普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

逆援助出会い系サイトを利用していて感じるのは、普通の人妻の割合が非常に多くなってきていることです。

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
わたしは、逆援助交際で、複数の女性と定期的にセックスをして、お金をもらっています。 わたしには、何のとりえもありません。チビだし、ハゲはじめた40代のオジサンです。そんなわたしでも、出会い系サイトを利用することで逆援助交際を成功するこ...

昔は逆援助交際といえば一部の特権階級にしか許されていない遊びでした。

旦那の稼ぎがよかったり、あるいはキャリアウーマンとして事業を成功させたりと、一般市民とは違う、ランクの高い女性が利用していることがほとんどだったのです。

しかし、今では普通の人妻の割合がどんどん増えています。地味でおとなしく感じるような見た目の人が多く、それこそ近所のスーパーでよく見かけるようなごくごく普通の奥様たちです。

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

よく考えてみればそれもそのはずなのです。世の中は「普通の人妻」がほとんどなのです。これまで逆援助交際に縁がなかった一般層にも「女性が男性を買う文化」が広まったことで、最多層である「普通の人妻」がなだれ込んできただけの話です。

若いころに男性と遊んだ経験のない「普通の人妻」は、結婚してから夫が相手をしてくれなくなると欲求不満になり、「セックスレスなのは夫のせい」といった免罪符をかかげて夫の目を盗んで不倫しようとします。

なんのきっかけもなくても、年齢を重ねるごとに段々と「この先ずっと、夫としか関わりがない人生でいいんだろうか?」と思い始め、出会いを探し始めるものなのです。

しかし、専業主婦として生活していると外部との関わりもほとんど無く、いざ男性と飲みに行こうとしても友達はほとんど結婚しているし、独身の時のように知り合いに合コンを頼むことも出来ません。

それでも「恋愛をしたい気持ち」や「セックスレスによる欲求不満」は理屈や理性で抑えられるものではないんです。本能ですからね。

本能を抑えこむには強靭な精神力が求められますが……それを備えている人妻は、ごくわずかなのでしょう。結局は、本能に負けて自分が追い求めるものに走ってしまうのです。

でも、わたしはそれが悪いことだとはまったく思いません。むしろ素晴らしいことだと思います。せっかく人間として生まれてきたからには、人間らしい歓びを甘受したいと思うのが普通ですよね。

「一度きりの人生……、後悔はしたくない」と、そう思った前向きな人たちが出会い系サイトにはたくさんいるんです。

周囲の人に知られることなく全く知らない人と出会うことができる出会い系は、新しく恋愛したいと思っている主婦からすると最高のツールになっています。

「でも、わざわざ逆援助でお金を払わなくても普通の出会いをすればいいのでは?」と思ってしまいますよね。そこには悲しい理由があるのです……。

今回は皆さんに逆援助出会い系にいる「普通の人妻」との出会い方と、彼女たちの考え方をお伝えしていきます。

逆援助交際を求める人妻は、負け犬ばかり

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりましたそういえば、これまで「普通の人妻」という表現をつかってきましたが、逆援助交際を求めている時点でもう「普通の人妻」とはいえないかもしれませんね。

普通は一般的な出会い系で出会いを求めるものなのに、なぜ逆援助交際の出会い系に登録しているのか? それは、「一般的な出会い系サイトで出会えなかった」からに他ならないのです。

なにしろ、いまは出会い系に登録する女性が増えすぎました。一昔前の出会い系では、男女のバランスは明らかに男性が多いのが当たり前で、女性側は「出会いを選ぶ」立場でした。

しかし、スマートフォンの普及とSNSの発達により、常に誰かとコミュニケーションをとっていないと不安になる女性が急増したのです。

これは女性に多く見られる症状だそうで、男性にはあまり理解が出来ない感情なのですが……自己承認欲求が強すぎる人は、それをネット上に求めてしまい、様々な奇行に走ってしまう人も多いのです。

 

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりましたふつうのSNSではちやほやされることのない「普通の人妻」は、よりちやほやしてくれる人の多い「出会い系」へと進出しました。出会い系の女性比率が急増した理由の一つですね。

