プライドの高いセレブ女性をうまく扱う方法

セレブ女性はほぼ例外なくプライドが高いです。

自身の能力で稼いでいる場合でも、稼ぎのいい旦那を捕まえている場合でも、どちらも「わたしに魅力やチカラがあるからこそ今のセレブな生活がある」という自信に満ち溢れているわけですね。

贅沢な食事に高価な服やアクセサリー。そして広い部屋に立派な家具。まさにそれは成功の証です。そういったものに囲まれて生活をしていたら、どうしても傲慢になってしまうもの。

その態度は環境がそうさせているのであって、なにも彼女たちが悪いのではありません。ごくごく普通のことなのです。一般的な女性と、セレブ生活に染まってしまっている女性では、まったく別の生き物だと思ってください。

逆援助交際をしていく上で、やたらプライドが高いセレブ女性との遭遇は避けられません。そんな時、どう対処したらよいのでしょうか?

セレブ女性は褒められても嬉しくありません

コミュニケーションの基本として、まずは相手を褒めるテクニックがあります。しかし、プライドの高いセレブ女性に対しては逆効果になってしまうことも……。

なぜなら、褒められたとしても「だからなに?そんなの当たり前でしょ?」と受け取ってしまうんです。

例えばイチローに対して「野球うまいですね!」なんて褒めたとしたら……それはむしろ褒めるというよりも、侮辱に近いですよね。これまでの出会い系に慣れている人ほど、注意したいポイントではあります。

かといってまったく褒めないというのも不自然ですし、会話も盛り上がりません。なので、セレブ女性たちを褒めるときは、彼女自身のことを褒めてあげてください。

「その服ステキだね」なんてのはよろしくありません。「いい服を買ってるんだからステキで当然でしょ」と思われてしまいますし、「服がステキなんじゃなくて、着ているわたしがステキだから服もステキに見えるのよ」と、なってしまうかもしれません。

ここまで極端な人はそうそういないかもしれませんが、中にはそんな人がいるのも事実です。

「肌やスタイルが綺麗だね」はアリですね。セレブ女性であれば日頃からエステに通っている人がほとんどです。そういった、日々「努力している成果」を褒められるのはプライドの高いセレブ女性にとっても嬉しいことであり、努力しないで得た結果を褒められても嬉しくないのです。

一般的な女性であれば、努力してお金をためて買ったバッグや服を褒められたら、それは間接的に「自分の努力」を褒められたことになります。しかし、セレブ女性にとってお金を稼ぐことはもはや特別な努力ではなく、日常なのですから。

セレブ女性を疑ったり、試すようなことは絶対にしてはいけません

まだ一度もセレブ女性とお付き合いできたことのない人がやってしまいがちなタブーがあります。

それは、「逆援助って本当にお金をくれるの?」「なんでそんなにお金をもっているの?」という疑問をぶつけてみたり、少しでもチラつかせたりする言動です。

これをされると、彼女たちはとても不機嫌になります。なぜなら、何度も何度もそういった態度をとられた経験があるからです。あなたからすれば初めてする質問かもしれませんが、セレブ女性たちは同じ質問を別の男性からうんざりするほどされているのです。

基本的なことではありますが、わたしたちとセレブ女性との立場は対等ではありません。彼女たちのほうが上なのは明らかなのです。それなのに、最初から疑ってかかられたら気分が良いものではないですよね。

ただ、長く交際を続けていたら上下関係が逆転するケースもありますけどね。こちらから別れを切り出して、引き止められて、より多くのお金をもらえるようになるということもありますが、はじめのうちは彼女たちにすべての決定権があると思って間違いありません。

とはいえ、不安からそんな質問をしてしまうのも無理はありません。今までの生活からは考えられない価値観ですし、自分の中で確証を得て安心したいだけなんですよね。

「ほんとなら預金通帳の写真だったり、高級マンションに住んでたりするところを見せてくれよ! 証拠をオレに見せて安心させてくれよ!」と、言いたくなってしまうもの。

でも、考えてもみてください。彼女たちにはそんなことをする必要が全くないんです。なんでわざわざ証明しなきゃいけないんですか? 見ず知らずの、会ったこともない男のために。

疑ったり試したりすることは、セレブ女性に対して「アナタは信用に欠ける」と伝えているようなものです。そういった態度を取られた時、彼女たちはどう思うかといえば……

「そう。なら別にいいわよ。代わりの男を見つけるから」

と、思われておしまいなだけです。

セレブ女性は神にも等しい存在である

セレブ女性を例えるなら、大企業の面接官ですね。毎日のように「御社の一員として、一緒に働きたいです!」という就職希望者が殺到している中で、数多くの中からさあ誰を選ぼうかという立場なんです。

そんな中で「御社の労働環境は本当に健全なのですか?」や「福利厚生が充実とのことですが、その証拠はありますか?」なんてイチイチつっかかってくる人がいたら、面接官はどう思うでしょうか。

