらも自ら隙を作りましょう。

スマホやパソコンにあまりロックやセキュリティをかけすぎると、奥様が不審に思いがちです。いつでも肌身離さず携帯を持っていたり、常に着信がマナーモードなのも不自然なので、演出のため半々はオープンにしてわざとリビングに置き忘れたりしておきます。履歴も全て消さず、面倒ですが関係ないデータはほどほどに残しておきます。

お金は小さく定期的に引き出しておく

クリスマスなどのイベント前に多額の引き出しをしてしまうと奥様に感づかれやすいため、面倒で時間はかかりますが期間を長くもってこまめに少額ずつ引き出すことです。また家計の買い物と同じクレジットカードで支払をしていると明細からわかってしまうので、わけて清算してください。

家族を大切にする

矛盾を承知で書きますが、大切な家族があってこその不倫です。不倫にのめり込むあまりに家族を壊してしまっては本末転倒です。プライベートの自分を守りたいのであれば、優先順位を明確にし、家族の行事を最優先させている事をアピールしましょう。

ただし、普段と違うことをいきなりしてはいけません。不倫中というのはどうしても後ろめたさを感じてしまい、それを少しでも紛らわすための自己満足として妻にプレゼントやお土産をやたらと買ってきてしまう、という男性が多いです。これはむしろ完全に逆効果としか言えません。

「いつもこんなこと絶対しないのに……なにか裏があるってこと?」と女性の勘はすぐに異常を察知します。普段はしないこと、を突然しはじめることは不自然極まりないのですので、絶対にやめましょう。

ただし、不倫がバレてるかな? なんていうときにはこれを逆手にとる方法もあります。

不倫をするとなんだか奥さんに対してよそよそしくなるものです。そういうところを敏感に察知するのが女性です。奥さんの中に不満が募ってきます。しかし、それを一気に逆転させるテクニックです。

それはサプライズをすることです。今までの態度はサプライズをするためだったんだよって思わせることです。

人妻と不倫セックスをするときは必ずホテルで

一人暮らしの男性なんかですと、ついついホテル代をケチって自宅に呼びたくなってしまうものですが、人妻は絶対に自宅にあげてはいけません。

こちらの自宅を把握されるというのはこの上ないリスクです。

トラブルに巻き込まれてしまった場合、最悪引っ越しを余儀なくされる場合もあり得ることでしょう。

人妻と会うときは必ず人の多い繁華街にしておきましょう。相手だって秘密の関係なのですから、人気のない静かな場所で会うよりも、賑やかで混み合っている場所のほうが逆に安心するものです。指名手配犯などは山奥や田舎にいることはほとんどなく、多くの場合は都市部に潜んでいるそうですから。目立ちたくないなら人ごみに紛れるのが一番ということですね。

ラブホテルを選ぶ時も、最初くらいはオシャレなホテルにしてあげると喜びます。最初からいかにも安上がりでボロいホテルだと、いくらセックスに飢えている人妻でもちょっと冷めてしまいますからね。逆に、もう何度も会ってセフレ状態になっているのならコスパ重視の安いホテルで十分です。

もし、あなたが平日の昼間に時間を作れる人でしたら、午前中からフリータイムでラブホテルにはいって半日ずっと入り浸るという遊び方も楽しいですよ。どうしても人妻というと時間に追われてせわしない会い方になってしまいがちですが、夕方くらいまででしたらけっこう自由だったりします。しばし、時間を忘れて思いっきりセックスしまくるもよし、枕を並べて恋人同士のように寝てみるのもいいでしょう。

ただのセックス相手として人妻と遊ぶよりも、たまにはそういった恋人同士を思いおこさせるような演出をしてあげると長続きするものです。何だかんだ言っても人妻はドキドキする刺激を求めていますからね。セックスだけでは刺激も薄れてきた頃合いに、そういった恋人同士のようなサプライズをしてみるととても喜んでくれるものです。

ファッション

不倫がバレるときはたいてい身の回りの変化から気づかれます。よくあるのが服装が派手になったり、香水をつけだしたりなどです。

ばれずに不倫をするには服装から気づかれないことです。異性の目を気にしていない服装にすることです。異性に受けの良さそうなファッションをしていると、この人何かあるなと疑われ不倫がバレるきっかけになってしまします。