しかし、こうして男女比のバランスが釣り合うことで、男側も過剰にヨイショする必要がなくなってしまいます。ちやほやされたい女性が集まりすぎたために、誰もちやほやしてくれなくなったのです。これが、今の一般的な出会い系サイトの現状です。

では、一般的な出会い系サイトでちやほやされることのなかった「普通の人妻」はどうなるのか? そこで諦める人もいれば、諦めない人もいます。諦めなかった人が「逆援助交際の出会い系」に流れ着くのです。

「会えばお金を払ってくれる」という関係なら、無条件で男にちやほやされますからね。

たとえば、男性が援助交際で少女を買っても、援交少女はアナタをチヤホヤしたりしてくれません。

でも、逆援助なら、すこし金を出せば、男性はホストクラブのように人妻をチヤホヤするのです。こうなってしまえばもう止まりません。

なぜ人妻は不倫したくなるのか?

形こそ逆援助交際といういびつなものですが、既婚者なのに男とセックスする行為は「不倫」以外のなにものでもありません。ただ、お金のやり取りがあるかないかだけの違いです。

では、なぜ女性達が不倫したいと思うのか? その心理や動機を知ることで出会いを有利にすすめることが出来ます。

男性であれば不倫をしたい理由はとても簡単です。単にセックスがしたいという性欲と、男として生まれたからにはいろんな女とセックスしたい征服欲。要はどちらもセックスがしたいだけなのです。

では、女性のほうはどうでしょうか。同じようにセックスを求めているだけ? それとも目的はなにかほかにあるの?

女性の場合は複雑で、さまざまな要因が絡み合っていることが多いです。先ほど解説した「自己承認欲求」以外にも、人間の本能的な欲求があるのです。

そんな不倫をしてしまう女性の心理を知ることで、実際に会った時もどんな不満を抱えているのか、どんな風にしたいのか理解しておけばスムーズに話を進められます。さらに、相手に好感を持ってもらえていいことづくめです。ぜひ知っておきましょう。

セックスレスに悩んでいる

一番多いのは「セックスレスに悩んでいる」女性たちです。

結婚した当初は仲良しで幸せでも、男は時間が経つに連れてだんだんと慣れてしまい、絶対にマンネリ化してしまいます。

これはおそらくどこの家庭にも大なり小なりある悩みだと思います。こういった悩みが全くないという夫婦は、異常とさえいえるでしょう。

子供が生まれることによって、妻が恋人から母親へとうつりかわってしまう。仕事で疲れきってしまい、セックスをしたいというモチベーションが少なくなる。こうして、いつの間にか何年もしていない……といったのが典型的なセックスレスの状況ですね。

ですが、女性は年齢が上がるにつれて性欲がどんどん強くなっていきます。

男性は18歳前後で性欲のピークを迎え、その後は加齢に応じて徐々に下降していく一方ですが、女性は20歳くらいから性欲が徐々に強くなり始め、30歳後半くらいでピークを迎えます。

このように性欲ピークを迎えるタイミングにズレがあることが、セックスレスが引き起こされる原因にもなってるわけですね。

セックスレスといっても男性側と女性側のどちらが拒否をしているかはケース・バイ・ケースです。

一般的な傾向としては20代後半頃の夫婦に起こる若年性セックスレスについては女性側が拒否しているケースが多く、40代以降の熟年性セックスレスについては男性側が拒否をしている事が多いとのことです。

女性の性欲が一番強い時期にセックスできない状況だったら……それは外で不倫したくなってしまうのも無理はありません。

ですから、出会い系に登録する女性は30代後半あたりのアラフォー世代が実はとても多いんです。逆援助交際の出会い系ともなれば、その比率はなおさら多くなることでしょう。