よほど優れた人物であれば別ですが、そんな失礼な人に対応するのって面倒ですし、仮に入社させたとしてもなにかと扱いが大変そうですよね。

キリスト教の聖書においてもこんな話があります。ある男が悪魔からこう言われました。

「お前は神を信じているそうだが、その神は本当にお前を助けてくれるのか? 神が本当にいると言うなら、その崖から飛び降りてみたらどうだ。お前の信じる神が本物であれば、きっと神はお前のことを助けてくれるであろう。さあ、飛んでみろ!」

しかし、男は毅然とした態度でこういったのです。

「神を試すなかれ」

なぜなら、神を疑ったり試そうとした時点で信じる心は消えているので、その時点で信者ではなくなる。信者でないものを神が救う道理はない。と、いうわけです。セレブ女性はまさに神にも等しい存在といえるのですから、絶対に試してはいけないのです。

セレブ女性の言うことは鵜呑みにしてください。セレブ女性が男性に求めるものは「安全」や「安心」であり、「面倒」なリスクはできるだけ抱えたくないんです。一度もセレブ女性と出会えたことがない、という人はまずここが間違っていることがほとんどです。

お金の話をしない

あなたが新しく逆援助交際できる相手を探そうとするとき、決してお金の話をこちらから持ちだしてはいけません。逆援助交際の相場はあってないようなものなのですから。

通常の援助交際であれば、事前に条件を決めるのが当たり前ですので、それと同じだと思ってしまう人がたまにいるのですが、それは大きな間違いです。

いわゆる「イチゴ(一万五千円のこと)」だったり「ホ別(ホテル代は別)」といった隠語や専門用語が数多く生まれた援助交際ですが、逆援助交際に関してはそのような言葉を使うことはほぼありません。

なにしろ、セレブ女性はとてもプライドが高いのです。相手から金額を提示されて、その要求を呑むという流れは耐え難いものなのです。

例えばあなたが会社経営者だとして、入社希望者と面接をしている際に「一生懸命がんばります!……で、給料なんですけど、まあこれくらいくれれば働いてやらんこともないですよ」なんてのたまう奴がいたらどう思うでしょうか。

「なんだこいつは!馬鹿にしているのか!」と思うのが当然でしょう。採用なんてするわけがありません。逆援助交際にも同じことが言えるのです。

あくまでも金額を決める決定権はセレブ女性側が全権を握っているのです。あちらから金額の話を持ちだされない限りは、決してその話をしてはいけません。これは暗黙のルールであり、そのルールを知らない「逆援助の素人」はそこで蹴落とされていきます。

もし、セレブ女性側から「いくら欲しいの?」と聞かれた場合は「貴方のお気持ちで結構です!」と答えるのが模範解答でしょう。ここで調子にのって3万だの5万だのと品のないことを言ってしまえば、一気に嫌われてしまいます。

もはや大衆的な遊びとなった援助交際とは違い、逆援助交際はセレブ女性だけに許された高貴な遊びなのです。少しでもそこに下品さを感じさせるような要素はとても嫌われる傾向にあります。

あなたは大きなお屋敷の執事になったような気持ちで、謙虚な姿勢でいることが逆援助交際成功の秘訣なのです。

ただ、一つだけ例外があります。セックスは上品に行う必要はなく、むしろ下品な行為が好まれる傾向に有るということです。

大きな音をわざとたててクンニしてみたり、セレブ女性の股をがっと掴んで強制的にM字開脚にさせてみたりすると、これがけっこう喜ばれるものなんですよね。

ベッドの上では下品に、それ以外の時は上品に振る舞うのがセレブ女性に気に入られるためのコツです。

わたしはこの心得を知らなかったばかりに、何度も失敗を繰り返し、時間とお金を無駄にしてきました。逆に言えば、この心得さえ抑えていれば他のライバルと大きな差を付けられるのです!

ただプライドの高い「セレブ人妻となんどかセックスをしたくらいで彼氏ヅラをするのはやめてください」。それでは嫌われてしまいますので注意です。

【朗報】もはやブスとセックスをして無理に稼ぐ必要はなくなりました

逆援助交際がメジャーになったのは、ひとえに「サクラ」のおかげである、と言われております。

「お金とカラダを持て余したセレブ女性たちが、男を買い漁っている……」

そんなあまりにも美味しすぎる話は、またたく間に広まりました。わたしも当時、出会い系でさんざん騙されたので身にしみて覚えています(笑)

  • 「ワケありで、今すぐお金を使わねればいけないんです。1,000万円を振り込みさせてください」
  • 「とある皇族女性のお相手をしていただけませんか? 口止め料として8,000万円支払います」
  • 「夫の遺産が3億円あるんです。全部お渡ししてもいいと思っています」

などなど、とんでもない手口でサクラは荒稼ぎをしました。上記のような誘い文句にマジで騙されてしまう男たちが跡を絶たなかったのです。

さすがにわたしはそこまでバカではありませんでしたが……(笑)それでも、5万円といったリアルに有り得そうな金額に対しては「もしかしたら」と期待をして、ほとんどを裏切られてきました。

