逆援助で儲けたお金を援交に使う

逆援助で儲けたお金を援交に使う

いうまでもありませんが、逆援助交際は儲かります。なにしろ、運が良ければ10万円をポンといただけることもありますからね。

それでは、みなさんは逆援助交際で儲けたそのお金を、何に使っていますか?

わたしの使いみちといえば、初めの頃はあぶく銭感覚で適当につかってしまっていました。ゲームや漫画といった娯楽につかったり、高級焼肉を食べたり、ギャンブルにつぎ込んでみたり……。

それも無駄だったとは思いませんが、今ではもっといい使い道に気づいたのです。それは、逆援助で儲けたお金を援交に使うことです。

逆援助交際で儲けたお金を援助交際で浪費する……。それって一見、無駄に思えてしまうかもしれませんが、実はとても効率的で賢い使い方だと思っています。

逆援助交際はストレスも多い

まず、ぶっちゃけてしまうと逆援助交際におけるセックスは業務のようなものであり、こちらが率先してやりたいと思うセックスはあまりありません。

どうしてもお相手が熟年のマダムだったり、男から相手にされないデブやブスだったりと、難アリのお客様が多いのは隠しようがない事実です。

とくに逆援初心者のころ、しかたなくブス相手に金を稼いでいた時期は本当につらい日々でした。

逆援助で儲けたお金を援交に使う
まずはブスでもいいので逆援助交際の経験を積みましょう!
逆援助交際なんて出会えるわけがない そんな話をよく耳にします。それは正解でもあり、不正解でもあります。 その昔、「逆援助交際」という言葉が有名になったのは良くも悪くも「サクラ」のおかげです。 わたしも「女とセックス...

もちろん美人でスタイルのいい当たりのお客様もいるにはいますが、かなり稀です。だからこそ、そういった人と巡り会えたときの喜びはひとしおで、セックスも純粋に楽しめて、頑張ってしまうものです。

しかし、ずっとハズレばかりを引き続けることだってあります。そういうときって、どうしてもセックスに嫌気が差してしまうんですよね。

若い頃はあれだけやりたかったセックスを「もうセックスなんてしたくない」と思える日が来るとは、学生の頃の自分には思いもよらなかったことでしょう。

そんなネガティブな心境のまま逆援助交際を続けていても、ロクなことにはなりません。

相手にモチベーションの低さが伝わってしまえば、その場で契約を打ち切られてしまっても文句はいえませんからね。

そこでオススメしたいのが、「熟年のマダム」や「デブ・ブスの女性」からもらったお金で、若くてかわいい女の子を買うことです。

「金は天下の回り物」とよくいいますが、ある意味ではこれもその通りだといえるかもしれませんね。

若い女の子との援助交際はたのしい!

逆援助で儲けたお金を援交に使う

逆援助で儲けたお金を援交に使う

よほどのマニアかフェチの人でもなければ、若くてかわいい女の子とのセックスのほうが楽しいに決まっています。

あれだけ嫌気が差していたセックスも、奉仕される側になった途端に「とても楽しくて気持ちがいいもの」として元通りになってしまうのですから、我ながら単純です。

純粋にセックスを楽しめる気持ちを取り戻せるのは素晴らしいことです。ストレス発散にもなりますし、今度は自分が頑張る番だな! とモチベーションもわいてきます。

お金をもらってセックスをし、お金を払ってセックスをする。文字通り、毎日セックス漬けになっていたこともあります。

1週間のうち、日替わりで別の女性と毎日セックスをしたこともありました。逆援助交際をした翌日は、援助交際をすることが当たり前になってしまったという時期も。

さすがに今はセーブしていますが、逆援助交際にハマってしまう女性たちの気持ちがよくわかった気がします……。

援助交際の方法論を知りたければエンコーネットをごらんください。とてもよくまとまっているサイトです。

逆援助で儲けたお金を援交に使う
援助交際の出会い「エンコーネット」 | 絶対安全に援助交際を楽しむ方法
絶対安全に援助交際を楽しむ方法を紹介します。完全に合法で未成年とセックスできるその驚きの抜け道とは? 初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介していきます。