こういう人妻に「女性をセックスの絶頂に導く方法」を使ってセックスをすればぜったいに継続できる逆援助相手になってくれます。

かつて遊んでなかった焦り

若い時に真面目に生活してきた人に限って結婚してから昔遊んでいなかったことに対して後悔し、不倫という火遊びに走ってしまう人が多くいます。

こういった女性たちの多くは、以前は不倫や浮気を毛嫌いしていて「浮気をする人の心理なんてわからない!」と、否定的な意見をもっていたことが多いのも特徴ですね。

しかし、いざ結婚生活を過ごし、年齢を重ねるごとに少しずつ「侵食」されていくのです。

昔遊んでいた友達やママ友などの話を聞いたり、あるいは不倫をテーマにしたドラマを見たりした時にふと感じるのです。

自分が昔も今も一切遊んでいなかったことに対して後悔の念と、「これからもいい子を続けるのは損ではないか」という気持ちを。

そんな考えに陥ってしまったときの人妻・熟女の行動はものすごく積極的ですよ。昔の青春を取り戻すかのように不倫を情熱的に求めすぎて、どっぷりと不倫相手にハマってしまうことも。

一般的な出会い系で不倫を存分に楽しんで、普通の出会いでは満足できなくなってしまった人が逆援助交際をし始めるパターンも多いですね。

幸いにも逆援助交際はお金が絡む関係なので、ドライなものになりがちです。

ごく普通の不倫であれば恋愛感情が芽生えてどちらかが本気になってしまい、泥沼の関係になってしまう……なんてリスクもありえますが、逆援助交際においてはその心配がほぼないのはメリットですね。

日常生活にときめきがなさすぎる

日常生活においてなにも刺激がない専業主婦のような存在は、むしろ不倫をしないほうが難しいくらいの立場に置かれていることもあります。

男性であれば毎日、職場で仕事ができますし同僚や部下といった「仲間」との交流がありますが、人妻となるとそうはいきません。

せいぜいママ友などの同性同士のつながりくらいしかないのです。専業主婦ではなくパート先で仕事をしていたとしても、パートのおばさんといった感じで、女としての扱いを受けることはそうありません。

そんな無味乾燥とした日常を毎日過ごしていくのは……酷なものですよ。それこそ、まるで刑務所にいるような気分になってしまう人妻も居ることでしょう。

現実の退屈さに打ちひしがれて、駆け込み寺となっているのが出会い系なのです。

しかし、その駆け込み寺も無限の広さがあるわけではありません。駆け込み寺から追い出されてしまったなんとも不憫な人妻たちが逆援助交際に手を出しているのです。

収入としての旨味は少ないが、普通の出会いとして楽しむならおいしい

これらの「普通の人妻」は、とにかく刺激がほしいのです。自己承認欲求にしろ、不倫関係への憧れにしろ、「自分にかまってほしい」という心理が共通しています。

簡単に会えることはメリットなのですが、収入的には多くを見込めないのがデメリットですね。

1回の出会いで5,000円程度だとしても珍しくありません。もちろん、セックスも込みでですよ。1回の出会いで数万、月ごとの契約で十数万もらえることもある逆援助交際からすれば、端金もいいところです。

しかし、ルックスもスタイルも並な人妻とセックスできてお金ももらえるなら、それはそれでおいしいんですよね。当たり前なんですけど(笑)

逆援助交際にどっぷりつかっていると女性やお金に対する価値観がおかしくなってしまうのですが、普通に考えればまずありえないことです。

しかし、現実にありえてしまっているのですから、これを利用しない手はありません。

ブスやデブと嫌々セックスをして3万円もらうより、人並みの人妻と楽しいセックスをして5,000円もらったほうが、わたしは満足度が高いですね。

それに「普通だった人妻」は、そのままエスカレートしてしまうことが多いです。むしろ、逆援助交際に手を出している時点でエスカレートしている真っ最中とも言えます。

最初は5,000円という金額からスタートしても、その金額はどんどん上がっていく可能性を秘めているのです。

うまく育て上げることができれば、人並みの人妻と楽しいセックスをして3万円もらえることになるかもしれない……。そう考えたら、とてつもなくおいしい話だと思いませんか?