……そうなんです。「ほとんど」ということは、100パーセントウソだったわけではありません。ただの1件だけ、本当に逆援助交際が成立した時があったのです。

逆援助交際は現実にあった……が

その1件がなければ、わたしもこうして逆援助交際で稼ぐなんて人生は送っていなかったことでしょう。ターニング・ポイントとはまさにその日の出来事です。

今でもよく覚えています。お相手はアラフォーの人妻で、もう旦那と5年以上もセックスレスと、黄金パターンともいえるありがちな状況でした。

報酬は2万円。これまで逆援助交際のお誘いと言えば「社長夫人」や「キャリアウーマン」といった嘘くさい上級国民ばかりでしたので、ごくごく普通の人妻という部分に興味を惹かれたのです。

2万円というのも一般家庭が捻出できるリアルな金額ですよね。男性が女性を買う時もだいたい2万円前後なことを考えれば納得できる金額でした。

当時は「もしかしたらとんでもないブスがくるんじゃないか……?」と会う日が近づくにつれ、どんどん怖くなっていったものです。

幸いにも、その心配は杞憂に終わりました。美人ではありませんでしたが、とんでもないブスではありません。ほどほどのブスといったところで、下の上くらいの女性でしたね。「まあイケなくもない」と、初対面で思ったものです。

もっとも、それはとんでもないブスがくると身構えていたので「なんだ、案外普通じゃん!」と、ハードルが下がっていたから安心した部分もあるのでしょう。冷静に今振り返ってみたら「けっこうブス」くらいの人でしたね(笑)

「これで2万円か~、おいしいな~」と思わず舞い上がっていました。そう、会った当初はウキウキ気分だったのです……。

やはりウマい話はそうそうなかった

しかし、そこには愕然する光景が待ち受けていました。

行きつけのホテルがあるとのことで会うエリアは彼女に任せていたのですが、ついたのはSM専用ホテル。

すっと血の気が引いた瞬間を今でも鮮明に覚えています。うろたえるわたしをみて、彼女はニコニコとするばかり。

「え、これってどういうこと? ……え、(あなたはSとMの)どっちなんですか?」

と、思わず質問をしてしまいましたが、それもただニコニコとするばかり。この時点でもう「あ、やべえこの人S側だ……」と薄々感づいてしまうハメに。

そして、それは杞憂に終わることなく現実のものになります。わたしの逆援助交際デビュー日は、わたしのアナル処女喪失の日となったのです……。

当時は散々な目にあったと、家に帰って枕を濡らす日々でしたが、今となっては笑い話となったいい思い出ですよ。わりと本気で(笑)

あの体験のおかげでいろいろと吹っ切れるようになった気がします。彼女もけっして乱暴や無茶をすることなく、こちらを非常に気遣いながらプレイをしてくれましたからね。

その日以降、連絡を取ることはありませんでしたが、きっと今も夜な夜なアナル処女を奪っているのかもしれません。

そんな逆援助交際デビューからすでに5年以上が経過しました。ジャバ・ザ・ハットに爆弾岩を乗っけたようなクソブスと遭遇したこともありましたし、ウンコを食わされそうになったこともあります。

しかし、ここ1年ほどはそんな「過酷な逆援助交際」が激減していることに気づきます。

そうなんです。いまの逆援助交際は、非常に「おいしいこと」になっているのです。

いまの逆援助交際はとてつもなくウマい

先日、当ブログでもお伝えしたように、いまは「普通の人妻」が逆援助交際をし始めることも珍しくありません。

セレブではない人妻も逆援助交際を求める時代に。なぜ、ごく普通の人妻が男にお金を払ってしまうのか?

この現象と時を同じくして、逆援助交際の出会い系サイト内の環境も変化し始めていたのです。それは「レベルの高い女性が増えている」ことです。

これまで、逆援助交際で出会う女性はブスであることが多かったです。たまにいる美人やかわいい子は稀で、それこそはぐれメタル並の遭遇率だったものです。

「当たり」の女性とは1年で1回会えればいいくらいでしたからね。しかし、今では2~3ヶ月に1回は「大当たり」の女性と出会えるようになったのですから、笑いが止まりません。

いったいなにが原因なのか? わたしなりに調べてみたところ、ひとつの仮説に行き着きました。

それは、若い女性と中高年男性の結婚率が急増している事実に原因があると思われます。

かなり年上の男性と結婚する若い女性が増えている

上のグラフは2015年に婚姻届を提出した夫婦の年齢差をあらわしたものです。

もっとも多かったのが男女ともに同年齢のケースで、21%。次に多かったのが男性が1つ年齢が上のケースで、13.5%です。

まあ1歳差でしたらほぼ誤差のようなものですからね。女性が1つ年齢の上のケースが9.6%ですから、すべて合わせれば44.1%となりますから、半分弱の夫婦が同年代のカップルで結ばれているのです。少子化が懸念されるいま、実におめでたいことですね。

ところが、3位に注目してみてください。「夫が7歳以上年上」という、いきなり大きく年齢差がつくケースが堂々の3位にランクインしているのです。

4位以下はだいたい3歳前後差で落ち着いているのですから、あきらかに異質な存在です。結婚したカップルの10人に1人は、男性がかなり年上の年の差婚をしているのです。

ありがちなのは20代の女性が30代40代の男性と結婚するケースですね。最近でも、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんと、大人気モデル&女優の佐々木希さんが結婚したことが話題となりました。