風俗嬢とホストの関係

逆援助で儲けたお金を援交に使う風俗嬢がホストにお金を貢いでいる話はよく聞きますよね。数百万単位で貢いでしまう女の子も珍しくないのだそうです。

風俗嬢であれば、仕事として「お客さん」に接する側の気持ちがわかっているはずです。風俗嬢が男性客にもっている感情を、ホストも持っていることは、自明の理です。

風俗嬢が男性客を「金ヅル」としか思っていないように、ホストだって風俗嬢のことを「金ヅル」だとしか思っていないのはちょっと考えればわかるはず。それでもせっせと貢いでしまうのは何故なのか?

わたしは長年、この感情が疑問だったのですが、今なら少しわかる気がします。

彼女たちは寂しいのだと思います。自分の仕事をおおっぴらに話せる友達がいないから、話を聞いてほしいのです。そして、話し相手として最も適しているのが、同じ水商売であるホストなのです。

ホストにお金を貢いでいるというよりは、話を聞いてもらうカウンセリング料として支払っているのかもしれませんね

とにかく「誰にも話せなかったことを話せる」行為が楽しくてたまらないのです。わたしもついつい、逆援助交際のことを援助交際相手に話してしまうことがあります。

会社の同僚の女性や、学生時代に友人だった女性には逆援助交際のことなんて絶対に話せませんが、「同業者」にはつい話してしまうんですよね。

逆援助交際の話はウケがいい

逆援助で儲けたお金を援交に使う

こちらからしたら「こんなひどい女がいたんだよ」「こんなあり得ないセックスをさせられた」なんて話は仕事の愚痴でしかないのですが、彼女たちは興味津々に聞いてくれるのです。

それもそうですよね。セックスひとつで生計を立てている男なんてめったにいないでしょうから、物珍しさもあるでしょう。

セックスするつもりで女性を買ったのに、気づけばセックスもせずにひたすら話し込んで数時間経ってしまっていた時もありました。

彼女も援助交際を続ける中でいろいろなことがあって、不満や悩みを抱えていたのでしょう。お互いに愚痴を言い合い、慰めあい、意気投合する形となりました。

その日はお金も渡さずに連絡先を交換し、後日あった時はお金の関係ナシでセックスを楽しむ間柄になったものです。

いわゆるセフレですね。実際、援助交際相手からセフレの関係になった人も多くいます。

いわば「同業者」のようなものですから、お互いのストレスや求めているものがなんとなくわかってしまうんです。話していると「ほんとそれ!」「ちょーわかる!」といった共感を次々に積み重ねることになりました。

女性はこういった共感を得ることに対して快楽を覚えると言われています。これは言うなれば肉体を重ねるセックスではなく、言葉を重ねるセックスで彼女たちを満たしているようなものなのかもしれません。

援助交際からセフレを見つければ、タダでストレス発散ができる

逆援助で儲けたお金を援交に使う

一般男性が援助交際で知り合った女性をセフレにするのは、とても難しいことだと思います。

なにしろ女性側はお金が目的で、男性はセックスが目的なのです。そこには大きな隔たりがあります。

よほど女性から見て、その男性が好みのタイプでもなければ、お金抜きのセフレ関係なんてものは成立しないでしょう。

しかし、逆援助交際の経験がある男性は一般男性とは違う魅力を持っているのです。それは、共感を分かち合える相手だということです。

「カラダを売って」お金を得ているという共通点は、非常に強みになります。「この人とならなんでも話せる、むしろ話したい!」と、相手の方から食いついてきてくれるのです。