男性は女性に比べファッション雑誌を読んだり服屋の店員のアドバイスを聴いたりしません。なのでコーディネートが変わると誰か着る服を選んでいる人がいるなと怪しまれてしまいます。プレゼントで服をもらった場合はその服を見つからないように隠しておいて不倫相手と会うときだけ着て普段はバレない所に隠しておくと良いです。

服を買いに行く時は夫婦で買いに行き妻に選んでもらってください。それならば服装から疑われることはありませんので安心です。服装は自分では気にならなくても相手はよく見ているので注意してください。

自分のステータスが変わった時に不倫をする

不倫はなぜばれてしまうのでしょうか?

生活の乱れ、奥さんに対するコミュニケーションの乱れが目につき疑われるからです。不倫を成功させるカギは奥さんにいかに疑われないかにかかっています。

生活の乱れに関しては突然飲み会の頻度が増えたり、残業、泊りの仕事が増えたといったような生活の変化と言い換えることができます。ではどうすればいいのか?

だから、自分のステータスが変わった時の不倫はバレにくいのです。

たとえば、会社員だったら出世したり、人事異動でいままでと違う職場になった場合などですね。

ステータスが変われば今までと生活習慣が変わっても疑われることがありません。もしステータスが変わったら急いで不倫しましょう。その生活に慣れてからなんて言ってたら疑われる可能性が上がります。早め早めに不倫することをお勧めします。

バレずに不倫する方法まとめ

不倫は人妻と魅力的なセックスができる魅力がありますが、バレてしまうと大変な事態に発展しかねない行為。

ですが、リスク管理をしっかりすれば危険もなく、濃密なセックスライフを楽しめます。

また、こういったリスク管理は出会い系コンテンツでも役立ち、幅広い女性と関係を持ちやすくなるという武器にもなるのです。

バレないための不倫術を習得し、出会い系コンテンツで人妻とガンガン不倫関係を楽しんでいきましょう!

不倫調査の現状

近年、不倫調査の手口は年々進化し、スマホや電子機器まで活用し始めています。

不倫を楽しむためにはバレないのが大前提、隠し通してこそデキる男の嗜みです。

あなたの嫁が不倫調査をするかもしれません。

人妻の旦那が不倫調査をするかもしれません。

その両方の可能性を頭にいれておいてください。

ここからは、最新不倫調査の現状とその対策についてご紹介します。

これらの危険性を不倫相手の人妻にも教えてあげてください。

スマホのアプリを利用した不倫調査

不倫が発覚するきっかけで1番多いパターンが、スマホや個人用PCの連絡履歴。

スマホやPCメールは不倫相手との唯一の連絡手段、通話履歴やラブラブなやり取りを削除し忘れて嫁に見つかってしまう……なんてケースが非常に多いです。

最近では、TV番組で不倫・浮気調査アプリが紹介されたことで話題になり、スマホにこっそり仕込むというのが流行っています。

  • Prey Anti Theft
  • ケルベロス
  • Suica Reader

など、本来は防犯用として開発されたアプリも、使い方次第では不倫調査にも大活躍。

使い方はスマホにインストールするだけと簡単で、対象のスマホを遠隔操作やGPSによる位置特定、お財布ケータイの残高チェックなどやりたい放題できるのです。

GPS

こんな感じで現在地が表示されてしまいます。

他にも、通話・メールの削除履歴の確認ができるアプリもあるので、昔みたいに嫁が定期的に携帯の中身をチェックしなくても不倫がバレる時代になってしまいました……。

ネットでも使い方や活用法を紹介しているサイトは多いので、「嫁はスマホチェックをしない」「機械に疎いから大丈夫」と安心していてはいけませんよ。

スマホでの不倫相手との通話・メール履歴はしっかり削除し、必要であればPCに転送。

履歴を保管する場合はPCのHDD内に保管するのではなく小型のUSBメモリーに保存、常に持ち歩くか嫁の手が届かない会社に置いておくのがベストです。

スマホやPC内に見知らぬアプリがインストールされている場合は、まず調べましょう。アプリ名で検索すればすぐに分かるので、不倫・浮気調査アプリの疑いがある場合は削除。

また、アプリを見つけることで『怪しまれている』というのが分かるのを利用し、しばらく不倫相手との連絡を断つというのも存在をカモフラージュできておすすめです。

調査アプリはどんどん新しいものが出てくるので、不倫をしているのであれば定期的にこういったアプリの情報収集することをおすすめします。

財布の中身から不倫発覚?!