渡部さんは44歳で、佐々木さんは29歳です。実にその差は15歳! なんとも夢のある話で羨ましいですね。いや、ほんとに妬ましい……。

年の差カップルは冷え切っていることが多い

しかし、こうした年の差婚カップルは、あまりうまくいかないのが現実だそうです。

まず、世代が違うのですから価値観も違ってきます。結婚してお互いに共同生活を送るのであれば、この些細な差がのちのち大きくなってくるものです。

基本的に、男性側は常に我慢を強いられることになりますね。なんでもかんでも、若い嫁に合わせなければならないのです。

自分の気持ちを常に押し殺し、たまにワガママを言おうものなら「なにいってるの? 年上で男なんだから、それくらい我慢してよ」と取り付く島もない。

そんな日々が続いてしまえば「若い嫁を手に入れた」という自己満足以外に、プラスになるものはなにも残りません。

女性側だってそうです。おそらく、年の差婚を実現させた男性は「年収が高い」ことが予想されます。

なにしろ、半分弱のカップルが同世代の結婚を選ぶのに、わざわざ7歳以上も歳の離れた男性を選ぶのであれば、なにかしら理由があるはずです。そして、その理由のほとんどは経済的なものでしょう。

いくら若い女性と結婚する中高年男性が増えているという事実があるとはいえ、誰でも彼でも若い女性と結婚できるわけではありません。

生物学的に、年をとることはリスクでしかありません。体力は衰えますし、病気や怪我などのリスクも増えて、死の危険は若い頃よりもぐっと上がります。

そのリスクを補うことができるのが、お金というわけです。女性からすれば、結婚した時点でその目的の半分は達成できたようなものです。

しかし、お金に困らなくなったら、今度は生活に不満を持ち始めます。稼ぎの多い男性は、当然ながら忙しいことがほとんどです。

家にはロクにかえらず、帰ってきても疲れていてすぐに寝てしまう。「そもそもお金が目当てで愛情があったわけじゃないから、むしろ帰ってこないほうがいいし……」なんて思われているところもあるかもしれませんね。

どちらにせよ、年の差婚カップルの多くはセックスレスに陥ります。そして、そのセックスレスを解消するのにもっともうってつけなのが「逆援助交際」になるわけです。

普通の出会い系はリスクが有る

ただ不倫したいだけなら普通の出会い系を使えばいいのでは? と思うかもしれませんが、それは大きな間違いなのです。

なにせ、普通の出会い系には「普通の男」しかいません。セレブな女性との付き合い方をわきまえていない男だらけなのです。

平気で人のプライベートに干渉してきたり、「弱み」を握ってお金をせびってきたりと、そんなリスクをセレブな女性はとても嫌うのです。

その点、逆援助交際の出会い系であれば安心できます。セレブ女性との付き合い方のなんたるかを事前に知っている安心感を、彼女たちは「お金で買う」のです。

そのお金も旦那が稼いできたお金ですからね。自分で汗水たらして稼いだお金であれば、無駄遣いを嫌ってしまうものですが、人のお金なら気兼ねなくポンポン使ってしまう人も多いのです。

特に稼ぎのいい旦那を持つセレブ女性であれば、ただでさえ金銭感覚がおかしくなっていますからね。5万円、10万円と気前よくくれたりするのですから、平民からしたらとても理解できません……。

まあ、彼女たちを「理解」する必要はないのです。彼女たちにすべきことは「奉仕」でしかありません。

ストレスはあるものの、若くてカワイイ女の子とセックスできてお金がもらえる!

もし、若いセレブ女性との交際で問題点があるとすれば「生意気で傍若無人な振る舞いをする」ことくらいでしょうか。自分を中心に世界が回っていると、ガチで思い込んでいるような人たちです。

よかれとおもってアドバイスしたことが「反抗的な態度」として見受けられてしまうことも珍しくありません。とにかく、ヘコヘコと媚びへつらっておけば安定です。

それは少なからずストレスですが、なれてしまえば案外平気になるものです。なにせ、大金がもらえて若くてかわいい女の子とセックスまでできるのですから。

そう、これはまさに冒頭でお伝えした「お金とカラダを持て余したセレブ女性たちが、男を買い漁っている……」が現実となったのです。

当時、一生懸命に男を騙す文章を考えていたサクラも、まさかそんなでっち上げの夢物語が現実になるとは思ってもいなかったことでしょう。

5年の時を経てようやく時代が追いついた……のかもしれません。なんにせよ、今は若くてかわいい女の子と逆援助交際できてしまう時代なのです。

勝ち組の男を蹂躙するような気持ちよさも味わえる

基本的に、稼ぎのいい旦那を持つ女性はルックス的には優れた子ばかりです。

それも当然ですよね。年収の高い男性は女性を選ぶ側の立場なのですから。より若くて、よりかわいい子を選別することが可能なのです。

そうして数ある中からよりすぐった美女を、わたしが寝取っているのです。それどころか、自分の稼いだお金を間男に盗まれているような始末です。

このシチュエーションってめちゃくちゃ興奮するんですよ。

わたしは高卒でろくな仕事にもついていませんでした。いわば、社会の負け組です。スーパーで半額シールが貼られるのをひたすらに待つだけの、底辺ともいえる生活をしていたこともあります。

