逆援助交際が一般的になった理由

みなさま、はじめまして。石田浩次といいます。42歳のアラフォーです。

結婚していますが、今日もセレブ人妻との逆援助を成功させるべく、出会い系サイトで頑張っています。

そして逆援助セフレを3人キープしています。今はその3人のうち、飽きてしまった人妻を捨てて、次の出会いを探しているところです。

逆援助交際が一般的になった理由
3人の逆援助セフレを作ろう
わたしが逆援助交際を始めたばかりのころは、馬鹿正直に一人の女性に尽くしていました…… 初めて契約してくれたセレブ女性ということもあって、何でも言うことを聞きましたし、すべてにおいて優先させてきました...

ちなみにわたしはチビ・デブ・ハゲの三重苦です。でも、それでも、素敵な出会いを日々繰り返していますし、セックスに困ることもありません。

信じられませんか?

そんなみなさまのために本日は逆援助交際が一般的になった理由をお話します。

逆援助交際が一般的になった理由

わたしがはじめて逆援助交際を知ったとき

わたしが逆援助交際を初めて知ったのは、出会い系の迷惑メールからでした。

富豪の夫をなくした未亡人から

逆援助交際が一般的になった理由

寂しさをお金で埋め合わせたい。謝礼として1000万円を支払います。

というメールが来たんです。ひと目で嘘だとわかる迷惑メールでした。

しかし、今となっては逆にそのメールを信じてしまうかもしれません。わたしは実際に逆援助交際を経験することで、世の中には本当に「お金で寂しさを埋めたい」と考える女性がいることを知りました。それも、決して少なくない数の女性が、です。

そもそも、「なぜ逆援助交際が成り立つのか?」がわたしは不思議でなりませんでした。

それまでのわたしの価値観といえば「男性が女性にお金を払ってセックス」をすることが当たり前であり、その逆はありえないと思っていたのです。

よっぽどのデブやブスを覗き、人並み程度のルックスやスタイルであれば、わざわざお金を払わなくても、ヤリたいと思ってくれる男はたくさんいるのだから、わざわざお金を払う必要なんてないだろう? と。

しかし、それはあまりにも浅はかな考えだったと言わざるを得ません。

彼女たちはセックスがしたいのではないのです。セックスを通じて、心の寂しさや隙間を埋めたいだけなのです。

女性が男性を買うことは恥でありタブーだった

風俗店やアダルトビデオといった男性向けの性サービスとてつもなく充実しているのに対し、女性向けの性サービスはあまりにも充実していません。

ホストクラブは女性が男性を買う構図ではありますが、あくまでも飲食店であり性的なサービスは基本的に付属していません。

男性に対しての風俗店のような、いわゆる「ヌキ」がある性サービスと同等のものが、女性向けにはほとんどないのです。

逆援助交際が一般的になった理由

それは日本において女性蔑視の文化が根強く残っているからなのかもしれませんね。

女性が性欲をもつことは恥ずかしいことである、とされる風潮が昭和以前の時代には間違いなくありました。

日本では「女性は家庭を陰から支えるべき」という信仰のような考えがまだまだ根深く、女性の社会進出を阻んでいると言われています。

そんな背景もあって、女性向けの性サービスというのは潜在的な需要に対して、供給が追いついていないのです。

だからこそ、逆援助交際が成り立つわけですね。

「逆援助交際なんてウマい話があるわけない! サクラの嘘っぱちだろう!」とかたくなにその存在を認めない人もいるのですが、そういった人こそが女性を蔑視して抑圧しているのかもしれませんね。

ハッキリ言ってしまいましょう。

逆援助交際があり得ないと言い切れる男性は「女性が性欲を持つのは卑しいこと」という前時代的な考えが染み付いている老害である、と。

もうそんな古い考えは捨てませんか? 女性だって性欲を感じるし、お金でそれを解決したいと考えているのです。そんなの男性だって同じじゃないですか。

それに、いまは全体的な流れとして「女性が男性を買ってもおかしくない」と考える風潮が出来はじめているのです。

世の中は女性の性欲を認める流れになっている

みなさんは「LGBT」という言葉を聞いたことはありますか? ここ2~3年でやたらとニュースで目にするようになったので、ご存知なかたも多いと思います。

LGBTとは「レズ」「ゲイ」「バイ」「トランスジェンダー」という性的趣向や立場を示す言葉の頭文字を並べた言葉であり、そういった性的少数派(セクシャル・マイノリティ)の人権を守ろうという意味が込められています。

