「中イキ」をエサにして、逆援助交際相手を釣る方法

世の中には「イッたことがない」女性がとても多いと言われています。

クリトリスを刺激されたり、激しいピストン運動をされたりで快楽は感じるものの、イクまでには達したことがない……。そんな女性たちは、これまでで一番気持ちよかった時のことを「イった」と勘違いをし「なんだ、イクっていっても大したことないのね」と誤解をしてしまっているんだとか。

これはあまりにも悲しいことですよね。スーパーで半額シールが貼られたマグロの刺し身しか食べたことがないのに「マグロなんてたいして美味くないでしょ」なんて豪語してしまうようなもの。そんな人が、新鮮な大トロを食べたらどんなに驚き、喜ぶことでしょうか。

むしろ、もう安物のマグロなんて食べたくなくなってしまうかもしれません。一度でも最高の味を知ってしまうと、それが基準になってしまいますからね。同様にイクことを知らなかった女性を、一度でもイカせてあげれば何度でもセックスを迫ってくるようになります。

それは逆援助交際においてはより効果的なテクニックといえるでしょう。実際にイカせるテクニックと、イクことへの期待感を煽るテクニックを身につければ、今後の人生でセックスとお金に困ることはなくなると言っても過言ではありません。「女性をセックスの絶頂に導く方法」とあわせてごらんください。

イクことに憧れている女性はとても多い

ほんとうにイッたことがない女性の中でも、セックスへの好奇心が強い女性は「どうもほんとうにイったときはめちゃくちゃ気持ちが良いらしい……。そこまでになったことがないから、きっとわたしはまだイッたことがないんだろうなあ」と、漠然と感じているそうです。

そういった女性はイクことへ対して強い憧れを持っています。もし、逆援助交際相手でイったことがない女性を見つけたら、あることないこと言いふらして、とにかく期待感を煽りましょう。

  • オレとセックスしてイカなかった女はいない
  • 絶対にイカせてあげる
  • これまでにない体験をさせてあげる

などなど。とにかく「この人なんかすごそう!」と思わせればいいのです。そう思わせた時点でもう勝ちなのですから。そんなウリ文句に惹かれるような女性は性経験が乏しいことが予想されます。

ですから、こちらがイマイチなセックスしか提供できなかったとしても、その低クオリティさがバレる心配がないのです。それどころかプラシーボ効果により勝手に「すごいセックスだった」と思い込んでくれることすらあります。

とはいえ、コツさえつかめば女性をイカせることは簡単です。ローターや電マといった大人のおもちゃをもっていけば、9割以上の女性はすぐにイカせることが出来ますしね。

そうでなくても、クリトリスをじっくり一定の速度で愛撫し続けてあげれば高確率でイカせることが可能です。たったそれだけの事ができないオトコが実に多いのです。嘆かわしいことですが、これにはきちんとした理由があるのです。

AVの見すぎで男のセックスが乱暴になっている

なぜ女性をイカせることが出来ない男性が多いのか? それはほとんどの男性が、セックスの時にAV男優の真似をしてしまっているからです。

女性からすれば本当に不評な事なのですが、それに気づいていないのです。ただ、男からしても「日常的にお世話になっている教材」ですし、人のセックスを見る機会なんてAVくらいしかないのですから、仕方ないんですけどね。

真似してはいけないAV男優のセックスといえば、とにかく力任せの手マンが代表例として挙げられます。女性器に指を2本も3本もつっこんで激しく動かし、女優が気持ちよさそうに派手な潮吹きをするシーンはまさに定番とも言えるシチュエーションです。

これは男からすれば、憧れなのです。女性がイクことへの憧れを持つように、女性に潮を吹かせてみたいと憧れる男性は非常に多いと思われます。

しかし、あの派手な潮吹きはあくまでもAVの演出であるということはあまり知られていません。AV女優は撮影前や撮影中に大量のポカリスエットや水を摂取し、手マンをされている最中に「放尿」することで、あたかも潮吹きのように見せかけているだけなのです。

つまり、一般的な女性に対して同じことをしても絶対に潮吹きはしません。事前に大量の水分を摂取していなければ、そもそも物理的に不可能なのです。

それを知らない男性は激しい手マンをし続けたり、さらに頑張ろうとして激しさを増してしまうのです。もともと女性器はそんな激しい愛撫をされて気持ち良くなるように出来ていません。デリケートな部位に対して激しい愛撫をされ続けてもただ痛いだけであり、不快感と恐怖感を与えるだけです。

ここで「痛いから止めて!」と言える女性ならまだいいのですが、頑張っている男性を見て無下には出来ないと考えてしまう優しい女性は「感じているフリ」や「イッたフリ」をしてしまうのです。

それを見た何も知らない男性は「よし! イカせてやった! なるほど、これでいいんだな!」と、また同じ悲劇を繰り返してしまうことも……。これではまるで悲しいピエロですし、女性にとってもただただ痛くて怖いのを毎回我慢しないといけなくなり、お互いにとって不幸でしかありません。

そんな不幸な思い出のある女性を救ってあげる事ができると思えば、正しい知識をもってイカせることに尽力してあげるのはお金をいただく以上、むしろ当然のことといえるかもしれません。

「外イキ」させることはけっこう簡単だけど、「中イキ」は難しい

「外イキ」と「中イキ」という言葉があるのをご存知でしょうか?男性はペニスを刺激されることでしかイク事ができませんが(中には前立腺でイケる人もいますが……)、女性の場合は「外イキ」と「中イキ」の2種類あることを知っておきましょう。

では、具体的に「外イキ」と「中イキ」ではどのような違いがあるのでしょうか?

「外イキ」の特徴

「外イキ」とは体の外部……つまりクリトリスや乳首といった、表面上にある性感帯を刺激することでオーガズムを感じることです。中でも用いられるのはクリトリスが多く、クリトリスを刺激されてイクことを「外イキ」と表現することがほとんどです。

クリトリスをゆっくりやさしく愛撫し続けられると、快楽の波のようなものが徐々に押し寄せてくるそうです。この時、刺激が強かったり早すぎたりするとイクのが遠のいてしまうと言われています。

愛撫のコツとしては、優しくゆっくりと一定の間隔を保つことがポイントなようです。変に緩急をつけたりするのは逆効果だとか。

外イキは男性の射精感覚に近いようで、じわじわと気持ちよくなってきて快楽のピークを迎えたあとは急速に波が引いていく感覚だそうです。

  • 「じわじわと登りつめていって、突然ふわっと開放される感じ」
  • 「だんだんと体が熱くなって、最後に電気が走ったような感覚で気持ちいい」
  • 「軽く痙攣して触られるとくすぐったくなる」

というのが、外イキを経験した女性の感想なんだそうです。

この外イキは比較的誰でも簡単に体験できることも特徴です。男性側が粘り強くクリトリスを愛撫していればいつかは必ずオーガズムが訪れますし、ローターや電マといった大人のおもちゃを使えばさらに簡単にイカせることが出来ます。

「中イキ」の特徴

対して「中イキ」とは体の内部……つまり、膣内への刺激によってオーガズムを感じることです。Gスポットという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、Gスポットを刺激してイカせることが出来れば立派な中イキです。

そして、もう一つ膣内には大きな性感帯があります。それはポルチオと呼ばれる性感帯です。Gスポットに比べるとかなりマイナーなのですが、その理由としては単純に「刺激しづらい場所にあるから」だと思われます。

Gスポットは入り口から3~5センチの場所で指が届く範囲にありますが、ポルチオは膣内のかなり奥のほうにあり、指を根本まで突っ込んでようやく指先が届くかどうかくらいの場所にあるのです。悲しいことに、ペニスのサイズによってはまったく届かないことも……。

それに、クリトリスはほぼ万人が強い快楽をすぐに感じられるお手軽な性感帯で、男性側も目視できて的確に刺激することができるのに対し、Gスポットやポルチオは膣内にありますから目視することが出来ず、文字通り手探りで見つけることになります。

さらに、見つけたとしてもその女性が性感帯として感じることができるかどうかは人それぞれです。その日の体調によって同じ場所を刺激されても気持ちいい日と良くない日があるという人もいますし「この前はそこだったけど今日はなんか違うかも……」と性感帯の場所がちょっと移動していることも珍しくありません。

その上、Gスポットやポルチオでイケるほどのオーガズムを感じるようになるためには時間がかかります。それこそ長期間、辛抱強く「開発」しないといけません。中には数ヶ月や1年以上かかってようやく中イキができるようになる人も。

ここまで欠点ばかりになってしまいましたが、その長い道のりを乗り越えるための努力をするだけの価値が中イキにはあるようです。なにしろ、外イキとはまったく別次元の快楽を味わえるというのですから。

外イキがクリトリスという部分的な性感帯で一瞬だけピークを感じる快楽であるとすれば、中イキはまるで全身がクリトリスになって外イキで感じたピーク以上の快楽を長時間ずっと味わい続けることになる、と言われています。

男性で言えば、射精するときの快楽の数倍もの快楽が、何十秒間もずっと持続するようなものなのだそうです。もし同じオーガズムを男性が味わったら、快楽に耐えきれず頭がおかしくなってしまう……なんて研究結果もあるそうです。

「中イキ」できるようになるには時間と慣れが必要

世の女性の中で「中イキ」を経験したことがある人は少数派でしょう。とあるアンケートでは3人に2人の女性は「中イキを経験したことがない」と答えたそうです。

男性にはあまり馴染みのない言葉である「中イキ」なのですが、女性の間ではかなり認知されているようでして、女子会などでは中イキのコツなんかで盛り上がったりすることもあるんだとか。

実際、中イキをするためには女性側の慣れや協力が必要であると言われています。男性側のテクニックだけではどうしようもない部分が多いのです。

何度も外イキを繰り返してオーガズムを感じやすいカラダにしたり、Gスポットやポルチオを根気強く刺激して性感帯として機能するように開発したり……。一朝一夕でできるものではなく、長い時間がかかるものだと思っておいてください。

しかし、だからこそ「中イキ」をエサに、長期的な逆援助交際の契約を結ぶことができるかもしれないのです。

「中イキ」のために俺が開発してあげる、と誘う

逆援助交際相手と会うとなれば、ほとんどの場合は基本セックスがセットになっています。セックスの話題になった時、必ず「イッたことがあるかどうか」を確認しておきましょう。

イッたことがないのであれば話は簡単です。「俺がイカせてあげるよ!」と自信満々に告げましょう。

イッたことがあったとしても話は簡単です。「それってどうせ『外イキ』でしょ?『中イキ』を経験してみたくない?」とこちらも自信満々に告げましょう。

イッたことがない女性ならイクこと自体に、イッたことがある女性なら中イキに憧れをもっているのです。

大事なのは根拠がなくても自信満々に振る舞うこと。「なんかすごい自信もってるし、1回お願いしてみようかな……」と思わせればこちらの勝ちです。

自信なさそうに「たぶんイカせてあげられると思う……」と言われても、むしろ言われた側が不安になってしまいますからね。自信満々に告げることが気遣いであり、マナーなのです。

女性の多くは中イキをしたことがなく、中イキに憧れている。そして、中イキを体験するためには長期の継続的な関係を結び、お互いのココロもカラダもよく知る必要がある。

であれば、当然ながら長期的な関係が前提となるわけです。逆援助交際において長期的な関係は理想ですからね。なるべく多くの長期契約を維持することが、逆援助交際で成功するためのテクニックといえるでしょう。

さらにくわしい情報は「女性をセックスの絶頂に導く方法」にまとまっています。

今後、間違いなく逆援助交際は一般的なものになると確信しています

わたしが逆援助交際という概念を初めて知ったのは、出会い系の迷惑メールからでした。

そこには富豪の夫をなくした未亡人が「寂しさをお金で埋め合わせたい。謝礼として1000万円を支払う」という、ひと目で嘘だとわかるような程度の低い迷惑メールでした。

しかし、今となっては逆にそのメールを信じてしまうかもしれません。わたしは実際に逆援助交際を経験することで、世の中には本当に「お金で寂しさを埋めたい」と考える女性がいることを知りました。それも、決して少なくない数の女性が、です。