そんなわたしが、一流大学をでて一流企業につとめている勝ち組の男性の妻とお金を奪っているのです。このことがわたしにはセックスよりも快楽で、この気持ちを味わうことのほうがメインになっていたかもしれません。

とあるセレブ女性から、こう言われたことがあります。「あなたって、ルサンチマンそのものね」と。

ルサンチマンとは「弱者がもつ、強者に対する嫉妬・羨望による憤り、恨み、憎悪、非難の感情」のことなんだそうです。まさにわたしにぴったりですよね。

こういった言葉があるということは、それだけこの感情を持つ人間は多いということです。なんだか自分が正当化された気がしてホッとしたのをよく覚えています。

まとめ

これまでいい情報ばかりをお伝えしてきましが、最後に一つ悪い情報をお伝えしたいと思います。

それは……「割合としては、まだまだブスのほうがよっぽど多い」ことです。当然といえば当然なのですが、そうそうセレブ女性がポンポン都合よく落ちているわけではありません。

「普通の人妻」や「セレブ女性」の割合が増えつつあるとはいえ、まだまだ「男に困ったブスがカネで男を買う」ケースのほうが多いです。

しかし、無理にブスとセックスをしてまで稼ぐ必要はなくなったと思います。単純に母数が増えたので、それだけ出会いのチャンスが広がったことが大きいですね。

普通の人妻で細かく稼いだり、レアなセレブ女性から一攫千金を狙うもよし。わたしはもう、お金のためにブスとセックスすることはたぶん無くなることでしょう。

でも、なんだかそれはそれでちょっと寂しくなりそうな気もします。ブスとのセックスが、なんだか癖になってしまっているのかも……(笑)

逆援助交際で絶対にしてはいけないこと

世の中はタブーであふれています。

太った女性に対して「あなたってデブですね」と言ってはいけないように、セレブ人妻に対しても決してしてはいけない言動があるのです。

ただでさえセレブ人妻たちはプライドが高く、自分は成功者である自負を持っているのです。それを傷つけたり、おざなりにしてしまうことは、彼女たちがもっとも嫌がる行為であると言えます。

コチラとしてはほんの世間話や、素朴な疑問でしかなかったとしても、不躾で非礼なこととして受け取られてしまう可能性のある言動を、きちんと把握しておきましょう。

お付き合いが確定する前はもちろんのこと、逆援助交際が成立してからの些細な選択ミスでせっかくの逆援助交際を破綻させてしまうのはあまりにもったないですからね。

逆援助交際で絶対にしてはいけないことについて紹介したいと思います。

その1.相手を疑ったり、試すような言動

逆援助交際をまだしたことがない初心者がやってしまいがちな過ちとしては「相手を疑ったり、試すような言動をする」ことです。

わたしもそうだったのですが、最初はどうしても信じられなかったのです。逆援助交際なんていうウマすぎる話がほんとうにあるのか?と。

「女性とセックスをしてお金までもらえる」という言葉の響きといったら「このツボを買えば幸せになれる」くらいの胡散臭さがあるといっても過言ではありません。

さらに、逆援助交際がサクラにとっての常套手段として悪用されてしまったこともこれに拍車をかけたことでしょう。逆援助交際=インチキと思っている人はいまでも大勢いると思われます。

「ほんとに逆援助交際なんてしてるの?嘘じゃないなら、なにか証拠を見せてよ。現金の山とか、通帳の写メとか、なにかしら見せられるでしょ?」

なんて風に、上から目線で「嘘じゃない証明」を求めてしまう初心者のなんと多いことか。証拠を見て安心したい気持ちはわたしも痛いほどわかるのですが、そうやってたくさんの人から疑われてきたセレブ人妻の気持ちも痛いほどわかります。

よく考えてもみてください。立場としては、セレブ人妻のほうが圧倒的に上なのです。それなのに、なぜそんな上から目線で人を試してくるような不快な人物にたいして、いちいち証拠を見せなければいけないのでしょうか?

「そうだよね!どうしてもあなたに信じてほしいから、指定された写真を送りますね!」

なんて具合に、わざわざこちらの言うことを聞いてくれると思いますか?逆の立場になって考えてもみてください。

あなたがもし年収数千万の富裕層だとして、若い女の子と愛人契約を結ぼうとしたときに

「オジサンってほんとにお金持ちなの?なんかショーコないんですか?ショーコ」

と、アタマが悪そうな口調で言われてもみてください。この女の子がアイドルばりにかわいくて、モデル並みにスタイルがいいのでしたら話は別ですが、並の女ならいちいち相手にしないですよね。