人それぞれ色々な考えがあるとは思いますが、全体の風潮としてこんなものを感じませんか? 「LGBT」を認めないのは時代遅れであり、かっこ悪い! という空気を。

明確なポリシーがある人はともかく、なんとなくそういう風潮に流されて「そうだね、LGBTは守らなきゃね!」とよくわからないまま認めてしまっている人は多数いると思います。

これと同じことが、女性の性欲に対しても起こりつつあるのです。

一昔前には「肉食系女子」なんて言葉が流行りましたよね。あれはその先駆けと言えるでしょう。女性だってガツガツしていいんだ、積極的にセックスを求めてもいいんだ、と多くの女性が勇気づけられたことでしょう。

実際、その言葉が流行った頃は出会い系に登録する女性が急増したと言われています。そこには「みんながやっているなら、わたしもやろう!」という日本人らしい気質もあったのかもしれませんね。

そして、これと同じことが逆援助交際に起こったとしても、なんらおかしくないのです。

「みんながやってるなら、わたしも逆援助交際をやってみたい!」と、カジュアルな存在になる可能性は十分にあると思っています。

女性向け風俗の需要が増加しています

なぜ逆援助交際が流行りそうかと思うかと言えば、今はまだ女性が性欲を解消できる表向けのサービスが極わずかしかないからです。

性的なサービスに直接結びついているのは「デリバリーホスト(出張ホスト)」か「性感マッサージ」くらいのものです。

性感マッサージというと、よくアダルトビデオの題材にもなっていますよね。個室で二人っきりになって、女性の体をまさぐっているうちに感じてきてしまい、そのままエッチ……。なんていう流れがお約束です。

逆援助交際が一般的になった理由

実際にこういうお店もあるんです。絶対に需要はありますからね。

彼だけじゃ満足できない…アラサー女性の性欲、どう発散してる?Kさん(30代前半)は、性欲の解消について頭を悩ませている女性。

彼氏はいるものの、ふとしたときに人恋しくなってしまうときがあるようです。

「風俗などを利用してお金で性欲を解決できれば、と思うのは男性だけではないと思います。

どうしても人恋しい、欲求不満だというとき、出会い系とか使って知らない人と会うのは怖いし、かといって知り合いに“しよう”とも言えないし。セフレを作って彼との仲に不和が生じるのも困るし……」

これまでに紹介したビッチちゃんではリスクをとってでもセックスがしたいという女性はいましたが、実際に行動に移せる人は多くはありません。

彼バレはもちろん、性感染症や妊娠、心身の危険が伴います。

そんなときに、彼女はイケメンだけが施術してくれるマッサージ店を見つけたそうです。

「そこはオイルの施術もあるお店なので、イケメンに肌に触れてもらえて、さらに癒やしにもなるんだったらちょうどいいと思って。

予約をしてお店に向かっているときに、ネットで調べていると『こっそりエッチしてくれる』っていう書き込みがあったんです!それで緊張してきちゃって。

でも実際はそんなことなくて、ちょっと手を握ったりイチャイチャサービスがあるだけの普通のマッサージ。期待して損しちゃいました(笑)」

逆援助交際が一般的になった理由
彼だけじゃ満足できない…アラサー女性の性欲、どう発散してる? - デイリーニュースオンライン

客層としてはやはり30歳から40歳くらいの女性が多いのかもしれませんね。女性の性欲のピークは30台半ば頃に迎えると言われています。

実際、わたしが逆援助交際でお相手をしてきた女性もそれくらいの年齢の女性が多かったですから、実体験としてもうなずけます。

近くにこういった店舗があれば、それを利用するという選択肢もあるでしょう。しかし、都市の中心部以外でこのようなニッチなサービスが継続してやっていけるとはとても思えません。

需要があるのは間違いないのですが「女性向けの性サービス店がある」事自体を知る機会があまりありませんし、まだまだそういうお店を利用するのは「恥ずかしい」という気持ちになって二の足を踏んでしまうのでしょう。

お店を利用する勇気がなかったり、お店が近くにない女性は、自然と逆援助交際に手を出すことになります。

出会い系を使えば素敵な女性とたくさん出会える

逆援助交際が一般的になった理由

出会い系サイトを使えば、セレブ人妻とたくさん出会えるんですよ。

逆援助交際が一般的になった理由
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
わたしは、逆援助交際で、複数の女性と定期的にセックスをして、お金をもらっています。 わたしには、何のとりえもありません。チビだし、ハゲはじめた40代のオジサンです。そんなわたしでも、出会い系サイトを利用することで逆援助交際を成功するこ...