人妻の育て方は、こちらをごらんください。

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました
3,000円しか逆援助してくれない人妻から、その10倍の報酬をもらう方法を教えます
逆援助生活を長いこと続けていると、いろんな女性との出会いがあります。 ここ1年ほど、少額の逆援助を希望するふつうの人妻が増えてきているという傾向があります。 少し前は、逆援助交際といえばリッチでセレブな女性が派手に遊んで...

追記 : 普通の人妻が求めているもの

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました上記記事を公開したところ、嬉しいことにけっこうな反響がありまして、メールでの問い合わせもいくつかいただきました。その多くはこのような内容でした。

「普通の人妻っぽい人を見つけてアプローチをしてみたが、全然うまくいかない。セレブな奥様との交際経験はすでに何度かあるのに、どうしてうまくいかないの?」

とのことです。たしかに、そう思うのも無理はないかもしれませんが、間違っているポイントが2つあります。

それは「普通の人妻はセレブな奥様と同じアプローチ方法ではうまくいかないこと」と「普通の人妻が求めているものを誤解していること」です。

ごく普通の人妻が求めているものとは

まず、狙っている獲物によってアプローチ方法を変えるのは当然のことです。エサを使い分けるようなものですね。

ごく普通の人妻がなにを求めているのか?

それをきちんと把握することができれば、どんなエサを使えばいいかも自ずとわかってくるものです。

人妻が出会い系に登録する時は、不安と期待で満ちあふれているもの。しかし、わざわざ逆援助出会い系サイトに登録する普通の人妻は「負け組」のメンタルであることは、先述した記事の中で紹介しました。そのため、期待よりも不安のほうが上回っていることが多いです。

ただでさえ人妻は旦那に不倫がバレてしまうことを恐れています。「出会い系でデートやセックスを楽しんで女としての自分を取り戻したい……でも、もしバレてしまったらと思うと、怖くてその一歩を踏み出せない」なんて思っている人妻はゴマンといることでしょう。

とりあえず自分の欲望のままに逆援助交際出会い系に登録したはいいけど、やっぱり実際に会うとなると躊躇してしまう。特に、普通の出会い系でうまくいかなかったから逆援助交際に手を出しただけあって、「本当に会えるのか?」という不安はひとしおでしょう。

そんな人妻たちの背中を押してあげるのは「安心感」です。

安心感さえ与えれば、彼女たちはきっとあなたと会うことに同意してくれます。

では、安心させるためにはどうしたらいいでしょうか。

以下に、普通の人妻に安心感を与える方法をまとめてみました。

セレブな奥様との交際に慣れていると、自分まで物事の考え方や人との接し方が浮き世離れしてしまいがちです。ごく普通の人妻を落とすには、ごく普通の一般常識で接するのが一番なのです。

一般常識を感じさせる言葉遣い

まず、出会い系にとってメールはほぼ唯一のコミュニケーション手段です。

相手がどういう人なのかを想像し、感じ取るには文字という媒体からしか受け取ることが出来ませんから、言葉づかいから与える印象はとても大事です。

出会い系に不慣れな人妻であれば「出会い系ならではの常識」は持ちあわせておらず「一般的な常識」と照らしあわせて相手を評価することになります。

逆援助交際であれば、最初は必要最低限のプロフィール交換だけをしてあとは実際に会ってみてから話をしましょう、という流れが基本です。しかし、それを知らないごく普通の人妻であれば、まず一度会う事自体がとても大きな冒険になるのです。

ですから、「この人となら会ってみても大丈夫そう……」と思わせることが大事であり、そのためには一般常識を感じさせる言葉づかいが必要になってきます。

といっても、普通でいいんです。まっとうな敬語を使えてさえいればそれで十分なんです。なぜかといえば、そのまっとうな敬語を使える男性がとても少ないためです(笑)

一度、女性会員として登録してみるとよくわかるのですが、ビックリするほど頭の悪そうなメールばかりが届くんですよ。

自己紹介もなにもなしに「いつ会える?」だけの本文だったり「セックスしたかったら返事してください」というような、逆援助交際とは思えない驚くほど上の立場からの言葉だったり。