そんな反抗的な態度をとる男なんて「不要」なのです。疑ったり、試すような言動をしては切り捨てられてしまうだけです。あなたの代わりはいくらでもいるのですから。

相手のプライベートに干渉する行為

誰しも出会い系で知り合った人物に対しては自身のプライベートを知られたくないものです。ましてや、それがセレブ人妻であればなおさらです。

安易な気持ちで、ちょっとした世間話のつもりで「そういえば旦那さんってどんな仕事してるの?」なんて聞いたりすることは絶対にタブーです。

誰もが知っている大会社の社長夫人だったりすることもありますし、有名な病院の院長だったりすることもあるのですから、とてもじゃありませんが答えることは出来ません。

答え自体は別にはぐらかせばそれまでです。「会社経営をしているの」「医者をしているの」とだけ言えばいい話です。

しかし、セレブ人妻にとっては「平気で人の旦那に探りをいれてくる」その無神経さが気に食わないですし、恐怖を覚えるのです。

逆援助交際の秘匿性をわかっていない人なら、平気で友達や家族にこの関係のことを口外しているかもしれない。少しでもそう思われてしまえば、秘密の関係を何よりも重要視するセレブ人妻にとっては、あなたの存在はリスクでしかなくなるのです。

探りをいれるだの、プライベートに干渉するだの、そんなつもりは毛頭なかったことでしょう。しかし、それでも相手が怖く感じてしまえばそれまでで、言い訳は通用しないのです。

子供に関する話もしてはいけません。セレブ人妻たちは複雑な事情を抱えていることも多いのです。

わたしがお付き合いした人の中は、過去に患った病気の影響で子供を作れなくなっている方もいました。その方は「ピルを飲んでいるの」と嘘をついていたのです。

最初こそ気にせず中出しを楽しんでいたのですが、ふとあるときに質問をしてしまったのです。

「ピルをずっと飲んでいるみたいだけど、旦那さんとの子供はつくらないんですか?」

と。すると、笑顔で本当のことを話してくれたのです。とても悲しい笑顔でした。わたしに少しでも気をつかわせないための笑顔をつくってくれる、とても優しい女性でした。

しかし、その日以降お会いすることはありませんでした。きっと、わたしなんかに「同情」されてしまうのが嫌だったのでしょう。

あくまでも逆援助交際は遊びであり、非日常の空間だったからこそ楽しめていたにも関わらず、わたしはそこに日常を持ち込んでしまったのです。

「夫」や「子供」といった「家庭」に関する話題は、こちらから振ることは止めておきましょう。どこに地雷が隠されているかわかりません。

あなたがキャバクラに行ったとして、キャバ嬢から妻のことや子供のことばかり聞かれたらウンザリしますよね?

そういったストレスやしがらみを忘れたくて、パーッと遊びたくてキャバクラに来ているのに、なんでそんなことを思い出させるんだ?と。

それと同じことなのです。

見栄を張ったり、知ったかぶりをする言動

相手は平気でお金で男性を買い、数万円をポンと払える世界に住む人なのです。我々、一般市民とはまったく別の世界に住む人だと思っていてください。

そんなワンランクもツーランクも上の相手に対して、見栄を張ったり知ったかぶりをするような言動は、相手からすれば物笑いの種でしかありません。

普段から良い物を身につけ、良い物を食べ、良い男に囲まれているのです。そこに対抗して自分を大きく見せようとしても、必ず失敗します。

セレブ人妻が求めているのは、そのような「ランクの高い男性」ではないのです。むしろ、自分よりも明らかに格下で、いい意味でも悪い意味でも安心できる相手を求めていることが多いです。

言うなればペットのような存在でしょうか? ペットは従順で、こちらがエサをあげれば喜んで食べてくれて、遊んであげたら尻尾を振ってくれるし、一緒に遊ぶのはコチラも楽しい。日常に癒やしを与えてくれる存在。

そんな立ち位置でいいのです。知らないことは素直に知らないといい、時には知っていることでも知らないふりをする狡猾さも必要になってきます。

キャバクラ嬢がお客さんにつかう「さしすせそ」というものをご存知でしょうか?

  • さ:さすがだね!
  • し:知らなかったー!
  • す:すごーい!
  • せ:センス良いー!
  • そ:そうなんだー!

……といったものです。なんとも単純明快でバカバカしいものですが、実際これを言われると気分がよくなってしまう男性はとても多いのでしょう。

さすがにこれをまるまるパクったとしてもセレブ人妻に対しては失礼なだけですが、こうしてキャバ嬢の相手を持ち上げていい気持ちにさせるテクニックは参考にしたいものです。

契約金を吊り上げるような行為

ただでさえお金の話をするときは気をつかうものですが、逆援助交際においてはさらに注意しなければなりません。

まず、大前提として頭に入れておきたいのは「逆援助を希望する女性は貴重」だということです。

若い女性が援助交際を希望した場合、何十通というメールがその女性のもとに届くことでしょう。より条件がよく、よりルックスが好みの男性を複数人の中から選ぶことができる余裕があります。

ダメ元で吊り上げ交渉をして、NGだったら別の男に鞍替えする……。そんな行為が実に簡単にできてしまうのですから、ビジネスとして考えれば、むしろ若い女性は積極的に吊り上げていくべきですらあります。