そもそも、なぜ逆援助交際が成り立つのか? わたしは不思議でなりませんでした。

それまでのわたしの価値観といえば「男性が女性にお金を払ってセックス」をすることが当たり前であり、その逆はありえないと思っていたのです。

よっぽどのデブやブスを覗き、人並み程度のルックスやスタイルであればわざわざお金を払わなくなって、ヤリたいと思ってくれる男はたくさんいるのだから、わざわざお金を払う必要なんてないだろう? と。

しかし、それはあまりにも浅はかな考えだったと言わざるを得ません。

彼女たちはセックスがしたいのではないのです。セックスを通じて、心の寂しさや隙間を埋めたいだけなのです。

女性が男性を買うことは恥でありタブーだった

風俗店やアダルトビデオといった男性向けの性サービスとてつもなく充実しているのに対し、女性向けの性サービスはあまりにも充実していません。

ホストクラブは女性が男性を買う構図ではありますが、あくまでも飲食店であり性的なサービスは基本的に付属していません。

男性に対しての風俗店のような、いわゆる「ヌキ」がある性サービスの同等とものが、女性向けにはほとんどないのです。

とはいえ、まったくのゼロというわけではなく、存在するには存在します。しかし、男性の風俗店が全国で10000店舗の規模だとしたら、女性向けの風俗店はせいぜい100くらいの規模でしょう。

それは日本において女性蔑視の文化が根強く残っているからなのかもしれませんね。

女性が性欲をもつことは恥ずかしいことである、とされる風潮が昭和以前の時代には間違いなくありました。女性に性欲なんてものはない、と思われてさえいたのです。

もちろんこれは完全に誤りであり、性欲がないわけではなく、性欲があると非難されるためにひた隠しにしてきただけでしかないのです。

日本では「女性は家庭を陰から支えるべき」という信仰のような考えがまだまだ根深く、女性の社会進出を阻んでいると言われています。

そんな背景もあって、女性向けの性サービスというのは潜在的な需要に対して、あまりにも供給が追いついていないのです。

だからこそ、逆援助交際が成り立つわけですね。

「逆援助交際なんてウマい話があるわけない! サクラの嘘っぱちだろう!」と頑なにその存在を認めない人もいるのですが、そういった人こそが女性を蔑視して抑圧しているのかもしれませんね。

ハッキリ言ってしまいましょう。

逆援助交際があり得ないと言い切れる男性は「女性が性欲を持つのは卑しいこと」という前時代的な考えが染み付いている老害である、と。

もうそんな古い考えは捨てませんか? 女性だって性欲を感じるし、お金でそれを解決したいと考えているのです。そんなの男性だって同じじゃないですか。

それに、いまは全体的な流れとして「女性が男性を買ってもおかしくない」と考える風潮が出来はじめているのです。

世の中は女性の性欲を認める流れになっている

みなさんは「LGBT」という言葉を聞いたことはありますか? ここ2~3年でやたらとニュースで目にするようになったので、ご存知なかたも多いと思います。

LGBTとは「レズ」「ゲイ」「バイ」「トランスジェンダー」という性的趣向や立場を示す言葉の頭文字を並べた言葉であり、そういった性的少数派(セクシャル・マイノリティ)の人権を守ろうという意味が込められています。

人それぞれ色々な考えがあるとは思いますが、全体の風潮としてこんなものを感じませんか? 「LGBT」を認めないのは時代遅れであり、かっこ悪い! という空気を。

明確なポリシーがある人はともかく、なんとなくそういう風潮に流されて「そうだね、LGBTは守らなきゃね!」とよくわからないまま認めてしまっている人は多数いると思います。

これと同じことが、女性の性欲に対しても起こりつつあるのです。

一昔前には「肉食系女子」なんて言葉が流行りましたよね。あれはその先駆けと言えるでしょう。女性だってガツガツしていいんだ、積極的にセックスを求めてもいいんだ、と多くの女性が勇気づけられたことでしょう。

実際、その言葉が流行った頃は出会い系に登録する女性が急増したと言われています。そこには「みんながやっているなら、わたしもやろう!」という日本人らしい気質もあったのかもしれませんね。

そして、これと同じことが逆援助交際に起こったとしても、なんらおかしくないのです。

「みんながやってるなら、わたしも逆援助交際をやってみたい!」と、カジュアルな存在になる可能性は十分にあると思っています。

女性向け風俗の需要が増加しています

なぜ逆援助交際が流行りそうかと思うかと言えば、今はまだ女性が性欲を解消できる表向けのサービスが極わずかしかないからです。

性的なサービスに直接結びついているのは「デリバリーホスト(出張ホスト)」か「性感マッサージ」くらいのものです。

性感マッサージというと、よくアダルトビデオの題材にもなっていますよね。個室で二人っきりになって、女性の体をまさぐっているうちに感じてきてしまい、そのままエッチ……。なんていう流れがお約束です。

実際にこういうお店もあるのだと思います。絶対に需要はありますからね。

彼だけじゃ満足できない…アラサー女性の性欲、どう発散してる?

Kさん(30代前半)は、性欲の解消について頭を悩ませている女性。

彼氏はいるものの、ふとしたときに人恋しくなってしまうときがあるようです。

「風俗などを利用してお金で性欲を解決できれば、と思うのは男性だけではないと思います。

どうしても人恋しい、欲求不満だというとき、出会い系とか使って知らない人と会うのは怖いし、かといって知り合いに“しよう”とも言えないし。セフレを作って彼との仲に不和が生じるのも困るし……」

これまでに紹介したビッチちゃんではリスクをとってでもセックスがしたいという女性はいましたが、実際に行動に移せる人は多くはありません。

彼バレはもちろん、性感染症や妊娠、心身の危険が伴います。

そんなときに、彼女はイケメンだけが施術してくれるマッサージ店を見つけたそうです。

「そこはオイルの施術もあるお店なので、イケメンに肌に触れてもらえて、さらに癒やしにもなるんだったらちょうどいいと思って。

予約をしてお店に向かっているときに、ネットで調べていると『こっそりエッチしてくれる』っていう書き込みがあったんです!それで緊張してきちゃって。

でも実際はそんなことなくて、ちょっと手を握ったりイチャイチャサービスがあるだけの普通のマッサージ。期待して損しちゃいました(笑)」

http://dailynewsonline.jp/article/1286634/?page=all

客層としてはやはり30歳から40歳くらいの女性が多いのかもしれませんね。女性のピークは30台半ば頃に迎えると言われています。

実際、わたしが逆援助交際でお相手をしてきた女性もそれくらいの年齢の女性が多かったですから、実体験としてもうなずけます。

近くにこういった店舗があれば、それを利用するという選択肢もあるでしょう。しかし、都市の中心部以外でこのようなニッチなサービスが継続してやっていけるとはとても思えません。

需要があるのは間違いないのですが「女性向けの性サービス店がある」事自体を知る機会があまりありませんし、まだまだそういうお店を利用するのは「恥ずかしい」という気持ちになって二の足を踏んでしまうのでしょう。

お店を利用する勇気がなかったり、お店が近くにない女性は、自然と逆援助交際に手を出すことになります。

逆援助交際はこれから絶対に増え続けていく

前回、ふつうの人妻が逆援助交際を始めていることをお伝えしましたが、この流れは今後も続いていくと思われます。

逆援助交際は一部のセレブ人妻だけが行える上級のお遊びではなく、もっと一般市民も楽しめるカジュアルな娯楽として広がっていくことでしょう。

これまで、性産業の従事者(セックスワーカー)といえば女性がほとんどでした。しかし、いまは男女平等が声高に叫ばれる時代です。

そうであるなら、セックスワーカーだって男女平等に参入できるようになるべきだとは思いませんか? 現に、この流れは少しずつはじまっていると感じています。

つまり、わたしは時代のパイオニアであるとも言えるかもしれませんね。

古い考えに固執し続け、月に休みなく30日ずっと毎日スーツをきて朝から晩まで働き、サービス残業をしてまで会社に奉仕をして、やっと20万円程度の給料をもらう生活を続けるのもいいでしょう。

しかし、どうせならそんなブラック会社に奉仕するより、月に休みがありまくりで働く日はわずか7日程度。寂しい思いをしている女性に奉仕をして30万円の給料をもらったほうがほうがよっぽどいいと思いませんか?

わたしは正直、サラリーマンの人たちを見下しています。それは過去に自分が使い捨てされたサラリーマンだったからこそ、そう思うのかもしれません。

女性とセックスをしてお金を稼ぐ。わたしはそのお金で生活をしていることになんの後ろめたさも感じませんし、むしろ先進的でカッコイイとすら思っています。

これだけおいしい思いができるのも、今のうちだけかもしれません。はじめるならライバルが少ない今が絶対にチャンスですよ。

3,000円しかくれない人妻から、その10倍の報酬をもらう方法を教えます

逆援助生活を長いこと続けていると、いろんな女性との出会いがあります。

ここ1年ほどの傾向は、少額の逆援助を希望するふつうの人妻が増えてきていることです。

少し前は、逆援助交際といえばリッチでセレブな女性が派手に遊んでいることが多かったのですが、徐々にそういった人の割合は減ってきている気がしますね。

あるいは、お金を払わないと男に相手にされないような、デブだったりブスだったり、特殊な性癖を持つ人などが多かったのです。

とにかく「普通の人」がほとんどいなかったのが逆援助交際だったのですが、最近では「普通の人」を多く見かけるようになりました。

なにをもって普通かというと、ほんとに普通なんです。

可もなく不可もなくなルックスに、これといってメリハリはないものの嫌悪感はないスタイル。服装だって地味ながらもダサいわけではありません。

これまで男にまったくモテなかった人は、とんでもない髪型や服装をしていたりしますからね。正直、町中を並んで歩くのさえ嫌なくらいだった人もいたのですが、そんなネガティブな要素な一つもありません。

そして、いただく謝礼金も普通。人によってまちまちですが、3,000円だったり5,000円だったりが多いですね。奮発してやっと10,000円といったところです。

リッチでセレブな女性がポンと50,000円をくれるのに比べたらなんともかわいらしい金額なのですが、たしかに現実的な「普通の家庭の普通の主婦」が自由に使えるお金ってこれくらいですよね。

「いくらセックスできてお金がもらえるおいしい仕事とはいえ、安すぎるのもなぁ……」

と、わたしも当初はぶっちゃけハズレを引いたように感じていたのですが、実はそうではなかったのです。

彼女たちはこれから大きく太く育つ可能性のある、期待に満ち満ちた若葉だったのです。

なぜふつうの人妻が逆援助交際をしているのか?

まず、知っておきたいのは、「普通の人妻も逆援助交際を求める時代になりました」でも書きましたが、「ふつうの人妻が逆援助に手を出すようになった理由」です。

実際に質問をして聞き出した内容ですので、貴重な生の声としての価値は大いにあると思われます。といってもたったの3人だけなんですけどね……(笑)

しかし、その3人全員が同じことを言っていたんです。それは

「ドラマの登場人物が逆援助交際をしていて、わたしもやってみたいと思ったから」

ということです。まさか逆援助交際がドラマの作中に出ていたとは、わたしも驚きです。具体的な作品名は忘れてしまったのですが、たしか23時位から放送しているドラマだったと思います。

やはり女性層にドラマの影響は絶大なのですね……。そのドラマのおかげで、逆援助交際の女性層が広がったのだとしたら、大変にありがたいことです。

そしてもう一つ、興味深いこともありました。

「休日に出かけることが少なくなり、あまりにも退屈だったから」

といった意見もありました。今までは旅行やレジャーなど、定期的に楽しんでいたようなのですが、昨今の不況によりその頻度が激減してしまったのだとか。

たしかに不況の影響は大いに感じますね。景気が悪いからこそ、3,000円や5,000円のような低額での逆援助交際が増えているのでしょう。

男性が女性を買う援助交際の相場も右肩下がりだそうですから、これは仕方のないことなのかもしれませんね。

なるほど、と思った意見としてはこういうものがありました。

「もし浮気がバレたとき、金銭がらみの関係だと主張すれば有利になると聞いたから」

とのことです。たしかに、恋愛感情がズブズブになった泥沼の不倫と、金銭がらみのドライな大人の関係では、受ける印象はまったく違いますよね。

既婚であるにも関わらず、風俗店を利用する男性は多いです。社会通念上あまり好ましい行為とはいえませんが、それでも糾弾されるほどひどい行為とは認識されていませんよね。

夫婦仲がセックスレス状態であればなおさらで「まあ、しょうがないよね。それは」と同情すらしてもらえることも。

しかし、それが恋愛感情のからむ不倫となれば話は全然別です。不倫は社会悪であり、許されるものではないのです。芸能人が不倫でもしようものなら袋叩きですからね。

人妻からしても、もしバレたとしても同情をしてもらえる状況を狙っているのでしょう。

むしろ「ふつうの女性が金で男を買うようになるなんて……旦那はなぜそこまで放っておいたんだ!ひどいやつだ!」と、同情どころか積極的に味方をしてもらえるかもしれないのです。

ふつうの人妻を、ふつうじゃない人妻にしちゃおう!