逆援助交際出会い系の男女比は、当たり前ですが男性の方が多いです。でも、まともな男性っていうのはすごく少ないんです。多くの男性は「女とセックスして金がもらえる!」というおいしいところだけを見て釣られてきた愚か者なのです。

上記のような「出会いの対象として論外」な男性会員を除くと、案外良いバランスになっているような気がしますね。

なにも気の利いたセリフやジョークなんてものは必要ありません。ただ、言葉遣いを丁寧にすればいいんです。それだけで、相手に与える印象は大きく変わってきます。

質問にはきちんと答える

普通の人妻は逆援助交際の常識どころか、出会い系の常識すら知らない、右も左も分からない初心者なのですから、気になることや知りたいことがたくさんあるのです。どんなにくだらない質問だったとしても、きちんと答えてあげましょう。

相手にとっては返ってきた答えの内容も大事ですが「質問に答えてくれた」という安心感がよっぽど嬉しいのです。

当然、質問は個人的なものが多くなってくることでしょう。なにしろこれから会うことになるかもしれない人がどんな人なのか? 当たり前ながら気になるものですからね。

ただただ質問に答えるだけでなく、こちらから質問をすることも大事です。なにも質問をしてこないとなると、

  • 自分に興味がないのだろうか?
  • 会えればだれでもいいってことなの?
  • いきなりセックスをされるかも?

というネガティブな印象を与えてしまいかねないからです。

会話はよくキャッチボールに例えられます。ボールを投げる時は、相手のグローブがどの当たりにあるか、どれくらいの強さで投げればちょうどいいのかを考えて投げますよね。

メールだって同じことです。返事を出す前には落ち着いてメールの本文を見直してみることをオススメします。

誤字脱字はないか?

質問を無視していないか?

乱暴な言葉づかいをしていないか?ちょっとしたミスが相手にとっては大きな不安につながるかもしれないのです。初心者を相手にする場合は、丁寧すぎるくらいでちょうどいいといえますね。

もちろん誰にだってミスはあります。こちらが質問をしても相手が答えてくれない場合もあるでしょう。単に見落としているだけなのか、もしくは答えたくない質問だったからあえてスルーしているのか。

会う日取りの話だったりといった重要なことであれば再度聞き返す必要がありますが、些細な事でしたらこちらも気にせずそのまま流すことのほうが良い場合があります。

意図的にスルーをしていたのであれば、相手にとっては二度聞かれたら答えなくてはならないというプレッシャーになってしまいますからね。生まれたばかりのヒナ鳥を見守るような、寛大な気持ちを心がけましょう。

強引にいきすぎないこと

出会い系はなにかと強引にいくことで結果的にうまくいくことが多いです。

しかし、初心者は強引にこられると思いっきり引いてしまうケースもあります。特に、相手がまだガードを構えているのに無理矢理に崩そうとするとほぼ確実に相手から返事は来なくなってしまいますね。

出会い系初心者に対していきなり「会おうよメール」は厳禁とも言えます。まだ出会い系での成功体験がない人妻たちには、心の準備が必要なのです。

ビジネスライクで効率化された逆援助交際に慣れているとまどろっこしく感じるかもしれませんが、わたしは逆にこのアナログな感じが好きですよ。

人妻のプロフィールをきちんと読んで、相手が聞かれたがっていることを見つけてあげることが大事です。

たとえば「最近はガーデニングがマイブームです」と書いてあれば必ず拾ってあげましょう。ちゃんとプロフィールを読んでくれた&わたしに興味をもってくれたという印象を与えることが出来ますからね。

そして、ちょくちょくメールの中に「あなたは特別な存在」であることを匂わせる言葉を織り交ぜてみましょう。

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

こんなことあまり話さないんだけど……なんだか◯◯さんってすごく話しやすいからついつい話しちゃった

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

◯◯さんとお話するのがいまや一番楽しみな時間になってるよ

普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました

こんなに気が合うのって初めてかも! すごく相性いいのかな? って勝手に思ってます

ああ、普通の出会い系ってこんな感じだったなぁ……と、思わずしみじみしてしまうような、昔懐かしいメールのやり取りを楽しむことが出来ます。

「わたしだけを見てくれている」と錯覚させて喜ばせることが大事ですね。北風と太陽の話にもありますが、無理にガードを崩そうとしてもいいことはありません。それよりも相手のことを褒めて自然と態度を緩ませるほうがよっぽど上手くいくことが多いです。