逆援助交際の場合も似たようなものです。何十通というメールの中から、より条件が合って好みの男性を選ぶ事ができるのです。セレブ人妻は「持てる者」であり、わたしたちは「持たざる者」なのですから。

せっかく数十人の中から自分を選んでくれたのに、ここで欲をかいて「もうちょっといただけませんか?」なんて言ってしまうのは、自殺行為としか思えません。

あなたは選ばれた時点でもうすでに強運なのです。せっかくのチャンスを棒に振ることのないようにしてくださいね。

相手を脅したり、ゆするような行為

セックス中の様子を隠し撮りしておき「これを旦那に見せられたくなかったら、もっと金をよこしな」と恐喝する……。

言うまでもありませんが、これは立派な犯罪です。してはいけないではなく、したら捕まります。絶対にやめましょう。

さすがにここまで露骨なことをする人はいないと思いますが、別れ際になると似たようなことをする人もいるようです。

「俺を捨てるなんていいのか!?そんなことしてみろ!今までのことを全部バラすからな!」

こういった行為は非常にみっともないだけではなく、とても迷惑です。セレブ人妻に対してはもちろんのこと、わたしたち逆援助交際でアルバイトをしている「同僚」たちにも被害が及ぶのです。

そんな嫌な経験をしてしまったセレブ人妻は、もう逆援助交際を止めてしまうかもしれません。貴重な雇用主が、一人の男の身勝手な行動でいなくなってしまうのです。

それに、セレブ人妻たちは横のつながりがあったりするものです。

有閑マダムなんて言葉もありますが、そういった富裕層の女性は、似たような立場の女性同士で集まる傾向にあります。

そんなときにちょっと話題に出たりするんですよね。「最近、こういう遊びをしているの。よかったらあなたもやってみない?」なんて具合に、口コミで広がることも多いのです。

もし、そこでネガティブな口コミが出回ってしまえば、複数人のセレブ人妻がいなくなってしまうかもしれませんし、あるいは「こいつは要注意」とブラックリスト化してしまうことも。

せっかく捕まえた逆援助交際相手を逃したくない気持ちは痛いほどわかります。しかし、こちらに選択権がないのと同様に、拒否権もないのです。

別れを切り出された時も、クンニをせがまれた時も、同じように受け入れてあげましょう。それがわたしたちの仕事なのですから。

従順なだけの行動

逆援助交際をまだしたことがない初心者のかたほど陥りがちなのですが、セレブ人妻の言うことを聞くだけの従順すぎる男はモテません。

ついつい女性の顔色をうかがいすぎて、なにもかもが受け身になってしまう……。お金をもらう側の立場である以上、仕方のないことではあるのですが、そんな態度ではリッチな奥様からすれば退屈でしかないのです。

ゆとり世代の若者たちが社会人になった時も、同じようなことが言われてましたよね。「言われたことはやるけど、言わないとなにもやらない」なんて風に。

「これだからゆとりはダメなんだ」と言わんばかりに叩かれてしまっていましたが、これはなんともかわいそうなことです。まだ不慣れな世界に飛び込んだばかりなのですから、なにをしていいかわからないのはごく当たり前のことです。

どんなことを言われるかを「経験」していくことで、ようやく「予測」がつくようになるのです。次はきっとこういうことを言ってくるから、先に動いてしまおう!と。いきなり新人がなにも言わないのにテキパキと仕事をこなしはじめるワケがないのです。

というか「言われたことはやるけど、言わないとなにもやらない」とコメントした上司だって、新人の時は同じようになにもやらなかったと思うんです。本人は勘違いをしているか、ただそれを忘れているだけです。

最初のうちは従順なだけの退屈な男でいいんです。一部の楽天的な性格をした人をのぞけば、誰だってスタートはそうなのですから。

それにセレブ人妻のなかには「初物食い」を専門としている人だっているのです。「わたしが初めての逆援助交際相手になって、男を育て上げたい」という願望をもっているのですから、そんな人と巡りあえればまさにぴったりですよね。

逆援助交際に不慣れな男は、セレブ人妻からみればすぐに分かってしまうそうです。メールで嘘をついて「逆援助交際は慣れてます」なんて見栄を張っても逆効果でしかありません。

きちんと、事前に自分は初心者であることを告げることがいいでしょう。初心者であることを承知で会ってくれる人がいるのであれば、その人は「退屈な男」というレッテルを貼り付けてくることはありません。

誰だって出来れば美人なリッチ人妻と交際したいと思うでしょうが、そうウマくは行きません。まずはより好みをせずに、会えそうなチャンスがあれば逃さないようにしましょう。

もし、その出会いがうまくいかなかったとしてもそれでいいんです。その経験は必ずプラスになりますし、そのプラスを重ねていくことで少しずつ「従順なだけの男」から成長していけるのですから。

3人同時進行での逆援助交際を目指しましょう!