財布には金銭やクレジットカード、レシートなどが入っていますが、これらも不倫調査になるので油断せずしっかりと管理する必要があります。

「飲み会以外でお金を使う」「クレカの利用履歴がおかしい」など、用途不明な出費から不倫相手の存在を匂わせてしまうのがよくあるケース。

レシートや領収書を見られてしまえばお金を使った場所や日時、人数がバレてしまい、メニューや商品から相手が異性であることまで見抜かれる恐れも。

財布はスマホと違ってロックできないので、嫁にいつチェックされているか分かりません。

また、毎日気軽にチェックできてしまうため、些細な変化を感じすいという特徴もあります。

他にも、普段行かない店のポイントカード、デートで購入したチケットがきっかけになることもあるので、不要なものはいつまでも入れておかない方が良いでしょう。

財布の中身やクレカの利用履歴をチェックされてしまっては、迂闊な行動はできません。

不倫相手との交際費は会社の飲み会や接待として誤魔化すのがベターであり、突発的に起こるイベントなので嫁にも説明しやすいのが魅力的。

不倫相手と行った店のレシートは溜めこまずにすぐ捨て、ポイントカードも証拠になるのでむやみに作らないのがベストです。

また、財布の中身をチェックされるのであれば、“財布の中にないお金”を使えばトラブルも回避できます。

つまりはヘソクリで嫁が把握していないお金を使う!

出費を気づかせないというのも立派なテクニックであり、隠し財布や口座の活用もおすすめです。

「仕事で遅くなる」などと言い訳すれば、時間の誤魔化しはできるので問題ありません。

普段何気なく使っている財布にも不倫や浮気がバレるきっかけは沢山詰まっているので、定期的に整理することを心がけましょう。

高性能の不倫発見グッズにも要注意!

Pro-Gps

スマホを利用したGPSアプリ以外にも、GPS機器を直接仕込んで調査する嫁も存在します。

これもTV番組で取り上げられたのをきっかけに話題になり、通勤用の車やバッグにGPS機器を取り付ければ旦那の行動から不倫相手や行動パターンを調査できるのです。

最近のGPS機器は非常にコンパクトで、価格も安いものは3,000円から購入できます。

他にも、不倫調査に役立つアイテムは沢山あり、小型のカメラやボイスレコーダーを使って嫁が留守のときの旦那の行動をチェックするなんて方法も。

コンパクトで長時間の録画・録音機能を持ったグッズもあるので、「嫁が旅行で不在の間に…」と不倫相手を自宅に呼んでしまえば最後、言い逃れできない証拠になります。

ここまでする嫁は少ないかもしれませんが、こういったグッズや活用法がある以上はしっかりと知識と対策法が必要です。

最新技術と結託した鬼嫁、その魔の手はどこに潜んでいるかわからないので気をつけましょう。

GPS機器は取り付けることで相手の行動を把握できる反面、どうしようもできない欠点も……。

それは、対象に直接取り付けなければならないことであり、それは嫁にも限界があります!