セフレとして好きな時にタダでセックスができるのも魅力的なのですが、仕事の話ができる相手がいることも大きなメリットです。

まだまだ逆援助交際は一般に認知されていませんし、人によっては軽蔑の対象になってしまうでしょうから迂闊に話すこともできません。

リアルの友人でわたしの仕事を知っているのはごくわずかです。話したいのに話す相手がいないつらさから、このブログを立ち上げたという過去もありますからね。

同じ思いを援助交際女性だって抱えているのです。お互いの「心の傷」を舐め合う行為は、お互いの「性器」を舐める行為よりも時に気持ちが良いものなのです。

援助交際女性から得るものも多い

また、わたしは同業者の女性と仲良くなることで多くの事を得ることができました。

特に「接客術」に関しては、とても勉強になりました。こうして客を「捕まえる」「逃さないようにする」「育てる」という三原則は今でも胸に刻んでいます。

逆援助交際も援助交際も、リピーターの獲得をいかに安定させるかが大事になってきます。

そのためには「気に入ってもらう」必要があるのですが、これは自分ひとりではなかなか気づけないものなんですよね。

わたしは逆援助初心者のころ、全然リピートされませんでした。セックスのテクニックだって磨いている(つもりだ)し、なるべくよく思われようと笑顔でサービスしてきたのに、いったいなにがいけないんだ? と原因がわからずに悩んでいました。

ところが、援交少女からこう言われたのです。

「もう少し匂いのケアに気をつけたほうがいいよ」

と。わたしはこれまでそんなことを言われたことがなかったので、たまたまその日は臭かったのかな? くらいにしか思わなかったのですが、後日にふと思い出したとき、原因はこれかもしれないと感じたのです。

洗濯の際の柔軟剤を変え、ディオール・オムの香水を買い、歯医者に行って歯石除去もしてもらいました。

すると、その日を境に女性のリアクションが変わってきたのです。しばらくして初めてのリピーターができ、長期契約を結ぶこともできました。

自分の匂いは、なかなか自分では気づきにくいものです。気をつけだす前はどんな匂いだったのかは今となっては知る由もありませんが、「匂いに気を使っている」ことを感じさせることが大事だったのだと思います。

体臭や口臭を全く気にしない男性は、ガサツで無神経に見えてしまいますよね。でも自分では気づきにくい匂いに対して気を使っているアピールをすることで「この人は他人に対して気遣いができる人なのね」と思ってもらえるのです。

このように、女性との交流を通じてわかることも多いのです。そのチャンスを増やしてくれて、教師ともなってくれる援助交際女性とは積極的に親しくなりたいものです。

サービスを受ける側になって気づくこと

逆援助交際ではわたしはサービスをする側ですが、援助交際においてはサービスを受ける側になります。この時、サービスを受ける側の視点になれることはとても大切なことだと思うのです。

ここでは援助交際を通じて知った逆援助交際で心がけることをお話します。

時間は絶対に守ること!

わたしがついやってしまいがちだったのが「予定されていた時間よりも早く切り上げてしまう」ことです。

2時間の約束でホテルに入り、ふと気づいたら1時間55分が経過していたとしましょう。プレイのキリもちょうどよかったので「そろそろ時間になってしまいましたね」と告げて終わらせてしまう……。実はこれって、すごくNG行為なんです。

サービスする側は早く終わらせたい気持ちがあって当然だと思います。しかし、それはおくびにも出してはいけないのです。

たかが5分。されど5分です。2時間の約束でお金を払っている以上、2時間は絶対にサービスをまっとうする必要があるのです。

これはサービスを受ける側になってみるとよくわかります。わたしが同じことを言われたとしたら「まだあと5分残ってるじゃん!」と怒りを覚えるに違いありません。

そうはいっても「まああと5分だし……わざわざ声に出して怒るほどでもないか」と飲み込んでしまうことが多いでしょう。こうしてサービスする側が気づかないまま、相手に不満感を与えてしまうのです。