ぜひ、みなさまにも、こういう出会いを経験して欲しいと思い、このサイトを立ち上げました。

出会い系サイトを、まだ一度も利用したことがない人は、あまりいいイメージを持っていないかもしれません。

人から聞いた話やニュースなどで見た印象だと不安が強まるばかり。

サクラに騙されて金を無駄にしたり、出会い系で知り合った男女がトラブルになり警察沙汰になったりなど……。表に出てくるのはそういう話ばかりですからね。それもそのはずです。なにせ、出会い系でおいしい思いをしている人は、おおっぴらに言いふらしたりはしないのですから。

わたしも逆援助交際で生活しているにもかかわらず、それを他の場所で発言したりすることはまずありません。信じてもらえないだろうし、言う必要もありませんから。

詐欺師が「これをこうすれば絶対儲かりますよ!」なんて言いますが、「それならなぜそれを自分でしないのか?」と思ったりしますよね。それと同じで、本当においしい儲け話というのは人に教えたりせず、黙っているものなのです。

それは出会い系も同じこと。出会い系で女性と会ってエッチを楽しんでいるような男性は、ライバルが増えるのを嫌がります。人が増えれば、それだけ自分のチャンスがわずかながら減るわけですからね。

「いい話」は基本的には表に出ず、「悪い話」ばかりが表に出てきてしまうため、怖いイメージだけがついてしまうわけですね。

こういう仕組みになっているから、怖い話ばかりになるというだけであって、わたしのように甘い蜜を吸っている男性も少なからず存在するということは事実なのです。

逆援助は現実の出来事です

逆援助交際が一般的になった理由

逆援助交際は現実の出来事です。

しかし、一般的にはそう思われていません。

これはなぜなのでしょうか?

「女性とセックスが出来てお金をもらえる」なんていう夢物語が現実に起きているのですから、本来であれば男が殺到してもおかしくありません。

幸か不幸かわかりませんが、一昔前の出会い系では「逆援助交際をもちかけるサクラ」が大量発生しました。それこそアホみたいな数の「逆援助を希望する女性」が作り出されました。

そして、それを上回るアホみたいな数の「サクラに騙される男性」が続出しました。わたしもそのうちの一人なのですが、当時の惨状はそれはもうひどいものでした。

「会ってくれたら現金で100万円あげるから」という甘すぎる言葉を鵜呑みにし「100万円もらえるならサイトの利用料金を数万円くらい払っても元が取れるな! 大儲けだ!」と、喜び勇んで出会い系サイトにお金をつぎ込む男が後を絶たなかったのです。

そんな逆援助ショックの反動で、世の男性たちは「逆援助交際なんてサクラの手口」という強烈なイメージを植え付けられます。「逆援助交際」で検索をしても、サクラだの詐欺だのとネガティブなワードばかり出てきますからね。

しかし、現実として逆援助交際は存在します。それは間違いありません。実際に逆援助交際で生活をしているわたしが生き証人です。

みなさんも「出張ホスト」という職業を聞いたことがありますよね。女性からの依頼を受けて、デートやセックスなどの「幸せな時間」を奉仕するというサービスです。この仕事内容……そのまんま逆援助交際だと思いませんか?