GPS機器や小型カメラ、ボイスレコーダーは本人に取り付けなければ意味はなく、自宅や通勤車に仕込んだとしても、そこで証拠がなければ無意味です。

不倫相手と会うときは車を使わない、自宅でセックスはしないなど、嫁の手が届かない範囲で行動すればそういった電子機器に怯えることはありません。

また、あなただけではなくて、相手の人妻にもGPSがとりつけられていないかは確認してもらいましょう。

仮に、バッグや衣類に仕込まれていたとしても発見は容易く、突きつければ機器の利用を止めさせることは簡単でしょう。

高性能で便利なアイテムですが、こういった抜け道もあるのでいざという時のために覚えておくことをおすすめします。

私立探偵によるプロの不倫調査

私立探偵による不倫調査

旦那の不倫調査を私立探偵に依頼するケースがあり、捜査・相談件数も結構多いようです。

あるいは金持ち旦那は、頻繁に探偵を雇って浮気調査をしているかもしれませんね。

私立探偵の調査方法はGPSによる追跡、捜査員による尾行、証拠写真・動画の入手など、依頼内容や金額によって色々違ってきます。

さらに、私立探偵はその分野においてのプロフェッショナル。

そのため、GPSの取り付けや尾行を察知するのは難しく、素人にはまったく分かりません。

自分が調査されていることに気づけず不倫相手と会ってしまう……そうなれば探偵に決定的な証拠を抑えられてしまいアウト。

運良く会わなくても対象の時間ごとの行動経路について詳しく報告されるので、不倫相手の存在がバレるきっかけになる恐れもあるのです。

プロの探偵に依頼されてしまってはお手上げ状態、素直に大人しくしているのが無難です。

その前に、“自分が調査されていること”にすら気づけない恐れもあるので、日頃から不倫相手の存在をカモフラージュし、嫁に怪しまれないようにするしかありません。

私立探偵への不倫調査依頼料金は安くても3~5万からで、内容や期間によっては20~70万円以上かかるところもあるようです。

調査期間も依頼内容や目的によって違い、約1週間~1ヶ月程度。

嫁の様子がおかしいと感じたら、不倫相手と会うのはしばらく自粛しましょう。不倫相手の人妻にも「旦那が探偵を雇うような危険はないか?」を確認しましょう。

調査期間を乗り切ってしまえばしばらくは安心して不倫を楽しめるはずです。

昔であれば、携帯電話の履歴やホステスの名刺から発覚するケースが多かったですが、スマホの普及や電子機器の性能向上によって不倫のチェック方法も進化しています。

古い知識だけで欺くのは難しいので、常に新しい情報や対策を取り入れるのが大切。

不倫はスリリングで魅力的な行為ですが、バレてしまっては何の意味もありません。

出会い系で不倫を楽しむためにも、嫁を出し抜く術は多く身に付けておきましょう!

不倫バレのリスク【慰謝料・離婚】

ここからは、さらに不倫バレ恐ろしさを知っていただくために不倫バレのさまざまなリスクをまとめました。

一昔前に比べると不倫をラフに考える方も増えてきており、特に罪の意識もなく軽い気持ちで不倫をしている方も意外と多いかと思います。とはいうものの不倫は本来やってはならないご法度な行為であり、不倫をする事であなたの家族や財産などに大きなリスクを与える事ももちろんあります。

ここでは、そんな不倫がばれた場合に発生するリスクや被害についてまとめていきます。

不倫は犯罪ではないが慰謝料が発生

まずはじめに、法律上では、「不倫」や「浮気」という表現はそもそもありません。不倫を取り締まる明確な法律はないのです。

だから、不倫をすること自体は犯罪にはならず、不倫をして懲役刑や罰金などの処罰が下される事は基本的にはありません。(ただし、不倫相手に強姦など、犯罪に当たる行為をすれば、もちろん処罰の対象となります。)

しかし不倫をすると、あなたの妻、また不倫相手の夫に訴えられ裁判に突入する事があります。

この場合も不倫は犯罪ではないので国から懲役刑や罰金が科せられる事はありませんが、その代わりに「慰謝料」という名目の罰金は発生する事があります。

とくに金持ちな人妻の夫はエリート。弁護士を簡単に用意するし、慰謝料請求は徹底的におこなうでしょう。

裁判所にてあなたの行った不倫の内容をもとに審議が行われ、慰謝料をどの程度の額にするかが決まります。不倫の慰謝料がどの程度になるかは行った不倫のレベルによります。全く慰謝料が発生しない事もあれば、肉体関係も含んだ濃い不倫を長年続け相手家族を離婚に追い込んだ場合などは数百万円レベルの慰謝料が発生する事もあります。