このように、現代の日本においてふつうの人妻が逆援助交際に手を出すことは、決しておかしいことではない状況になっているのです。

しかし、逆援助交際で生計を立てている身としては、1回の交際で数千円しか稼げないのは喜ばしいことではありません。

今はまだ割合的にそういった少額の交際相手は少数派なのでいいのですが、もしこれが多数派になってしまえば大幅な年収ダウンになってしまうのです。まさに死活問題といえます。

おそらくこの流れを止めることは出来ないでしょう。今後、逆援助交際はよりカジュアルで一般的なものになっていくことが予想されます。

だからといって指をくわえている訳にはいきません。こっちは生活がかかっているのですから!

そこで、わたしが最近実践していることは「ふつうの人妻を、ふつうじゃない人妻」に仕上げてしまうことです。

これは風俗嬢やホストはみんなやっていることです。逆援助交際はホストや風俗嬢にとても親和性のある仕事ですから、参考にするのも自然な流れですよね。

水商売のお客さんの中には「太客」と呼ばれるお客さんがいます。客単価の何倍ものお金をじゃぶじゃぶと使ってくれたり、お店を通さず個人的にプレゼントをしてくれたりしてくれる人のことですね。

そういった金払いの良い、景気のいいことを「太っ腹」と呼びますから、そこから来ているそうです。ホースの直径が太ければ太いほどより多くの水を運べるようなイメージもあるのかもしれません。

逆に金払いの悪い、ケチでしょぼい客のことを「細客」とも呼ぶそうです。ふつうの人妻の数千円なんてのは、まさにこの細客に当てはまります。

キャバクラやホストなど水商売の売上は「数名の太客が売上の2割を占め、何千名もの細客が残りの8割を占めている」ことが多いんだそうです。

仮に1億円の売上があったとしたら10人で2000万円を売り上げ、4000人で8000万円を売り上げていることになると想像してみてください。

太客は一人あたり200万円をつかい、細客はわずか2万円しか使わないのです。その差は実に100倍!太客を一人捕まえることは、100人分の価値があるのです。そのため、いかに「太客」を捕まえるかが売上に直結するわけですね。

しかし、黙って指をくわえていても太客がフラっとやってくるわけではありません。では、太客はどこからきたかといえば……もとは細客だったのです。

細客を太客に「育て上げる」ことができるホストや風俗嬢はまさにプロであり、非常に重宝されているそうです。

わたしもそれに続きたいと思います。「数千円だけかよ!やってらんねー!」と愚痴をこぼすだけではなにも改善しないのですから。

女性を依存させて、恋をさせればあとは簡単

わたしは以前、なぜ風俗嬢がホストに貢いでしまうのか、不思議で仕方ありませんでした。

風俗嬢であればお店に来たお客を接客する側の気持ちがわかるはずなのです。仕事として仕方なく、裏では舌打ちをして嫌々ながら接客しているだけなのを誰よりも知っているはずなのです。

風俗嬢が男性のお客さんを金づるとしか見ていないように、ホストも風俗嬢を金づるとしか見ていない。そんな誰でもわかるようなことなのに、なぜ入れ込んでしまうのか……?

そこには実に巧妙で、人の感情をうまく利用した手口があったのです。

ホストクラブにハマる女のマウンティングとは? タレント女医を脅迫した風俗嬢逮捕の裏側

筆者もかつて足しげく通ったが、1回に3万円を支払うのがやっとの細客。恋愛感情はなかったが、笑いにあふれ、ストレスのない楽しい時間は病み付きになった。回数を重ねれば相当な金額になるが、現金払いなどで健全に遊ぶ分には問題ない。しかし恋愛感情や自己顕示欲、色恋営業(恋人同士のような雰囲気での接客)や枕営業(肉体関係によって指名客を獲得したり、売上をあげる営業)など、欲望が交わることでこじれていく。

そもそも指名は女性側に主導権がある。お気に入りのホストから「いま何してるの?」とマメに連絡がくれば、営業だと分かっていても悪い気はしない。なにしろ彼らは接客のプロである。初対面でもフレンドリーで、時には絶妙なスキンシップで“キュン”とさせるのはお手の物。誰もが肯定的な態度で接してくれ、承認欲求も満たされるなど精神的な支えとなるケースが多い。

(中略)

今回のような脅迫騒動は極端な例で、店内でも争いを目撃したことはないが、指名ホストが別の客の席でシャンパンコールをしていたら、それに負けじと、より高い酒を入れて対抗するというのはよくある話。自分がそのホストにとって一番の上客になりたいという気持ちからマウンティングが勃発する。

今回もおそらく豪遊ぶりに対する嫉妬もあれば、ホストを独り占めできないもどかしさもあったと思われる。

ホストの中にはあえて太客の存在をにおわせて煽るケースも少なくない。客管理に問題はなかったのか疑問は残るが、女の嫉妬や逆恨みの実態が明るみに出た一件だった。一人の男のために多額の金が飛び交うホストクラブ。くれぐれもご利用は計画的に。

http://wotopi.jp/archives/12835

実際にホストにハマりかけたことのある人の話ですから、説得力がありますね。

なぜ風俗嬢がホストにハマってしまうのかといえば「自分だけは特別」だと思っているからでしょう。正確には「思わされている」と言えますが。

「わたしが彼に一番ふさわしいの!」

という自己顕示欲と、承認欲求を満たすための手段はお金しかありません。一般的なOLや人妻にはそのお金がありませんので、そもそも最初から諦めていることが多いです。

中には消費者金融から借金までして、そのレースに参加してしまう一般人もいるようですが……結果は言うまでもなく、悲惨なものです。

お金を持っている若い女性なんて風俗嬢くらいしかいません。つまり、風俗嬢同士でホストを取り合っているのです。

もはやホストを置き去りにして、女同士の維持とプライドをかけた空中戦を繰り広げてしまっているケースもままあるんだとか。手段と目的を完全に間違えてしまっています。

こう言ってしまってはなんですが、風俗嬢は頭の弱い子が多いのです。いいように騙されて風俗業界に入ってしまった子もいます。

そんな子を見つけては「お仕事大変でしょう?つらいよね。悩みとか相談あったら聞かせてね!」と優しい笑顔で近寄るホストたち。肉体的にも精神的にも大変な仕事なのですから、そんなときに手を差し伸べられたら誰だって頼りにしてしまうもの。

ただでさえ頭の弱い女の子なんですから、完全に信じ込んでしまうわけです。「この人はわたしの味方なんだ。いや、むしろこの人しか味方はいないんだ!」と。

実際は味方どころか食い物にしようとしている敵でしかないのですが……。それに気づくのはまだまだ先のお話。

ちなみに、風俗嬢だって同じことをしています。男性客に対して思わせぶりな態度をとったり、「◯◯さんが彼氏だったらよかったのにな~」なんてその気にさせてみたり。

ホストも風俗嬢も、この「色恋営業」を駆使することで、細客を太客に仕上げていくのです。

ホストも風俗嬢も逆援助交際も、お金で相手を買っているのは同じこと。それなら、逆援助交際にだって色恋営業はつかえるのです!

恋をさせるのは、実はとってもカンタン

「でもナァ、そんな自由自在に惚れさせることが出来たら、俺ァもっといい人生送れてたよ……」

と、思うかもしれません。わたしだってそうでした。これまでの人生でモテた経験など一度もなかったのです。でも、コツを知ってしまえば、とてもカンタンなことだったのです。

なにしろ、ここでいう「惚れさせる」というのは普段の日常生活とはかけ離れたシチュエーションでのお話です。

学生時代、クラスの好きな子が自分のことを好きになって欲しい。そんな男子なら誰もが思う望み。残念ながらその望みが叶うことはほとんどありませんが、逆援助交際においてはかなりの確率で叶えられます。

友人関係ですらない、ただクラスが一緒だっただけのモテモテでかわいい女の子。かたや、すでにセックスをしていて日常生活ではまったくモテないであろうふつうの人妻。

選択肢が無数に存在するモテモテの女の子に比べ、ふつうの人妻はすでに選択肢が自分しかないようなものです。ライバルがいたとしても、旦那ではなく他の逆援助交際相手の男たちですしね。

しかし、数千円しか支払わないふつうの人妻は、男たちから冷たくあしらわれてしまうことも多いでしょう。そこをすかさず狙うのです!

コツとしては、「お金を受け取らない日を作ること」です。

風俗嬢やホストがおこなう枕営業のようなものですね。君とは仕事ではなくて、プライベートな個人としてセックスをしたい。その意思表示をするのです。

それをされると「自分は相手にとって特別な存在になれたのかも」という思いをいだきます。そう錯覚させるのです。

とくに逆援助交際に手を出すような人妻なんてのは、どう考えたって寂しいですし、精神的に追い込まれています。旦那は味方ではなく敵で、お金を払ってココロとカラダの癒やしを求めるしか選択肢がなかったのです。

そんな人妻が求めているのは、激しい野性的なセックスではなく、包み込むような優しくてソフトなセックスです。

特にセックスの前と後に力を入れましょう。前戯と後戯が大事なのです。

前戯であれば相手の目を見つめて何度もキスをしたり、背中や耳の裏などの性感帯をゆっくり刺激してみたり、何十分もクンニをし続けてみたり。

まるで恋人同士がするような、愛情を注ぎ込むようなセックスをしてあげるのです。激しい手マンでイカされるよりも、よっぽどココロとカラダが満たされて快楽を覚えるのですから。

セックスが終わった後も大事です。いくら「仕事」が終わったからと言って、直後にタバコを吸い始めたりでもしたら相手の恋心は一気に冷めてしまうでしょう。

終わった後も添い寝をして頭やカラダをなでてあげたり、一緒にシャワーを浴びてみたり、別れ際には必ずキスをしたりなど。

相手のココロがときめくようなことをしてあげるのです。たったそれだけのことで、相手は高確率で恋に溺れ、わたしに依存していきます。

惚れさせてからは、アメとムチの繰り返し

「もうあなたなしでは生きていけない」と思わせたらコチラのものです。なんでも言うことを聞くようになります。

惚れさせるまではアメばかりをあげていましたが、今後はムチも混ぜていきましょう。

急に会う予定をキャンセルしてみたり、普段以上のお金をお願いしてみたり、どうしてもほしい物がある、とねだってみたり。

そんなワガママを通したあとは、またアメをあげましょう。存分に優しくしてあげるのです。

あとはこれの繰り返しをするだけです。特別なテクニックだったり、鍛えられた体力などは一切必要ありません。誰でも出来ます。

そうなってしまえば、これまで5,000円が当たり前だった金額が10,000円になり、15,000円になり、20,000円になり、30,000円になり……と、右肩上がりになっていきます。

もはや彼女は歯止めが効かなくなっているのです。風俗嬢がホストに貢ぎまくってしまうのと同じです。

もし、お金をしぶるようになってきた場合は、別れをチラつかせるのもいいでしょう。

「そっか……そうだよね。◯◯さんのところも苦しいもんね。無理させちゃだめだもんね。……でも、わたしにも生活や叶えたい夢があるから…………今までありがとう……」

と、意味ありげに言うだけでいいのです。必ず食いついてきます。彼女にはもう自分しかいないですし、自分はそれをわかっているのですから。

あくまでもコチラが身を引くという体裁を取るのがポイントですね。

逆援助交際にハマる人妻は、いろいろなものを失ってきたのです。無条件でモテていた「若さ」を失い、せっかく結婚した「旦那」からの興味を失い、女としての「自信」を失っている……。