もっとカジュアルなところでは「ホストクラブ」があります。イケメンで話術に長けた男性たちが、女性をもてなすサービスです。これも半分は逆援助交際のようなものでしょう。

女性がお金を払って男性を買う。

この構造は出張ホストもホストクラブも逆援助交際も変わりません。出張ホストはともかく、ホストクラブは珍しくともなんともないですよね。故に、逆援助交際も存在するのです。

この流れは今後も続いていくと思われます。

逆援助交際は一部のセレブ人妻だけが行える上級のお遊びではなく、一般市民も楽しめるカジュアルな娯楽として広がっていくことでしょう。

これまで、性産業の従事者(セックスワーカー)といえば女性がほとんどでした。しかし、いまは男女平等が声高に叫ばれる時代です。

そうであるなら、セックスワーカーだって男女平等に参入できるようになるべきだとは思いませんか? 現に、この流れは少しずつはじまっていると感じています。

つまり、わたしは時代のパイオニアであるとも言えるかもしれませんね。

世の男性は「女性はお金で買うもの」という固定観念にとらわれている

逆援助交際が一般的になった理由

出張ホストやホストクラブのように、世の中には女性がお金を払って男性からのサービスを受けるお店が数多く存在するにもかかわらず、逆援助交際に関しては「あり得ない」と断じてしまう男性が多いのはなぜでしょうか?

それは、多くの男性が「女性はお金で買うもの」だという固定観念にとらわれているからです。

男性がお金を払って女性からのサービスを受けるお店は数多く……どころか、めちゃくちゃ多いです。女性向けの数倍どころか、数十倍ものお店があることでしょう。

需要と供給のバランスでいえば、男性が買い手であることがほとんどで、女性が買い手となることは稀なのです。

そのため、全体のイメージとしては、どうしても「男性が女性を買う」という構図が強くなってしまい、「女性が男性を買う」ことが想像しづらいことになってしまいます。

超高級レストランにいくと、お水さえも有料だったりします。一般的なレストランでは無料で出てくるお水やお茶に慣れていると、とてもじゃないですが信じられないですよね。

「水は無料で飲めるもの」

という固定観念にとらわれているとも言えるでしょう。でも、現にお水が有料になっている超高級レストランだって実在するのです。数は少ないですけどね。

超高級レストランという普段あまり縁のないところで行われている行為ですから、一般的な常識ではなかなか理解し難いものがあります。

しかし、普段から超高級レストランをよく利用している富裕層にとっては、当たり前のことでしかないでしょう。

逆援助交際はそれと同じようなものです。

「女性はお金で買うもの」という固定観念にとらわれている男性は、どうしても「男性がお金で買われる」ということを信じられません。

しかし、普段から逆援助交際をよく利用している富裕層にとっては、それが当たり前のことなのです。

一般人から見て富裕層の考えや価値観が理解できないのも当たり前のことです。大事なのは、実際に逆援助交際がおこなわれているという事実です。

逆援助交際の真実に気づいた人から、おいしい思いをしている

それでもまだ、サクラがばら撒いた逆援助交際へのネガティブイメージは根強く、逆援助交際が本当にあると知っている男性はほんの僅かでしょう。

そんな土台があるからこそ、ちょうどいいバランスで逆援助交際が成立しているという皮肉な話でもあります。

もし、逆援助交際が当たり前の存在として一般男性に認知されてしまえば、とんでもないことになるでしょう。一人の女性に対して男性が何百、何千人と殺到するかもしれません。

逆援助交際が一般的になった理由

逆援助交際なんて嘘っぱちでしょ

と考えている男性が多い今だからこそ、適度なバランスで逆援助交際が成り立っているのです。

いつかこのバランスは大きく崩れるものだと確信しています。インターネットやSNSが発達したいま、こんなおいしい情報を隠し続けられるわけがないのです。

一般男性が殺到し、逆援助交際の適度なバランスが決壊してしまうのはいつになるのか……。それは5年後かもしれないし、1年後かもしれないし、3日後かもしれません。

間違いないのは、すでに始めている人か、今からすぐ始めた人だけが得をするということです。

いつの時代も損をするのはノロマな人間です。わたしも昔は要領が悪い上に疑り深く、なかなか行動しないという「愚図のノロマ」でした。

そんな自分に嫌気が差し、一念発起して逆援助交際を始めてから、はや2年が経ったと思うと、感慨深いものです。

逆援助交際はわたしに多くのものをもたらしてくれました。金銭的なものはもちろんのこと、一番大きかったのは「自信」をつけることができた事ですね。

お金を払ってでも自分を必要としてくれる人がいるという事実は、自分を肯定してくれているなによりの証拠でした。

わたしと同じような境遇にいる人ほど、逆援助交際を始めてほしいのです。人生が変わるきっかけが今そこに落ちていることに、気づいてください。

ママ活ブーム

それに最近は「ママ活」がブームになっています。

「ママ活」とは、「男性が女性とデートや食事をしてお金をもらうこと。

逆援助交際が一般的になった理由
ママ活ブームに便乗して逆援助交際を始めよう
ママ活ブームですね。 みなさん、ママ活を知っていますか? ママ活っていうのははっきりいって援助交際と同じです。 そして、現在のママ活のトレンドをおさえることで、逆援助交際が一気に簡単になるんです。 そんなわけ...