離婚になるケースも

不倫をすると様々なリスクが生まれてきますが、その中でも特に大きいリスクが「離婚」です。

離婚は、お互いの考えが合わなくなった、別の人生を歩みたくなったなど考え方の違いで起きるケースが最もポピュラーです。こういった場合はお互いの合意の下穏便に行われる「協議離婚」という形になりますので、手続きも簡単であり親権争いなどで有利不利もおきにくいです。

一方で不倫による離婚となると、なかなか協議離婚にもっていく事はむずかしく「調停離婚」や「裁判離婚」といった裁判所を通した離婚となる事が多いです。調停離婚や裁判離婚の場合、手続きも苦労しますし弁護士などを雇う必要もでてくるため余計な諸費用も発生する場合があります。また、基本的には不倫をした方が不利な立場となるため、子供の親権が得にくかったり、別途慰謝料を上乗せされるリスクもあります。

家族に迷惑が掛かる

不倫をすると、たとえ離婚に至らなくても、家族に多大な迷惑をかけます。不倫をする事であなたの妻は辛い重いをする事となり、人によっては心を壊し精神病などなる方もいます。特に女性の場合は不倫による心のダメージが大きい傾向がありあす。

子供がいる場合は、あなたの子供にも害を及ぼします。親の不倫を目の当たりにして育った子はどうしても心が屈折しやすいですし、大人になった時に親と同じように不倫をしてしまい人生を台無しにしてしまうこともあります。特に思春期など多感な時期の親の不倫は、子供への悪影響が大きくなりやすいです。

また、不倫がバレるとあなたの両親や兄弟、また妻の両親や兄弟との関係も悪くなります。いくら謝っても不倫をしたという事実は消えないため、その後肩身の狭い重いをしながら親族と関わっていかなくてはならない訳です。

職場での信用を無くす

例えば、職場の同僚と不倫をしてしまった、職場のツテで紹介された人と不倫をしてしまった、不倫によって離婚をしてしまった等の場合は、あなたの職場にも不倫の事実が漏れ広がってしまうことがあります。

前述もした通り不倫は犯罪ではないため、不倫をしたからといって今の仕事を解雇されたり謹慎が下される事はありません。とはいえ不倫をよく思わない方は多数おり、不倫をした事によりあなたへの信頼や信用が大きく下がる事は十分にありえます。特に普段は真面目な方や、お堅い職場で働いている方の場合、不倫がバレた事による信頼や信用の低下はより大きくなります。

それが原因で働き難くなり成果が落ち結果給料が下がることもありますし、最悪の場合、職場に居づらくなり自主退職に追い込まれる事もあります。

危害を加えられる

不倫は、周囲の人間に大きな怒り、苦しみを与えます。そして人によってはその怒りや苦しみが度を超えたときに、頭のネジが外れ危険行為を起こす人もいます。例えば不倫に怒り狂った妻が包丁を向けてくる、不倫に怒り狂った不倫相手の夫がバットをもって乗り込んでくるなどですね。

不倫によるダメージは計り知れないため、時にはそんなドラマのような展開になり、あなたの身に危険が及ぶ事もあります。実際にこういったトラブルは全国各地で常々おきており時には殺人事件などに発展してしまうケースもあります。

不倫がばれた場合に発生するリスクまとめ

いかがでしでしょうか。

「不倫なんて気にしない」、「一度や二度の不倫ぐらい仕方ない」と考える人もいますが、不倫を大問題と考える方も勿論おり、それが今回ご紹介したような様々なリスクに発展していく事もあります。

出会い系サイトなどで不倫を楽しむ場合は、今一度こういった不倫のリスクも理解した上で行動したいところです。

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

現在、大手出会い系サイトでは、逆援助交際関連のメッセージは禁止されています。逆援助交際をするなら逆援助専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

こちらではわたしがオススメする逆援助出会い系サイトをランキング形式でまとめました。ぜひごらんください。

10 逆援助交際の危険
出会い系の逆援助交際(ママ活)という副業