そんなふつうの人妻が行き着いた先が出会い系であり、逆援助交際という手段なのです。せっかく逆援助交際で掴んだ「幸せ」を、また失いたくはないのです。

決してふつうの人妻をパンクさせてはいけません

ただ、ここで「しぼるだけしぼりとってやろう」と考えるのは三流なんだそうです。もし限界までしぼりとってしまったとしたら、あるのは破滅だけです。なにも残りません。

それどころか、最悪の場合は相手からの恨みを買ってしまい、ストーカー化して悪質な嫌がらせを受けてしまうことも。

そんな状態を「パンク」と呼ぶそうです。「太客がパンクしちゃってさ~。今月つらいんだよね~」といった感じで、カジュアルに使われているそうですよ。

一流のホストや風俗嬢はパンクするタイミングを見極め、その一線は絶対に越えないようにするのだそうです。

パンクしてしまえばせっかく細客から育て上げた太客が、無になってしまうのですから。それに、相手に与えてしまう精神的ダメージもかなりのものです。誰も幸せになりません。

決してパンクさせることはなく、生かさず殺さずでゆっくりと吸い上げていく……。

吸血鬼のようにガブりついて一気に血を吸い上げるのではなく、ヒルのようにこっそりと張り付いて気づかれることなくジワジワと吸い上げていくのが一流なのです。

失敗も多くありましたが、わたしも細客だったふつうの人妻を太客にすることに成功しています。それがインタビューに答えてくれた3人なんですけどね(笑)

彼女たちとは今もいい関係を築けています。最初こそ数千円だったものが、今では安定して20,000円から30,000円をくれるようになったものです。

ただ逆援助交際相手の言いなりになるのではなく、相手を「調教」してやるくらいの気持ちでいましょう。それが逆援助交際でよりよい成功を収める秘訣だと思います。

わたしが逆援助交際で遭遇したとんでもない女たちまとめ

逆援助交際で生計を立てるようになって、はや3年が過ぎました。

真面目に働いているにも関わらず、休みも残業代もほとんど無いようなブラック会社にこき使われていたあの日々からすれば今はまさに天国のような毎日です。

しかし……なにも逆援助交際のすべてが素晴らしいわけではありません。逆援助交際は人と人との一対一の付き合いです。当然、色んな人がいますから様々な交際のカタチがあるわけです。

今回はわたしがこれまで経験してきた逆援助交際のなかでも、どうしても耐えることができなかった嫌な思い出を書き連ねたいと思います。

逆援助交際は一種の契約関係ですから、お金をもらっている以上は断れないこともあるのがデメリットとも言えますね。このあたりは昔のブラック会社を思い出してしまいますが……。ほんとうにヤバいときは逃げ出すことができるだけまだマシですね!

とてつもないデブだった

いきなり、ありきたりな話で申し訳ないのですが……出会いで遊ぶ以上は避けては通れない「デブとの遭遇」です。しかし、デブはデブでも規格外のデブでした。わたしが初めて「これは無理だ」と感じたのがこの方でしたので、いまも強く印象に残っています。

本当にすごかったんです。それこそ、マツコ・デラックスのような体型です。あるいは、ジャバ・ザ・ハットとでも言うべきでしょうか。身長は150センチくらいと小柄ながら、体重はゆうに100キロを超えていたと思います。

一緒に町中を歩けばそれだけで注目の的です。本当に恥ずかしかったですね。あの頃はまだ逆援助交際の経験も浅かったですから、よく逃げ出さなかったものだなと関心します(笑)

おそらく、デブ専と言われる人にとっては最高の人だったのかもしれませんが、わたしはわりとノーマルなものですから、エッチするときに勃起するのにも大変苦労しました。

なにしろお尻の肉をかき分けて、抑えておかないとお尻の穴すらどこにあるのかまったくわからないのです!

お相撲さんは自分でお尻が拭けないから弟子に拭かせている、という豆知識を思い出しながら「これとヤらなきゃいけないのか……」という絶望におそわれていました。

しかし、いざエッチが始まってしまうと、わりとどうにかなってしまうものなんですよね。最初こそ頭が本能的に勃起を拒否していたのかわかりませんが、まったく勃たなかったものの、フェラチオなどをされて一度勃起してしまうと、何事もなかったかのようにビンビンのままだったのは、男という生き物の無常さを感じたりもしました。

それに見た目には醜いその体型も、いざ触ってみるとこれがなかなか気持ちいいんですよね。無印良品の「体にフィットするソファ」を触っているような感じなのです。

セックスにおいても、挿入するときこそ大変なのですが、いざ挿入してしまえば圧倒的な肉感に押しつぶされるような快楽がなんとも刺激的でした。

「なるほど、デブ専の人はこれにハマってしまうのか……」

なんて具合に、セックス中に冷静に考えていたことを思い出します。実際、セックスだけをみればマイナスも大きいけどプラスも大きいという、プラマイゼロくらいの気持ちにはなっていました。

しかし、いかんせん普段のデートがどうしてもつらく、自分の美意識からすれば「醜い」という気持ちがどうしても拭えなかったため、一度きりの出会いとなりました。

頭がちょっとおかしい人だった

続いてはメンヘラさんの紹介です。まあぶっちゃけてしまえば、逆援助交際をしている女性は大なり小なりちょっとおかしい人が多いです。

その中でも最も印象に残っている人は、その大のほうに振り切った人でした。

容姿だけでいえば前述した規格外デブのように醜いなんてことはなく、むしろスタイルのいい美人とも言える人でした。だからこそ怖いというか、深い闇を感じましたね……。

年齢も30歳くらいで、逆援助界隈でいえば若い女性といえるでしょう。10代の頃からずっとキャバクラと風俗嬢をやっていたそうです。実際、多いんですよね。逆援助を希望する女性の中で、元水商売をしていた人って。

その人は現役でデリヘル嬢をやっていたのですが、精神的に不安定すぎてすぐお店からクビになってしまうようで、各地を転々としていたそうです。

もうホストで派手に遊べるほどの貯金もないので、逆援助交際でほそぼそと遊んでいるとのことでした。昔は一晩でホストに200万つかったこともあるそうですから、それを考えれば1回3万円で済む逆援助交際は破格の安さに感じているのかもしれませんね。

その人は普段の言動もおかしかったのですが、セックス中が特におかしかったんです……。行為中に「首を絞めてほしい」とねだられるのは毎回ですし、いきなりカッターを持ち出してきて「お腹の部分を薄く切ってほしい」なんて真顔でお願いしてくるんです。

首を絞められたり、自分の血を見たりすることで、逆説的に「自分は生きている」ことを実感して安心したかったのかもしれませんが、それを実行させられるこちら側としてはたまったものではありませんでした……。

それだけではなく、人の携帯を盗み見ては「この女は誰!?わたしがいるのに他の女と会ってるの!?」と彼女ヅラをしたかと思えば、自分は平気で他の男と連絡を取り合っていたりなど、とにかく言動が一致せず、疲れる毎日でした。

ただ、羽振りは良い人でしたので定期的なお付き合いをしていたのですが、いつかの帰り道でふと悪寒を感じ、後ろを振り向いたらその女性がわたしを尾行していたことがありまして、その日以来は会うのをやめました。

交際を続けて更に深入りしていたら、もっと面倒なことになっていたかもしれません。

性癖が特殊すぎた

アブノーマルなセックスを求めてくる逆援助交際相手は多いのですが、その中でもダントツですごかったのがスカトロフェチのかたでした。

画像や映像でみたことはあるものの、実際にやったことなんて当然なかったのですが「報酬はたっぷり」とのお言葉をうけてホイホイついていってしまったのが運の尽きです。

いえ、むしろウンがつきまくったとも言えますね……。なにしろ、彼女が出したてほやほやのウンコを体中に塗りたくられるプレイをしたのですから。

目をランランとさせて「わたしのうんちは大丈夫だから!完璧な食事をしているから、とても衛生的で芸術的なの!」と、顔をがっしり掴まれて熱弁された時は頭がおかしくなりそうでした。いったいあれの何が楽しいのか。いま思い出してもまったく理解できませんし、むしろ思い出すと今でも吐き気がします……。

なにがきついって、臭いがとにかくきついんです。画像や映像では絶対に伝わることのない臭いが、あまりにも強烈なのです。

わたしはプレイ中に何度も吐いてしまいました。しかし、彼女はその吐瀉物ですらわたしの体に塗ってくるのですから、まさに無間地獄です。

一生忘れられない、なんてことをよく言いますが、あの日のことはまさに一生忘れられないことでしょう……。わたしとしては、早く忘れたいのですが。本当に。

報酬は10万円をいただき、一晩の稼ぎとしてはたしかに破格だったのですが、家に帰って即座に着信拒否をしました。あれはもう二度と出来ません。

ドケチな人妻だった

逆援助交際というとセレブで社会的地位の高い人がやっているイメージですが、実際はそうでもありません。コテコテのセレブなんてほんの一握りで、実は普通の主婦が逆援助交際をしていることはなんら珍しくありません。

とはいえ、普通の主婦はどうしても普通なのです。自由に使えるお金も少ないので、謝礼金も数千円だったりすることも。

それでも「セックスが出来てお金がもらえる」のですから、その女性が好みであれば何の問題もありません。世の中の多くの男性は「セックスするためにお金を払っている」のですから、特権階級のようなものです。

しかし、好みでない……ぶっちゃけキツい場合は別です。数万円がもらえる逆援助交際であれば、お金のためなら!と踏ん張ることが出来ますが、数千円となればそこまでの気力はわいてきません。

さらに、その数千円でさえ値切ってきたり、お金を持ってくるのを忘れたなどとトボけたりする女性がいるのですから、やってられませんよ。

もっとも、同じようなことを世の男性たちが若い女の子にしていると思うと……。情けなくなるやら、同情してしまうやらですが、こちらとしてもそんな被害をこうむりたくはありません。

きちんと「最初のお約束どおりでお願いします」とはっきりと意思表示をすることが大事です。ナメられたらいけません。ナメられるのはチンコだけでいいのです。

病気持ちだった

わたしたちは風俗嬢のようなものです。

お金をもらって、不特定多数に性的なサービスをし、対価としてお金をもらう。その構図はまさに風俗嬢そのものといえるでしょう。

そんな風俗嬢の悩みとしてよくあげられるのが「お客さんから性病をうつされた」という話です。

なにしろ1日に数人……多い人であれば10人をこえる相手とセックスをするのですから、性病にかからないわけがありません。

仮に性病持ちの男性が100人に1人だったとしても、1日10人を相手にしてれば10日に1回は性病持ちの男性と当たることになってしまうのですから。

逆援助交際はそこまでの高回転率ではないので、性病のリスクもグッと下がりますが、それでもゼロではありません。

わたしの場合は特に、逆援助交際で稼いだお金で援助交際を楽しんでいますので、そのリスクはさらに上がることでしょう。一般的な男性に比べれば何十倍も性病をもらうリスクがあるのです。

3年間の逆援助生活のなかで、だいたい半年に1回は性病をもらっていますね。そのため、定期的な検査を心がけています。

逆援助交際相手だって不特定多数の男性とセックスをしているし、わたしだって複数の女性とセックスをしているのですから、性病が蔓延するのは当然のことですからね。

最近では梅毒が若い女性の間で流行しているというニュースもあります。

20代女性「梅毒」急増に医師が懸念 そのリスクとは?