これはまさに逆援助交際そのものです。

逆援助交際を信じられないということで、手を出さないでいるうちに、どんどん逆援助交際は着実に世の中に浸透していっているんです。

古い考えに固執し続け、月に休みなく30日ずっと毎日スーツをきて朝から晩まで働き、サービス残業をしてまで会社に奉仕をして、やっと20万円程度の給料をもらう生活を続けるのもいいでしょう。

しかし、どうせならそんなブラック会社に奉仕するより、月に休みがありまくりで働く日はわずか7日程度。寂しい思いをしている女性に奉仕をして30万円の給料をもらったほうがよっぽどいいと思いませんか?

わたしは正直、サラリーマンの人たちを見下しています。それは過去に自分が使い捨てされたサラリーマンだったからこそ、そう思うのかもしれません。

女性とセックスをしてお金を稼ぐ。わたしはそのお金で生活をしていることになんの後ろめたさも感じませんし、むしろ先進的でカッコイイとすら思っています。

これだけおいしい思いができるのも、今のうちだけかもしれません。はじめるならライバルが少ない今が絶対にチャンスですよ。

セレブ人妻が求めるもの

逆援助交際が一般的になるとはいっても、セレブ人妻がもとめるものがわかっていなければ、成功(性交)することはできません。

セレブ人妻が求めるものは何なのか……あるいは、どうすればセレブ人妻に気に入ってもらえるのか?

逆援助交際が一般的になった理由

まったく検討がつかない

とお悩みの方は多いと思われます。

明らかに住む世界が違う人間。そして、こちらはほどこしを受ける側である。そんな条件が重なれば、誰だって萎縮してしまいますよね。

必要以上に敬語を使ってしまったり、「僕なんかのために」と卑屈になりすぎてしまうことは、セレブ人妻たちを傷つけてしまうことにもつながりかねません。

腫れ物に触るようなビクビクした態度で接されてしまうと、彼女たちは安心できないのです。求めているものは安らぎであったり癒やしであったり、日々の疲れやストレスをほぐしてくれる相手なのですから。

逆援助交際のコツは、セレブ人妻が求めているものを与えてあげるだけなのです。

では、セレブ人妻はいったい何を求めているのか?

芸能人が一般人と結婚する理由に、その秘密が隠れているのです。

芸能レポーターの井上公造さんは、その理由を「家でゆっくりと安らげる時間が欲しいから」と分析しています。

人気俳優はなぜ一般人と結婚するの…芸能界の大疑問 日経エンタテインメント!

異性のファンが多いタレントの場合、一般人と結婚するほうが望ましいと言われています。

(中略)

芸能界というのは1番になりたい人が全国から集まってくる場所です。芸能人がお嫁さんになった場合、自我を消せないことが多く、旦那さんを支えたり、縁の下の力持ちになりきれなかったりするパターンも数多く見られます。

西島秀俊さんや伊藤英明さんにしても、それなりの年齢での結婚ですよね。彼らは結婚と恋愛が別だということが分かっているはずです。長い芸能生活の中で、 女優の負けん気の強さなどを見てきているでしょうしね。一緒に連れて歩きたい女性ではなく、家でゆっくり安らげる相手を選んだということもあるかもしれま せん。

逆援助交際が一般的になった理由
人気俳優はなぜ一般人と結婚するの…芸能界の大疑問|エンタメ!|NIKKEI STYLE
テレビ、映画、CM、芸能界…これっていったいどうなっているの。いつも私たちを楽しませてくれるエンタテインメント(エンタ)業界には疑問がいっぱい。そこで日経エンタテインメント!編集部が関係者に直接取材したり、データを集めたりして、独自に調べま…