まずは食事から誘ってみる

逆援助交際の出会いであれば、最初の出会いでもホテルにいくことが大半なのですが、ごく普通の人妻に対してはまず食事に誘いましょう。相手が最初からセックスを希望しているとき以外は、まずは段階を踏んであげるほうが安心してもらえます。

単に「喫茶店などで、まずはお話でもしませんか?」という誘い方ですと「話すこと」がメインの目的になってしまいます。

  • なにを話せばいいんだろう?
  • もし想像と違った人が来てもなにかを話さないと……やだなぁ
  • 話が合わなかったら間が持たないかも……

といった感じに、余計な不安を覚えさせてしまうことも。

しかし、「どこどこのお店のなになにが美味しいらしいのですが、今度いってみませんか?」といった風に「食べること」を目的とすれば「話すこと」はついでになるわけなんです。

それに、美味しいものを食べることが嫌いな女性なんていません。あくまでも食べることが目的で、たまたま同じものを食べたい人と一緒に行くだけ、といった動機付けにさせると相手の心理的抵抗はグッと下がります。

いくらガードが固い初心者といえど、逆援助交際出会い系サイトに登録している以上は出会いが目的であり、セックスだって当然望んでいます。しかし、まだ一般常識の範囲内にいるごく普通の人妻にとって「会っていきなりセックス」はハードルが高いのです。

逆援助交際の目標は相手を満足させること

逆援助交際で男性が提供するのはセックスだけはありませんからね。楽しいデートを演出して、美味しいものを食べて素敵な時間を共有する。出会いの初心者にとっては、それだけで十分に満足できるものなのですから。

お金をもらう立場である以上、女性は依頼主です。依頼主が具体的になにを求めているかは人それぞれですが、最終的に「ああ、この人と会ってよかった。また会いたいな」と思ってもらえるような、満足感のある出会いを提供することがわたし達の使命です。

出会い初心者に対しては、初心者向けのプランを提供してあげることが大事です。

スキーをしたことがない女性をいきなり上級者コースにつれていき「このコースはすっごく刺激的で楽しいんだよ! さあ行こう!」なんて手を引っ張ったら、初心者からすれば刺激どころか恐怖でしかありませんし、二度とスキーをしたいとは思えなくなるでしょう。

逆援助交際に初めて手を出す人妻に対しては、逆援助交際でつちかった常識は通用しないどころか、むしろ足かせになってしまうこともあるのです。ここは初心にかえって、ごく普通の出会い系サイトのような接し方がベストなのです。

それに気づけない男性が多いからこそ、ごく普通の人妻は狙い目であり、実においしい物件でもあるのです。

なにしろ、ライバルたちがどんどん勝手に自滅していってくれてるのですから。

初心者にとっては刺激が強すぎる状況におかれ「やっぱり逆援助交際なんてこわいところなんだ……」と、怯えきったところに手を差し伸べてあげることができれば、彼女たちはどれだけ安心することでしょう。

ヒナ鳥を見守るような気持ちで……と、先ほど文中で紹介しましたが、ヒナ鳥は最初に見たものを親鳥と認識して懐く「刷り込み」という本能をもっています。

もし、あなたが初心者に人妻にとって初めて出会う相手になることができれば、きっと良好な関係を長く築くことができるでしょう。

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

現在、大手出会い系サイトでは、逆援助交際関連のメッセージは禁止されています。逆援助交際をするなら逆援助専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

こちらではわたしがオススメする逆援助出会い系サイトをランキング形式でまとめました。ぜひごらんください。

09 逆援助交際のターゲット
セレブ人妻と逆援助交際