過去の病気と思われていた梅毒が急増中だ。2012年と比べ16年の感染者数は約5倍とすさまじく、主に若い女性の罹患が増えているという。

梅毒の2012年までの20年間の感染者数は、年千人未満にとどまっていた。そのころの主な感染経路は男性の同性間の性的接触によるもので、感染経路が似たHIV(エイズウイルス)の合併例も多かった。

それが13年以降、感染者数が急上昇し、16年の1年間で4518人(速報値)と、42年ぶりに4千人を超えた。急増分の多くは、若い女性の異性との性的接触によるものであり、女性の感染者の半数以上は20歳代だ。

https://dot.asahi.com/wa/2017020200017.html

逆援助交際をしていると、若くて風俗嬢のような女性とお付き合いすることもあります。

わたしがたまに援助交際で自分本位のセックスをしたくなるように、風俗嬢もたまには逆援助交際で自分本位のセックスして、ストレス発散したくなるのでしょう。

性病の対策としてもっとも確実なのはコンドームの使用です。100パーセント防げるものではありませんが、生ハメするリスクに比べたら圧倒的に安全だといえます。

マンコがとてつもなく臭かった

マン臭事変とも呼ばれるこの悲しい事件。大なり小なり、男性の多くは一度くらい経験しているものではないでしょうか。

わたしもいろんな女性とセックスをしてきましたが、逆援助交際を希望する人の中には「誰からも相手にされない」ようなヤバい女性もいました。

そういった人たちは、えてしてマンコが臭いんですよね……。ルックスは見なければいいし、スタイルだってデブ専とはいかないまでも、もう慣れてきました。

しかし、臭いだけはどうにもなりません。あれは本当に無理です。一瞬でチンコが萎えてしまい、奉仕どころではありません。

一番強烈だった人は「夏場の腐ったドブ川で死んでいるザリガニ」のような臭いがしましたから。そんなザリガニの臭いを嗅いだことはありませんが、それでもあのマンコに比べたらまだマシな気がしています。

さすがのわたしも続けるのは無理でした。ウンコの臭いに耐えたわたしですら、マン臭には勝てなかったのです。

わたしは思わずトイレに駆け込み、ひとしきり吐いたあとにこう伝えました。

「実は二日酔いで……とても体調悪くて、奉仕できそうにありません。またこちらから連絡しますので、後日にしていただけませんか?」

と。もちろんお代はいただきませんし、またこちらから連絡もしませんし、後日会うこともありませんでした。

「おめーのマンコ臭すぎんだよ!なに食ったらそうなるわけ?そっから赤ちゃんが生まれてきた日にはその場で死ぬぞ!!」

と罵詈雑言を浴びせたい気持ちをグッと我慢したわたしは偉いと思います。

詐欺にあいかけた

 

出会い系サイトは、全く相手の素性がわからないのですから、相手のことばを全て鵜呑みにするのは危険です。

サイトで知り合ったセレブ人妻。身なりはキチッとしていてデートの約束はいつも高級ホテルです。食事もホテル内の鉄板焼きやお寿司をご馳走してくれてまるで夢心地。ただ、まだ、現金をもらったことはありません。

誰でもこんなシチュエーションなら酔ってしまいますよね。

そんな時女性が「投資でお金を増やしてあげる」と話をもちかけてきました。

アヤシイですよね?

冷静に考えたらアヤシイです。金を増やせるなら現金をくれと思っちゃいます。

でも高級ホテルのディナーとセレブな人妻を目の前にしたら、冷静さは明らかになくなってしまいます。

普段ならぜったいに信じないんです。

人間の心理って…ほんとうに不思議なんです。

でも、信じてしまいそうになるんです。大丈夫かと思いながらも。

不安そうなわたしに彼女は言いました。

「クレジットカードを渡してもらえればいいのよ。不安なのは分かるわ。だったらわたしの免許証番号を控えておきなよ」と。

そこまで言うなら大丈夫。お任せしよう……。

で、お金を渡そうと思いかけたときに我に返りました。

こんなふうに、お金やカードを渡して別れ、次の日から連絡が取れなくなる、なんて事件が実際報告されています。その時あなたは、クレジットカードを限度いっぱい、新幹線の回数券を買われ、キャッシングで限度いっぱい引き出され、泣いて弁護士や警察にかけこんでも、なかなか複雑で詐欺を立証できず支払いは残ります。もちろん、書き留めた免許証番号は偽造されたもの、彼女の本名さえもわからないのです。

支払いが滞ればどんどんカードは止められ、新しくカードも作れなくなったりするのです。

そんな卑劣な出会いはごくわずかです。でも冷静な判断力があれば避けられたはずです。

簡単に見ず知らずの異性と出会えてしまうからこそ、普段より冷静さを保ち相手の言動を観察し、慎重に行動したほうがよいでしょう。

短期間に甘い言葉で迫ってくるような異性には「ちょっとまてよ?」と自分を戒めて。最終的に自分を守るのは自分自身しかいないのですから。

そのような事を常に頭の隅におきつつ、快適に出会い系サイトを楽しみたいですね。

わたしが逆援助交際で遭遇したとんでもない女たちまとめ

いかがでしたか? 色々と昔のことを思い出すと、気分が悪くなります(笑)

もちろん、悪いこともあればいいこともありますし、いいことがあるからこそ3年も続けられているのでしょう。今後も続けていきたいのは間違いないですしね。

仕事である以上は嫌なことがあって当然なのです。あとはバランスの問題でしかありません。いい思い出より悪い思い出のほうが上回るような日が来たら、わたしも逆援助交際を止める日が来るかもしれませんね。

それに、法的な雇用契約でガチガチに結ばれている就職とは違い、逆援助交際はそのような法的な縛りは一切ありません。

もし「この人は無理だ」と思ったときは、さっさと逃げればいいのです。三十六計逃げるに如かず。個人同士のやり取りなのですから、そこには自由が保証されています。

アタリがあればハズレもある。そんな当たり前のことでしかありませんが、ガチャを引くような気持ちではじめてみるのも楽しいものですよ。

 

セレブ女性が求めているものはカラダよりもココロの満足感

逆援助交際でもっとも求められていること・必要なことは何だと思いますか?

多くの人は「セックスのテクニック」と思うかもしれません。たしかに、逆援助交際はセックス行為を奉仕することでお金をいただく……というカタチです。仕事であるセックスのクオリティを上げるはなにが必要か? 「それはテクニックでイカせることでしょ!」と思うのも無理はありません。

なぜそう思ってしまうかといえば、男性がセックスに求めるものが「良質な射精」であることが起因しています。男性が女性にお金を払う援助交際であれば、求められているのは「若さ」や「ルックス」であったり「おっぱいの大きさ」だったり、容姿に関わることがほとんどですよね。なにせ一度きりなことがほとんどなのですから、相手の内面などはどうでもいいのです。ただ、外見だけが重視されます。

セックスまで出来なくても、手コキやフェラだけでもいい、という人もいますし、それも立派な援助交際として成立していますからね。とにかく男は射精さえしてしまえば一定の満足感は簡単に得られてしまう、悲しい生き物なのです。

しかし、逆援助交際で女性を満足させるにはそう簡単にはいきません。そもそもとして、逆援助交際は長期の契約が基本となります。長くお付き合いしていくのであれば「内面なんてどうでもいい」と切り捨てることはできません。だからこそ、チャンスとも言えるのです。

わたしは外見には決して恵まれていません。ひいき目にいって下の上……実際のところは下の中といったところでしょう。しかし、それでもセレブな女性が求めていることを提供することができるので、セックスの相手にもお金にもまったく困っていません。

では、セレブな女性たちは逆援助交際という関係になにを求めているのでしょうか?

セレブな女性が本当に求めているもの

逆援助交際において求められているのは「精神的な満足」です。そして、その精神的な満足をもっとも与えやすいのが「セックス」という行為なのです。

手段と目的を間違えてしまってはいけません。セックスは手段でしかなく、目的は精神的な満足感を与えてあげることなのです。

もちろん、セックスのテクニックがあるに越したことはありません。華麗な指さばきで何度も絶頂に導くようなテクニックがあれば、セックスの満足度を高めることができるでしょう。

ただ、セレブ女性が本当に満足するのは、華麗な指さばきで何度もイカされることではないのです。あまり上手とはいえないクンニを一生懸命に奉仕してくれる男性のほうが、よっぽど喜びを感じて愛おしく思うのです。

プロの風俗嬢相手に下手くそなフェラをされたらたまったもんじゃないですが、まだ男に慣れていなそうな素人の女の子がぎこちないフェラをしていたら、なんともかわいく愛おしく思いませんか?それと同じことなのです。

それに、逆援助交際はなにもセックスだけではありません。普通のデートをする時もありますし、ちょっとした世間話やくだらない馬鹿話をメールやLINEでやりとりするだけで満足してくれる女性もいるのです。

しかし、どちらのセレブ女性にも共通しているのは「満たされていない気持ちがあるからこそ逆援助を求めている」ということです。

いったい何を求めているのかを察知することが出来れば、それはもう勝ち戦のようなものです。だからといって「あなたはなにを求めていますか?」なんてバカ正直に聞いてはダメですよ。

女性の話を聞いていくうちに、なんとなくわかっていくものです。特に、愚痴を言いはじめたらそれは宝の山だと思いましょう。愚痴はいま不満に思っていることなのですから、その不満を解消してあげればいいのです。

大事なのは話を聞く姿勢

ここでひとつ問題です。

1000人以上の女性とセックスをして体力もテクニックも人並み外れているが自分にしか興味がないAV男優と、1000人以上の患者を癒やしてきたもののセックスは下手なカウンセラー。果たしてどちらが逆援助交際に向いているでしょうか?

仮に100人のセレブ女性がいたとしたら、おそらくAV男優を選ぶのは30人ほどでしょう。残りの70名はきっとカウンセラーとのお付き合いを望むはずです。

AV男優では肉体的な快楽を存分に満たすことができますが、ただそれだけです。自分にしか興味のないAV男優は話なんて聞いてくれませんし、会話をしたとしても自分の自慢話ばかり。これではストレスにしかなりません。

かたやカウンセラーの場合、自分の話をしっかりと聞いてくれてストレス発散と安心感を存分に得られます。セックスだって下手だけど出来ないわけじゃないんですから、肌と肌を重ねるだけでも十分に満足できるのです。

一夜限りの相手であれば、ほとんどの女性がAV男優とのセックスを選ぶことでしょう。しかし、逆援助交際は長期的なものだからこそ、カウンセラーが選ばれる結果となるのです。

いまからセックスのテクニックを磨くことは難しいかもしれませんが、人の話をしっかり聞いてあげることだけなら誰でも今すぐできますよね。

なにも難しいことはないのです。ただ、話を聞いてあげてることだけのほうがセックスよりもよっぽど満たされると感じているセレブ女性は多いのですから。

セックスに自信がないから逆援助交際なんてとてもじゃないけど出来そうにない……と誤解している人は、ぜひ認識を改めてください。

逆援助交際を成功させるために、最初のデートで気をつけるべきこと

出会い系サイトは、メールのやりとりをして、実際に会うことができたら、ほぼセックスまでは確実に成功することができます。

しかし、わたしたちの目的はセックスではありません。わたしたちの目的は、逆援助交際、つまりセックスを通じてお金をもらえるようになることです。

たんにセックスが目的であれば、女性の側が「あんまり乗り気になれないな……」と思ったとしても、1回はセックスができるものです。

しかし、わたしたちは、複数回のセックスを通じて、複数回のお金をもらうことが目的なのですから、それではダメ。

そこで、本日は、逆援助交際を成功させるために最初のデートで気をつけるべきことをまとめてみました。

まずは女性のことをよりよく知る

まずは女性との初めてのデートのまえに、メールのやりとりの内容をじっくり見返して、女性のことをしっかりと記憶することが大切です。

  • 好きなもの
  • 嫌いなもの
  • 好きな食べもの
  • 嫌いな食べ物
  • 身長
  • 服装
  • 趣味
  • 特技
  • 好きな有名人
  • よく行く場所

さらには、何月生まれなのかがわかっていれば、星座がわかるでしょうし、星座占いの結果も知っておくことができるでしょう。血液型なども同様。

好きな俳優がわかっているなら、作品を見ておいてもいいでしょうし、作家がわかっているなら、作品を立ち読みしておくのもいいでしょう。

自分がよくしらないことにくわしいのであれば、何か事前に質問を考えておくのもいいかもしれません。

とにかく、最初に徹底的に相手を調べておくのです。

女性の心を動かす基本は、相手のことを知ることなのです。

知れば知るほど、どんなことをされたらうれしいか、どんなことを言われたら不快かがわかってくるものです。

調べることそれ自体に意味がある

実は、会ったときの円滑な会話のためだけに女性のことを調べるわけではありません。

あなたは、その女性のことを知れば知るほど、その女性に会うことが楽しみになっていくのです。

人は興味をもった人をもっと知りたいと自動的に思うようにできている生物なのです。

これを心理学では「熟知性の法則」と呼んでいます。たとえ、一度も会ったことがなくても、きちんと調べていれば、女性のことを身近に感じられるものなのです。

そして、あなたが「会いたい・知りたい」と思っていることは、相手の女性にすぐに伝わります。女性は、相手がどう思っているかを表情や口調などから読み取る能力に長けているのです。とくに、自分の力でセレブとなった女性の場合は、ふつうの女性よりも、よりいっそう人の気持ちに敏感なものです。