「終わりよければすべてよし」という言葉がありますが「終わりが悪ければすべて悪し」にもなってしまいかねないのです。

自然な笑顔って大事

逆援助交際にしろ援助交際にしろ、お会いしたらまずは挨拶から始まりますよね。

「はじめまして! こんにちは~」と自然で気持ちのよい挨拶をしてくれる女の子にたいしては、とても気分が良くなるものです。これからのセックスにも期待が増してしまいます。

しかし、ボソボソと「……こんにちは。……(よろ)しくお願いします」なんて伏し目がちに挨拶された日には、もうその時点で気持ちがだいぶ萎えてしまうんですよね。

人は第一印象を大事にしますし、初めて交わす言葉は挨拶です。その挨拶はとても大事なのだな、とサービスを受ける側になってあらためて思ったものです。

わたしも鏡の前で笑顔の練習なんぞをしてみたのですが、どうにもぎこちなくて気持ち悪いのでやめました(笑)

なるべく自然な挨拶を心がけてはいますが、あまりに化け物じみた地雷が待ち合わせ場所に現れたときに、顔をひきつらないようにする訓練はしておいたほうがいいかもしれませんね……。

もしくは、日頃から短距離ダッシュの練習をしておくのもいいでしょう(笑)

別れ際のスキンシップは心に残る

セックスも終わってホテルを出ようかという時に、ふとキスをされるとなんだかとても嬉しくなったりしませんか?

キスなんてセックス中に何度もしてきたし、キスどころかフェラチオやクンニまでしていたのですから、キスなんて大したことではない……はずなのに、とても印象に残るのです。

「ここ出ちゃったらもうできないもんね! 最後にちゅーしたいなって思って(笑)」

なんて笑顔で言われてしまえば、こちらもクラっときて思わずリピートしたくなってしまうものです。

わたしもこの小技を真似してからは、リピート率が確実に上がりました。やはり逆援助交際を求めるような女性は、スキンシップに飢えているのでしょう。

駅の改札まで見送るのであれば、手を繋いでいくだけでも全然ちがいますよ。

わたしは、帰り際に手をつなぐ演出をしたいがために、ホテルまでの「行き」に関しては手をつなぎません。「帰り」に初めて手をつなぐことで、スペシャル感を出したいのです。

まとめ

以上が、わたしが援助交際を通じて得ることができた逆援助交際にも応用できるテクニックです。

女性は男性よりも感受性が豊かなことが多く、男性からの視点では決して気づくことが出来ない部分も教えてくれることがあります。

幸いにも、わたしははじめの頃に「男を育てることに喜びを見出す」女性と巡り合うことが出来ましたので、その人にいろいろと教わることができたという幸運がありました。

もし、その幸運がなければおそらく今もブラック会社の社畜として、残業に追われるだけの死んだ目をした日々を過ごしていたことでしょう。

自分を育ててくれるという点においては、援助交際で学ぶことのほうがむしろ多いと思われます。いうなればこれは投資です。必要経費として援助交際のセックスを楽しむのは大いにありですよ。

なにせ一般的な男性であれば、援助交際にお金をつかうことはただの「浪費」でしかありません。そこから得られるものはほとんどなく、ただ「射精」をして終わりです。

しかし、逆援助交際でアルバイトをしている男性にとっては「研修」のようなものです。楽しみながら、気持ちよくなりながら、より多くのお金を稼げるようになる勉強ができる。これって素晴らしいことだと思いませんか?

逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング
逆援助交際にオススメの出会い系サイトランキング

現在、大手出会い系サイトでは、逆援助交際関連のメッセージは禁止されています。逆援助交際をするなら逆援助専門の出会い系サイトを利用するしかありません。

こちらではわたしがオススメする逆援助出会い系サイトをランキング形式でまとめました。ぜひごらんください。

11 逆援助交際お金の話
セレブ人妻と逆援助交際