セレブ人妻だって、逆援助交際をはじめる動機としては同じようなものです。時にはフラットな立場で友だちや恋人のように接してくれる存在、安らげる時間や空間がほしいだけなのです。

普通の女の子のように接してあげると、セレブ人妻は喜んでくれることが多いです。中には「わたしをあがめたてまつりなさい! アナタは尻尾を振ってればいいのよ!」なんて人もいますが……まあ、かなり稀なケースですよね。

セレブ人妻たちがなにを求めて出会い系に来ているかといえば「癒やし」というワードが一番近いかもしれません。

稼ぎは良くても家を空けていることが多い旦那。家にずっと一人でいると当然ながら寂しくなるし、気が滅入ってしまうことでしょう。そんな心の隙間を、逆援助交際という手段で埋めたくなってしまうのも無理はありません。

男性側がすべき事はセレブ人妻の寂しさを埋めてあげること。寂しさを埋めるのに一番適しているのがセックスであるというだけのことであって、セレブ人妻はセックスそのものが目的ではないのです。あくまでもセックスは手段でしかない、という認識を持つことが大事です。

普通の女の子として接するのは難しい

いくら普通の女の子として接するといっても、なにもフランクに馴れ馴れしく接すればいいわけではありません。あくまでも、逆援助交際ではセレブ人妻のほうが立場は上なわけです。

それを踏まえずに対等であるかのように、いきなりタメ口を使えば不快に思われることでしょう。「あなたのことをうやまってはいるけども、特別扱いはしていないですよ」というラインがベストなわけです。

もっとも、これはいきなりやれといわれてできるものではないでしょう。しかし、逆援助交際をしていくうちに確実に身についていくスキルでもあります。

最初はぎこちなくてもいいんです。本当に自然に接することができるようになるまでは不自然でいいのです。誰だって最初はそうなのですから、練習あるのみです。

初めての逆援助交際は失敗ばかりだと思いましょう。失敗して当然なんですから。それをいかに反省し、次に活かすことができるか、が問題なのです。

わたしもたくさんの失敗をし、いろんなセレブ人妻からフラられてきました。その経験があるからこそ、今はこうしていろんなセレブ人妻にかわいがっていただけるまでに成長できたのです。

大事なのは、失敗をしないことではなく、失敗を恐れないことです。特に、日本人は失敗を極端に嫌う傾向があります。

そんなライバルが多いからこそ、失敗を恐れない人たちだけが甘い汁を吸うことができるのです。失敗を恐れてなにもしないのは、引き立て役として食い物にされるだけなのです。

自信はあとからついてくる

セレブ人妻は自分に自信を持っていますし、普段の生活でも成功者との付き合いをしていることが多いです。成功している人は、自分に自信を持ってますからね。

そういった人たちは得てして魅力的にうつるものです。こうして偉そうなことを言っていますが、わたしも最初はまったく自信が持てませんでした。こんな住む世界の違う人間と僕なんかが本当に釣り合うのか? 僕なんかで相手を満足させられるのか? と不安でいっぱいでした。

そんな不安を抱えたままでは当然なかなかうまく行かず、はじめて逆援助交際相手が出来たのは出会い系を始めてから3ヶ月後でした。

幸い、最初にお付き合いしてくださったかたがとてもいい人でしたので、もろもろの不安はすぐに払拭できました。こうして「逆援助交際に成功」という体験をしてからは、わたしも自分に自信を持てるようになったのです。

最初に交際相手が見つかるまでは3ヶ月かかりましたが、その次の交際相手は1週間もしないうちに見つかりました。それは最初の交際で得ることの出来た自信のおかげで、堂々と話せるようになったからだと思います。

逆援助交際は、最初の一人を見つけるまでは大変かもしれません。

しかし、一度の成功があれば二度、三度の成功もきっと達成できると思います。あなたに必要なのは恵まれた容姿でも、鍛えぬいた身体でもありません。必要なのはちょっとした意識改革だけなのです。

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

現在、大手出会い系サイトでは、逆援助交際関連のメッセージは禁止されています。逆援助交際をするなら逆援助専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

こちらではわたしがオススメする逆援助出会い系サイトをランキング形式でまとめました。ぜひごらんください。

02 プロフィール・掲示板
出会い系の逆援助交際(ママ活)という副業
タイトルとURLをコピーしました