きっちりと事前準備をすることでセレブ人妻のハートを鷲掴みにしたいものですね。

服装は清潔感が大切

初対面の女性に好意を持ってもらうために、重要なのは第一印象です。

第一印象が良いと、自然に好意が生まれ、親しくなれるものです。でも「第一印象を良くする」といっても、具体的にどうすればいいのか。

清潔感を大事にすること。清潔な服装で、爪も短く切りそろえ、お髭の手入れもしっかりとし、歯に汚れのないよう綺麗に磨いておく、などです。イケメンでなくても、身だしなみの清潔感を大事にするだけで、誠実でさわやかな雰囲気をまとうことが出来ます。

ファッションは自分のためにするものではありません。相手のためにするものです。もしも、逆援助交際を成功させたいなら、セレブ人妻が好みそうな服装をするべきなのです。

たとえば、会社の採用面接では、面接官は服装を見ます。なぜ服装を見るかというと、その人がきちんと、シチュエーションに会った服装ができるかどうか。すなわち、場の空気を読める能力があるかどうかを見極めるためなのです。ファッションセンスを見ているわけではありません。

同じように、セレブ人妻も、服装から男性を判断します。

なにもとびきりオシャレな服を着なければならないというわけでありません。

彼女たちが大切にしているのは「清潔」と「安全」です。

セレブ人妻の多くは、清潔感のない男性を嫌います。服装に清潔感がないということは、体だけではなくて心もだらしないと思われるでしょう。きちんと約束を守らない、時間を守らない。そういう男性に見えてしまうのです。

さらに、セレブ人妻は安全も大切にします。

「不倫していることを旦那にバラすぞ」なんて脅される状況を何よりも用心します。

だから、安心できる服装を着用するように気を遣ってください。

たとえば、シャツは明るい色がいいですね。革ジャンよりはジャケットを着ましょう。金具がついた靴よりは綺麗に磨かれた革靴を履きましょう。スカルのアクセサリーを付けるのはやめましょう。

そして会った時には笑顔を見せましょう。

人は人を見た目で判断しています。しかし、見た目だけを判断しているのではありません。見た目から、その男性の内面を判断しようとしているのです。

 

笑顔・挨拶・お礼

出会い系で始めて会うとき、どんな気持ちですか?

期待と不安が入り混じり……そう、要するに緊張してしまうんですね。そうすると顔が引きつってしまう。これが一番まずいんです。別に出会った彼女を気に入っていないわけではないのに、顔が引きつってしまうばっかりに、彼女まで緊張するし、彼女はあなたが自分のことを気に入っていないのではないかと不安になってしまいます。女性は初対面のときの相手から持たれる印象をとても気にします。

服装は変じゃないかな、化粧はうまくいったかな、違和感を与えてないかな、すごく気にしているんです。

だから、男性としては笑顔で対応することが大切。

安心感を与えましょう。

実際にセレブ人妻に会ったら、まずすべきは笑顔・挨拶・お礼です。

大切なことなのでもう一度言います。

笑顔・挨拶・お礼

この3つのうち、ひとつでも欠けていれば、逆援助交際はぜったいにうまくいきません。

ます最初に、ニッコリ笑って接してください。けっしてニヤニヤしてはいけません。

人は笑顔でいると、それに同調しようとして無意識に真似をしてしまうものです。あなたがにっこりしていれば、相手の女性にも笑顔が波及します。

これを「ミラー効果」といいます。

そうなれば二人は、お互いに笑顔が増長して、楽しい雰囲気になってくでしょう。

まずはあなたが率先して笑顔になることです。

次に、挨拶をしたら、かならずお礼を言うことも重要。

「はじめまして。今日は、忙しいのにわざわざ会ってくれてありがとうございます」

としっかりはっきりと言うことです。心からの感謝の気持ちはかならず相手に伝わります。時間がもったいないからといって、最初の挨拶やお礼をおざなりにしないようにしてください。

アメリカの心理学者ズーニンは、「人の第一印象は最初の4分で決まる」と発表しています。

つまり、最初の4分で、この笑顔・挨拶・お礼を完璧にこなすことができれば、最高の第一印象を残すことができるのです。

これは、なんとなく好きか嫌いかなどという大まかな第一印象ではありません。

最初の4分で、あなたの印象を永続的に決定づける評価が定まってしまうのです。この4分間で、もしもあなたに悪印象が芽生えてしまえば、そのあとどれだけ努力をしても無駄だということです。

褒める

会話のなかでは、とにかくセレブ人妻を褒めることがたいせつです。

会って30秒以内には一箇所どこかをほめてあげましょう。なんでもいいですよ、携帯のストラップでも、バッグでも、ピアスでもネイルでも、とにかく細かいところをワンポイント、口に出してほめるだけでうれしくなってしまいます。男性なら褒められたところで「お世辞かな」などとかんぐってしまうところですが、女性は無口でいられるほうが不安になってしまうので、笑顔と褒めは効果的なんです。

心理学者ゲルド=ボーナー博士は次のような実験をおこないました。

大学生に知能テストをさせる。

Aのグループには「あなたはとても才能があることがわかりました」といいます。

Bのグループには「あなたは才能豊かとはいえない」と言います。

実験が終わったあと、別の場所で女性が頼み事をしたときに、どれくらいその頼みごとを承諾してくれるかしらべたところ、Aのグループは91%がその頼みごとを引き受けたのにたいして、Bのグループは72%しか引き受けませんでした。

あなたがなんらかの交渉をしたいなら事前にたっぷりと褒めておくことが重要です。

褒める効果は、こちらが思っているよりも絶大。わたしも、「こんなに褒めたらわざとらしいかな」と思うほど、繰り返し褒めてからいろいろな交渉をするようにしています。

  • ホテルに行こう
  • セックスをしよう
  • また会おう

褒めることで、そういうお願いを受け入れてくれる可能性がすこしでも高まるのなら、こんなにかんたんなことはありません。

どう褒めるか

さて、「褒めることが大切」とは言われても、「そんなことは知ってるよ!どうやって褒めればいいんだよ!」なんて思っちゃいますよね。

そうです。わたしたちが知りたいのは、セレブ人妻をどんなふうに褒めるべきかということです。

セレブ人妻を上手に褒めることができれば、巧妙にコントロールすることが可能です。こちらがしてほしいことを自在にやらせて、しかもそれを自発的にしているように錯覚させることができるのです。

具体的に、どのように褒めたら良いのでしょうか。

実は、男性は相対的に評価されることを好み、女性は絶対的に評価されることを望みます。

男性は「○○さんよりもあなたのほうが素敵」と相対的に評価されることを好みますが、女性はそうではありません。

女性は、以下のように個人の変化をほめられると喜ぶのです。

  • 髪型が素敵になったね
  • 痩せてスタイルが良くなったね
  • 会うたびにキレイになるね

相対評価は簡単で、絶対評価は難しいものです。

だからこそ、他の男性が絶対評価をしないから効果的なのです。

初対面で「キレイ」というのは、「他の女性に比べてキレイ」と言っているのと同じこと。それでは相対評価なのです。

それよりも二度目に会った時に何を言うかが重要。絶対評価でセレブ人妻を喜ばせることができれば、確実に好意をひきよせることができます。

さて、絶対評価はさらに到達度評価と認定評価にわけられます。

到達度評価とは、痩せたね・髪が伸びたね・おしゃれになったねなど、明らかに明示的な評価です。

しかし、それだけでなく、さらに強いインパクトを残したいと思ったら「認定評価」をうまく活用することが重要なのです。

認定評価とは、こちらがセレブ人妻に公開していない基準によって相手を評価することです。どこを自分が重んじているのかを明らかにしないので、相手からしたら、どこをほめられるのかが事前にはわかりません。

あるときは、「痩せて綺麗になった」と言い、あるときは「痩せなくていい」と言うといったふうに、一貫性がなくていいのです。

どこを重んじるかも相手にはわかりません。こちらが、「知性がある方がいい」とか「物腰がやわらかい」とか、さまざまな評価の観点をもっていて、そのことが相手に伝わっていないことが効果的に働くのです。

基準がはっきりしない認定評価は、評価者のちょっとしたひとことを重要視させ、相手を一喜一憂させる効果をもっているのです。

たとえば、学校教育には「平常点」という「評価基準が教師によって公開されていない点数」が存在します。このような認定評価を混ぜると、生徒は熱意を維持しやすいのです。すべてを到達度評価にしてしまうと、評価者の熱意は冷めやすいのです。

いかがだったでしょうか。相対評価と絶対評価、到達度評価と認定評価。うまく組み合わせて、セレブ人妻の心をつなぎ留めてくださいね。

共通点探し

仲良くなることは「共通点探しゲーム」です。

そんなことはわかっているよという方もいるかもしれません。

しかし、具体的に共通点探しをしようと思うと、質問責めになってしまう男性がいます。

  • 趣味はなんですか?
  • 好きなタレントは誰ですか?
  • 好きな食べ物は?
  • 出身地は?
  • 旅行に行った場所は?

共通点がいつまでも見つからず雑誌のインタビュアーのようになってしまっては仲良くなることはできません。

だから、どんな質問だったら共通点が見つかりやすいのかを事前に考えておく必要があります。

たとえば、あなたがたくさんのスポーツを経験した人なら、好きなスポーツを聞いたら共通点が見つかる可能性は高いでしょう。あなたがたくさんの本を読む人なら、好きな作家を聞いたら、それに話を合わせることができるでしょう。

ちなみにわたしは音楽をまったく聴かないので、共通点探しに音楽のネタはいっさい使えません。このように、共通点探しに必要な質問とは、人によってまったく変わってくるものですから、あなた自身が考えるしかありません。

あるいは、いろいろなセレブ女性にたいして質問をすることによって、どんな質問が共通点を探しやすいのかを学習していってください。

トライアンドエラーを繰り返すことで、「一生使えるあなただけの共通点探しの質問」を手に入れたら、あとはそれを使い続けるだけでいいのです。

以下に、共通点を探すための質問をリストにしました。あなたと共通点が見つかる可能性が高い質問はどれなのかを考えてみてください。

セレブ人妻が愚痴を言ったら

セレブ人妻が、たとえば、「わたしは可愛くない」とか「わたしは暗い」とか、自分に対する愚痴を言ったらどう対応しますか?

そんなときは、すこし視点を変えて褒めるようにしてください。

「わたしは可愛くない」→「痩せているからキレイ系に見えるのかも。ぼくはキレイ系の人のほうが好きだけどな」

「わたしは暗い」→「暗いというか落ち着いてるよね。元気な人だと疲れるから落ち着いている人のほうがずっといいよ」

などなど。

重要なのはただただ「そんなことないよ」ということではなくて、視点を変えて褒めることなのです。

そもそも、人を褒めることって難しいんです。どこを褒めればいいのか、いつ褒めればいいのかはわかりづらい。

だけど、もしもセレブ人妻が自分のことについて愚痴を言ったとしたら、それは褒める場所も褒めるタイミングも教えてくれているチャンスなのです。

それに、愚痴を言うということはあなたを親密に感じている証拠。

ここが、あなたの評価をいっきに向上させる場面なのです。

食事中の作法あれこれ

最初にデートでは大体食事をしますよね。居酒屋でもダイニングバーでもとりあえず、無難だし、打ち解けるには食事を一緒にするのが人間関係を一番円滑にします。そこでいくつかマナーをご紹介です。メニューをみながらあれこれと迷うのはもちろんですが、最終的に注文するのは男性の役目です。

よく優柔不断だと結局決められずに店員さんを呼んだあとでも女性がどんどん注文したりするシーンを目にしますが、決断できない男な印象を与えてしまいます。些細なことですが、これが積み重なると、今夜これからどうする? とお店を出た後も決断できない優柔を露呈してしまいかねません。

とくにセレブ人妻は、こういう場面に敏感です。今後もずっと一緒にすごせるかどうかをこういうところで審査するんです。

とくにドリンクで迷う彼女を助けてあげると男らしいです。お酒に詳しくない場合、どんな味がすきかを聞いて、その好みを店員さんに伝えます。すると店員さんがお勧めのをいくつかあげてくれるので、そこから彼女に選んでもらえばいいわけです。

こうすると、ちゃんと仕切ってくれる男性という評価でついていこう、というモードになります。こういうところがお持ち帰りの分水嶺になったりするんですね。

デートのもっとくわしい話題は「セレブ人妻と逆援助交際をするなら最低限覚えておきたいデートマナー」にまとまっています。

二次会は行く前提で相談する

ホテルまでがまだ早い場合、二次会のバーなどでもう少し地ならしする必要があるか知れません。

でもここでやってしまいがちなNGトークがたとえば次のようなパターンです、「これからどうする?」「二次会行かない?」どちらも二次会に行くかどうかを彼女に任せているところがよくないんですね。

こうではなくてたとえば次のようにすることをお勧めします「二次会だけど、カラオケとバーどっちがいい?」この時点で行くこと決定、さらりと言えば彼女はそのどちらかから選ぶんですね。別にどちらでも二次会にきてくれればまずはOKなので、作戦成功と言えるでしょう。ホテル行きはもうすぐなんです。

二次会は聞きモードで

彼女の話をよく聞くこと、これが実はお持ち帰りのもっとも効果的な作戦なんです。何も面白いトークを連発することが彼女を落とすコツではないんですね。なぜかというと、女性は自分の話をしながら気持ちを落ち着かせたり盛り上げたり、頭の中がリラックスしてくるんです。

このときに独り言を言うわけにはいかないので聞き手が必要なんですね。あなたがもちろん聞き手になるわけです。うなづいたりあいづちをうったり、興味があるポイントでは軽く質問して見たり、そうしているうちに彼女は完全にリラックス、ぼーっとする瞬間が訪れます。彼女が無口になったらチャンス、肩を抱いてみましょう。

抵抗する様子がなければそのままキスしてもかまわないでしょう。キスがディープになっても平気であれば、その日は落ちました。あとは場所をホテルに変えて続きを楽しめばいいんです。

共通点を探すための質問リスト

  • 家族構成は?
  • 好きな食べ物は?
  • 趣味は?
  • 旅行に行った場所は?
  • 休日は何をしていますか?
  • 好きなスポーツは?
  • 好きな作家は?
  • 気をつけている習慣は?
  • ペットを飼っているか?
  • 好きな場所は?
  • 好きな服装は?
  • 好きな音楽は?
  • 好きな映画は?
  • 好きな俳優は?

言葉の発し方

ここまでは「どんなことを話すか?」に重点をおいてきましたが、内容と同時に「話し方」もひじょうに重要な要素です。

小さな声でボソボソと話してはいけません。自信がなさそうに見えます。そして、セレブ人妻は自信がない男がきらいです。かといって、大きすぎる声もがさつに見えて嫌われます。

最適な声の大きさは、相手よりも少しだけ大きな声です。

また、声の大きさを変動させることも重要なポイント。

ちょっと秘密っぽい話の場合は小さな声で、楽しい話は大きめの声で話すようにしましょう。

そうすることで、会話が平板になることを防げますし、声の大きさを変えただけで、あなたが表現力のある素敵な人と見えるでしょう。

また、声は、ゆっくりと低い声で話すようにしてください。落ち着いていて温厚な人だと思ってもらえます。

高い声で早口に話すと、「小物感」が前面に出てしまって、ぜんぜん魅力的に見えません。

セレブ人妻に実際に会ったら絶対にセックスに誘う

出会い系サイトで一生懸命セレブ人妻とメール交換をして、実際に会ったのに、セックスに誘わない男性がいます。

わたしには信じられません。

だって、セックスに誘ったらセックスをできるかもしれないんです。そして、セックスに誘うことにリスクなんて何もないんです。

たとえば、メールの段階でセックスに誘ったら、会ってもらえなくなるかもしれません。だから、これはギャンブルです。

でも、もうすでに会っている女性をセックスに誘うことは、負けようのないギャンブルなんです。

職場の女性をセックスに誘って断られたら、そのあとおかしな噂が立つかもしれませんね。あるいは、仕事がやりづらくなるかもしれません。

でも、出会い系サイトであった女なんて、セックスに断られたから、それがなんだっていうんですか。

断ったってまた会ってくれるかもしれない。2回目はセックスできるかもしれない。

あるいは、二度と会ってくれなかったとしてもそれは、最初からセックスできない女だったと諦めればいいんです。

とにかく、出会い系サイトの女は、実際に会ったら、絶対に絶対にセックスに誘いましょう。

他に選択肢はありません。

そして、セックスをしてからが逆援助交際の勝負です。女性はセックスをするとよりいっそう男性に惹かれるのです。ここは男性と女性の脳の違いが関係していますね。

女性は、男性に体を許してしまうと、そこに依存が始まるのです。

セックスの内容は「女性をセックスの絶頂に導く方法」を参考にして本番に挑んでください。

また会いたいと思ってもらうために

la_grpb0008857784_0000000001pc逆援助交際における最初のデートで、もっとも大切なことはなんだと思いますか?

  • セックスをすること?
  • お金をもらうこと?

どちらも大切ですが、一番大切なことは違います。

一番大切なことは「また会いたい」と思ってもらうことです。

セックスできなくてもお金をもらわなくてもかまいません。「また会いたい」と思ってもらえれば、またチャンスがありますし、逆にいうと「また会いたい」と思ってもらえないのなら、セックスをしてもお金をもらってもあまりオイシイとは思えません。

今後、そのセレブ女性と何度も何度もセックスをしてお金をもらい続けなければならないんだから、最初の段階で「また会いたい」と思われなければ失敗なのです。

それでは、女性が「また会いたい」と思う男性とはどのような人なのでしょうか?

以下に、わたしがセレブ人妻に、実際にヒアリングをしてまとめた結果をまとめました。

セレブ人妻との最初のデートには、かならずこのリストを見てからのぞむようにしてください。

また会いたい人

  • 元気な人
  • 明るい人
  • 話をきちんと聞いてくれる人
  • 清潔な人
  • こちらの言うことを受け入れてくれる人
  • 一緒に笑ってくれる人
  • 否定しない人
  • 大声を出さない人
  • 大きな音を立てない人
  • 共感してくれる人

もう会いたくない人

  • 暗い人
  • 汚い人
  • 話を聞かない人
  • 自分の話ばかりする人
  • 笑わない人
  • すぐに否定する人
  • 大声を出す人
  • ネガティブな人
  • 自慢話をする人

とくに、どの女性からも、共通して出た意見は「話を聞かない人」「ネガティブな人」はもう会いたくないそうです。

話を聞かない人なんて本当にいるのかな? なんて思っちゃいますけど、出会い系サイトで出会った人で、きちんと話を聞いてくれる男性は、ほとんどいないんだそうです。

つまり、出会うところまでこぎつけて、セレブ人妻の話をきちんと話を聞いてあげたら、それだけでライバルより先んじることができるということですね。

また、ネガティブな人も本当に多いそうです。「どうせオレなんて……」「仕事が忙しくて……」「太っちゃって……」などなど。どうして、セレブ人妻はお金を払ってあげて、なおかつ男性の愚痴を聞かされなければならないのでしょう。せっかくお金を払ったんだから幸せな気分になりたいはずです。

逆の立場に立って考えてみてください。お金を払ってキャバクラにいって、隣についた女の子が「わたしなんてバカだから……」「わたしは可愛くないから……」「わたし取り柄がないから……」なんて話をしだしたらどう思いますか? こっちは楽しい気分をあじわいたくてキャバクラに来ているのに、どうして暗い気分にさせるんだよ! なんて思いますよね。

それはセレブ人妻からしてもまったく同じこと。ぜひとも彼女たちを楽しい気分にさせて、たんまりと報酬をうけとってください。

セレブ人妻に好かれる「やさしい男」になる方法

女はいつだって「やさしい男」が大好きです。

「どんな男性が好みのタイプ?」と質問すれば、たいていの女性が、「やさしいひと」と答えます。

しかし、セレブ人妻の求める「やさしい男」と普通の女性が求める「やさしい男」はまったく違うのです。

本日は「セレブ人妻に好かれる」というところに的を絞って、「やさしい男になる方法」を論じていきます。

やさしい秘書であるべき

セレブ人妻の多くは社会的地位が高く、普通の女性に比べて、一般的な雑用をしていません。

お店の予約をする・映画のチケットを買う・移動手段を考える……。

そんな面倒を一手に引き受けてくれる「やさしい男」をセレブ人妻は求めているのです。彼女たちは、お金を払う代わりに面倒から開放されたいという思いが、骨の髄まで染みこんでいるのです。

だから、こういうところで気の利かない男を「バカな男」とみなします。当然、お小遣いなどもらえません。

わたしたちは、こういう労力をぜったいに厭うべきではありません。積極的に面倒を買ってでることが「やさしい男」だと思ってもらえる近道なのです。

とにかく褒める

褒めるというと、キレイな女性に「綺麗です」と言ったり、痩せている女性に「スリムで素敵です」と言ったりすることだと思っている男性がいます。

ぜんぜん違います。

セレブ人妻を攻略するための「褒め」とは、まったく見た目に魅力がない女性であっても、とにかく褒めて褒めて褒めまくることなのです。

デブでブサイクな奥様であっても、「瞳がすごくチャーミング」だの「肌がすごくキレイ」だのと、とにかく、何でもいいから褒めるのです。お世辞だと思っても、それで悪い感情を抱く女性はいません。

見た目だけではありません。服装・アクセサリ・髪型・所作・言葉づかいなど、ありとあらゆる場所を褒めるのです。

とくにセレブ人妻は、自分の身のこなし・所作・言葉づかいに大いに自信を持っています。そこを褒めて自尊心をくすぐってあげたら、あなたに徐々に惹かれていくのです。

自分がどういう人間かなど関係がない

あなたがクールで知的な人間だろうと、寡黙で根暗な人間だろうと、そんなことは関係ありません。

あなたは、セレブ人妻に奉仕する側の人間なのだから、求められている人間になることが最重要なのです。

アパレルの店員が「寡黙で根暗だから」という理由でボーッとしていたら服なんてぜったいに売れません。

あなたはあなたという商品がどうやったら魅力的に見えるのか、セレブ人妻がどういう商品を探しているのかをリサーチし、その商品に近づく努力をしなければならないのです。

やさしい男とは、けっきょく「その女性にとってやさしい男」なのです。

「やさしい男」の種類は何百通りもあるのです。あなたの目の前にいるセレブ人妻にとっての「やさしい男」とはどういう男なのかを徹底的に考えぬいてください。

あなたを長年縛り付けてきたセルフイメージをとりはらってください。

本当のやさしい男になってはいけない

さて、最後にもっとも重要なことを書いておきます。

やさしい男である努力をいつまでも続けていて「本当にやさしい男」になってしまってはいけません。

あなたは「やさしい男」である演技をしているだけなのです。

いざとなったら、セレブ人妻とセックスしてお金をもらおうと考えているわけです。そして、その手段のためにやさしい男を振舞っているのです。

この大前提を忘れてしまうと、逆援助交際は非常に効率の悪いものとなります。

お金をもらうことから逆算してやさしくしているということを常に忘れないようにしてください。

会うたびに、セレブ人妻にやさしくしているばかりで、そこから進展がないなんてことはぜったいに避けなければなりません。

逆援助セフレは、作ろうとしなければできません

1485happy逆援助セフレは、作ろうとしなければできません。

当たり前な事を言うようですが……実際、そうなんです。

大多数の男性が逆援助セフレが欲しいなーと思っているでしょう。

では実際に逆援助セフレを作ろうと努力をしている人がどれだけいるか、といえばほとんどいません。

いま逆援助セフレを持っている人はほとんどが努力をした人です。

中には圧倒的な容姿や話術、経済力などがあるかもしれませんがそんな人は一握りです。

電車の中でパズドラをしているような、なんてことないサラリーマンだってセフレ持ちかもしれないんですよ。

努力したもの勝ち

結局は「努力したもの勝ち」なのです。自分の欲望に正直な人が得をするのです。

逆援助セフレなんて自分が持てるわけがない。ルックスだって、スタイルだって、年収だって、人並みかそれ以下か…そんな自分じゃ無理に決まってる。と思い込んでしまっている人って多いと思うんです。逆に言えば、そういう人が多いからこそ、わたしが逆援助セフレを簡単に作れるんですけどね。

結局こういうのってやるかやらないかなんです。やれば必ず結果はついてきます。

今がチャンス

それに今は逆援助セフレの敷居もだいぶ下がっていて、女性側の抵抗も薄くなっています。今がチャンスですよ。

セレブ人妻は、時間も性欲もたくさん。男と会えなくて困っている人妻がたくさんいるんです。

そんな人妻と即会いできるのが逆援助系サイトの魅力。

人妻と言っても20代の若妻もいれば、40代以上の熟妻もいるからその時の気分に合わせて好きなタイプに声を掛ければ高確率で逢えます。セックスの時は他人の妻を寝取っている背徳感と優越感が相まって興奮度もMAX!燃えること間違い無し!

メールはまめに

さて、いざ実践するときに、勝負を決めるのはメールのまめさ。

メールをまめにすることがすべてのはじまり。

これは基本です。短期間に、より沢山のメールのやりとりを行うことが、出会いの約束を実際に取り付ける上での最善の方法なのです。

ではなぜ『短期間』にメールのやりとりを行うのか?

鉄は熱いうちに打て! だからですよ。

せっかく盛り上がってるところで水を差す必要はありません。

せっかく異性との秘密の交流を持ちたいと掲示板に書き込みをした人妻の熱も、半月もすれば普通の生活の中で熱が冷め、出会う意欲そのものが失われてしまいます。

セレブ人妻が盛り上がり、ドキドキして、いっとき家庭のことを忘れているあいだに

メール→出会い→エッチです!

それから、人妻を女性として扱って上げることも重要。

わたしも数年間、こうして逆援助交際をしてきて、ある程度のことがわかってきました。

やっぱり大事なのは、女性として扱ってあげることですね。

結婚して子供が生まれて家にこもりっきり…そうなると、自分が女性であることを忘れてしまいがちです。旦那からはもはや異性として見られておらず、外へ出ても○○ちゃんのお母さんという扱い。
そういった生活に不満のある人妻が、出会い系へと登録するわけですね。

なら話は早いってものです。相手が求めているのを、こちらはわかっているんですから。過剰なまでに女性扱いをしてあげればいいのです。

わざとらしいくらいでいいのですよ。相手も悪い気持ちはしないどころか、まんまとハマってくれるのですから。

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

わたしは、逆援助交際で、複数の女性と定期的にセックスをして、お金をもらっています。

わたしは、何のとりえもありません。チビだし、ハゲはじめた40代のオジサンです。そんなわたしでも、出会い系サイトを利用することで逆援助交際を成功することができるのです。

逆援助交際は、正しい出会い系サイトを選び、正しい努力を続ければ、かならず成功することができます。

注意していただきたいのは、大手出会い系サイトでは、「援助・逆援助」など金銭の授受をあらわす表現はすべて禁止されており、そういう発言をすると運営から削除されてしまうということです。

だから、逆援助交際をするためには専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

本日は、わたしがこれまで利用してきた逆援助出会い系サイトからおすすめランキングを作りました。

すべて完全無料フリーメールOKですので、4サイトとも登録してご自分に合った出会い系サイトを見つけてください。

逆援助出会い系サイトおすすめランキング

 セレブ交際

001

もっともオススメは「セレブ交際」。女性会員数がもっとも多いですね。続々と新規入会しているので、どんどん新しいターゲットにメールを送りましょう。

→→セレブ交際の公式サイトはコチラから

 プレミア交際倶楽部エグゼクティブ

今回紹介した出会い系サイトのなかでは、もっともハイクラスな女性会員が多いのが「プレミア交際倶楽部エグゼクティブ」。少なくともデート費用を女性がもつのは前提の雰囲気なので、逆援助を自分からなかなか言い出せない男性にオススメ。

→→プレミア交際倶楽部エグゼクティブの公式サイトはコチラから

 セレブパーティ

いっぽう「セレブパーティ」はちょっと若くてエッチに積極的な女性会員が多いですね。ハイクラスとはいえないかもしれませんが、若妻と手っ取り早くセックスをしてホテル代をだしてもらえるならそれでいいと考えている方にはうってつけでしょう。

→→セレブパーティの公式サイトはコチラから

 セレブリティ

ちょっと年齢層が高い女性が多いのが「セレブリティ」。50代熟女でもOKということなら、かなり簡単に出会いに持っていくことができます。セレブといえども50代になると人気がなくなっていくんですね。

→→セレブリティの公式サイトはコチラから

逆援助にお薦めのジャンルは人妻

こんなメールを頂きました。

出会い系にもいろいろジャンルがありますよね。若い子メインだったり、人妻だったり、アブノーマルだったり……。その中でも逆援助にお薦めのジャンルはあったりしますか?

これは断然人妻系です。

わたしもいろんなサイトをやってきましたが、明らかに逆援助相手が見つかりやすいです。

そして人妻というのはその名の通り、他人の妻なわけですからイケナイ事をしている……という背徳感が実に燃えていいんです。

特に意識をしなくても普通に会えるとは思うのですがより確率を高めたいのでしたら少しのことに気をつけるだけでOKです。

まずは平日の昼間に都合をつけられる方。

おめでとうございます。人妻セレブと会えることが99%確定しています(笑)

当たり前なことですが、人妻というものは昼に家に一人でいるというケースが多いです。

昼間は仕事で無理というかたも大丈夫ですよ。

主人が夜勤なんて人妻もいますし、時間帯さえ合えばもらったも同然です。

あとは心構えとして

  1. 「秘密は守る」
  2. 「普段できないような、非日常を楽しもう」
  3. 「貴女を一人の女性として扱いたい」

この3つをアピールしていけばまず間違いありません。

中でも非日常というワードに人妻はとても弱いので「特殊な部屋のラブホに行ってみませんか?」や」アブノーマルなおもちゃで楽しんでみませんか?」など、具体性があるとより惹きつけられると思います。

女性はいくつになっても素敵な男性と恋をしてときめいていたい、と思っているものなのです。そんな不倫をしたい女性は、やはり不倫をしたいと思っている男性を求めて、出会い系サイトに登録します。

しかし、出会い系サイトに登録しているのは女性より圧倒的に男性が多いのです。

多くの男性をしりぞけ、勝たないことにはひとりの女性とも出会うことはできません。

さらに、セレブ人妻と出会うことができる5つのテクニックをご紹介します。

熟女を狙う

不倫出会い系サイトに登録している女性のほとんどはプロフィールに「わたしは年齢より若く見られます」と書いています。

実際、女性らしくあろうと若さを保つように努力している人は多いです。ですから、熟女であっても敬遠せずにアプローチしてみましょう。

また、「わたしはぽっちゃりです」と書いてあっても案外、普通の体型だったりします。プロフィールにあるスペックは無視して気が合いそうな女性にアタックすることが大切です。

タカピーな女はスルー

プロフィールでタカピーなことを書いている女性もいます。「美人だと言われる」とか「お金持ちとしか相手にしない」とか。

そんな女性は遠慮なくスルーしちゃいましょう。相手にしても手間がかかるだけです。10人の女性がいて、10人全員に心のこもったメールをするのは、時間かかかります。そんな時は、タカピーな女性はスルーして、おとなしそうな女性に丁寧なメールを書くことに時間を書けたほうがトクです。

優しくアプローチ

メールの文章はとにかく優しく振舞いましょう。女性の話を聞くようなスタンスです。オレオレなメールは嫌われるのでNGです。

女性が興味を持っていることを聞き出し、その話題を持ち出して会話を弾ませましょう。女性があるタレントが好きで、自分がそのタレントを知らなくとも、ネットで検索すれば何でもわかります。「知らない」と言うより、「ああ、知ってる。○○だよね」という方がいいのは当たり前ですよね。

ちょっとHに刺激的に

不倫出会い系サイトに登録する女性は刺激を求めています。優しいだけだとメルトモだと思われてしまいます。出すメールにはちょっとHなコメントも入れることを忘れずに。「○○さんの乳首を舐めてみたい」とか軽くジャブを入れて、反応があればしめたものです。Hな話で盛り上げて、「会おうよ」と誘います。

会ったら速攻でH

会う約束ができたら、お茶して打ち解けられるように努力します。そして、カフェを出たら、さりげなくホテルに誘いましょう。大抵の女性はOKしてくれます。

逆に言えば女性はそうなることを期待しているのです。何もナシで帰したのでは次はありません。少し強引に、とはいえムリを通さず、ノリでホテルに連れ込みます。女性は「ありえない」とか言いながら喜んでいたりします。

一度、関係すれば逆援助セフレに堕ちます。

ただここで注意点「セレブ人妻となんどかセックスをしたくらいで彼氏ヅラをするのはやめてください」。

日記を使ってセレブ人妻と出会う

あと、ちょっとしたセレブ人妻出会いのテクニックの紹介です。

まずは出会いからです。

彼氏を探している人妻は初めから相手にしません。割りきり相手を探している人妻をターゲットにします。

「人妻専門の癒し屋さん」みたいな自分の肩書きをテキトーに作り、「奥様に寂しい想いはさせませんよー」「1夜限りのお相手しますよー」というアピールをプロフィールでします。

日記が書ける場合には、日記に人妻との出会い日記をアップします。

初めは創作でもいいので、毎回こんな人妻と会って、こんな楽しいひと時を過ごしました……みたいな内容にします。

自分と過ごすと、楽しい、後腐れない、トラブルもない、というアピールを日記でするのです。

最初はこんな感じで出会っておいて、徐々に逆援助に移行するとうまくいきますね。

旦那バレせずにうまく付き合うテクニック

出会い系でセレブ人妻と、何度も何度もさんざん遊びつくしましたが、今までトラブルになったことはありません。

1人と長く付き合うこともなくて面倒くさくないし、年齢も様々でいろんな女と遊べます。

旦那では出来ないことを色々やってもらえるのがいいですね。

しかし、そんな天国も、旦那様にバレてしまえば終わってしまいます。

そんな悲劇が起きないように、セレブ人妻と旦那バレせずにうまく付き合うテクニックをまとめました。

自分のアカウントではない SNS などをうまく使います。なんでもいいけど、Facebook・mixi・Ameba・Twitterなど有名なSNSがいいですね。

新しくアカウントを取る時は女性アカウントを取ります。これがセレブ人妻と遊ぶ用のアカウントです。

そこでは徹底的に女になります。ネカマ度がモノをいいます(笑)

出会い系で仲良くなったら、その女性アカウントを使うSNSに招待し、友達申請します。

もちろん普段セレブ人妻たちが使っているSNSで構いません。

そして、自分が男であることはそのSNSのメッセージでも絶対書かないでくれと念を押しておきます。

そこで、メールやデート約束などのやり取りをするのです。

もちろんネカマの状態で行うのですが、意外とそんなに意識しなくてもちゃんとできます。

「今度の週末、旦那出張だよ」「ホント?旅行しよっか!」とか、「こないだ帰りが遅いって旦那に怒られちゃった」「え?ホント大丈夫?」とか、女性同士でも普通にする会話じゃないですか?

すごく仲のいい女友達のようにして、エロメールなどは控えて普段のやりとりとかをしておけば、万一旦那に見つかったとしても疑われることはありません。

名前はミルクティーとかマカロンとか、スイーツなネームにしてます(笑)

アカウント削除して作り直したりしておけば、こちらの証拠もほぼ隠滅できます。

以上です。

これで自分はいままでトラブルなしで、人妻と会ってきました。楽な恋愛もいいですけどね。自分は人妻が大好物なのでやめられません。