わたしが逆援助交際を始めたばかりの頃は、それはそれはもう馬鹿正直に一人の女性に尽くしていたものです。

初めて契約してくれたセレブ女性ということもあって、何でも言うことを聞きましたし、すべてにおいて優先させてきました。まさに全身全霊を傾けて逆援助交際をまっとうしていたわけです。

しかし、そんな日々は長くは続きませんでした。なんと、1ヶ月半ほどであっけなく契約が打ち切られてしまったのです。

その時、わたしはどうしても納得がいかなかったのと、今後に活かしたいという思いから、かなり踏み込んでその理由を聞き出そうとしてしまいました。今思えば、とても失礼でみっともない行為なんですけどね。

その方はとても優しい方でした。普通なら無視されてもおかしくないところを教えてくれました。それは単にあなたに飽きたから。刺激がもう味わえなくなったからです、と。これ以上ないほど簡潔で納得できる答えをいただけました。

わたしは良かれと思って何でも言うことを聞き、いつ呼ばれてもいいようにスケジュールもほとんど空けていました。それもすべて、彼女を喜ばせて奉仕したい気持ちが故だったのですが、そのことが逆に良くなかったのでしょう。

何でも言うことを聞いて、いつでも呼び出せる。これがもし女性だったら男としてはこれ以上ないほど都合のいい女なのですが、それが男性となると「物足りない」「頼りにならない」というネガティブなイメージにもなってしまうんです。

そうでなくても、セレブ女性は気まぐれです。若くてスタイルの良いイケメンな男子が出てきたら、ふらっとそっちに移り気をしてしまうこともしばしば。

逆援助交際はセフレであり、バイトでもある

逆援助交際はセックスフレンド関係と似たようなもので、ひとりの人とずっと長期でというのはなかなか難しいものなのです。セフレであれば関係が途絶えたとしても生活に支障はありませんが、逆援助交際の収入に頼っていた場合は生活が立ちゆかなくなってしまう危険性だってあるわけです。

ですから、保険として常に3人のセレブ女性と契約することを目標にしましょう。この3人という数字は、これ以上少なくても多くてもダメだと思います。1人は論外ですし、2人いたとしても万が一の不安は拭いきれません。

4人以上というのはスケジュールの都合的に噛み合わないことが多くなってきて契約をまっとうできなくなってしまいがちですから、3人がベストなのです。

始めたばかりの頃は、きっとひとりの女性と契約するので精一杯かもしれません。まずはひとりの女性と契約を結んでみて、その人だけに注力するのがいいでしょう。

逆援助初心者であればいきなり複数のセレブ女性と付き合うのはかなり大変なことだと思いますし、はじめのうちは逆援助交際がどういうものかを学ぶべき期間ですから。

おそらく3ヶ月もすれば、気持ちにも余裕が出てくる頃だと思います。その時、まだ契約が続いているのであればできるだけ続けましょう。逆援助交際にとって最適なのは、長期的な関係であることは間違いないです。

ただ、どうしても短いスパンでの交際になってくるケースも出てくるでしょう。そういう時に備えて、いつ契約が打ち切られてもいいように、複数の契約を結び、リスクを分散させておくことが、逆援助交際におけるリスク・マネジメントなのです。

要はバイトの掛け持ちのようなものですね。面接から始まるところといい、逆援助はバイトのようなものともいえます。

それこそ、まずはバイト感覚で始めてみることをオススメしますよ。昔とは違い、今の時期なら驚くほど簡単に逆援助相手が見つかるのですから。

目標を持ちましょう

あなたの月の目標金額が10万円だとします。そして、1人の女性と月に3回会って合計で10万円もらっているとします。

そのとき、新しい逆援助交際相手を探すのをやめてしまう男性がいるのです。

それでは意味がありません。その女性と関係が切れたら、また一から逆援助交際相手を見つけるのでしょうか。それで、3ヶ月で30万稼いだものの、そこから相手が見つからずに次の3ヶ月の収入は0円……でなんて不安定な逆援助生活を送るのでしょうか。

それでは全然だめです。

常に新しい出会いを探してください。できるだけ多くの女性と定期的な関係を持ってください。

そうしなければ、別れた時に、収入が途絶えてしまいます。

分散投資をすべき理由

卵は同じカゴに入れてはいけない。

株式投資でよく言われている言葉ですね。同じカゴに卵を入れていたら、落としたときに、全部割れてしまいます。投資は分散しなくてはいけない。

逆援助交際も同じこと。一人から契約を切られただけで収入がゼロになるなんていうリスクを負う必要はありません。

複数の女性と逆援助契約を結ぶことのメリット

さらに、複数の女性と逆援助契約を結ぶことには大きなメリットがあります。

それは価格交渉で強気に出られることです。

こちらは、何人かの女性を抱えているんだから、もっと高額にしてくれないと会わないよと強気に出ることができますね。彼女のほうも、せっかく抱え込んだ安全な男を手放したくないから価格交渉に応じるしかない。

もしもこちらが、1人としか逆援助契約をしていなかったとしたら、切られてしまうリスクを恐れて強気にでることなんてできません。

そんなわけで、できる限り複数の女性と逆援助契約を結びましょう。

わたしの場合

わたしは学生時代まったくモテませんでした。

女の子とうまく話せない。顔が悪い。身長も163センチしかありません。

そんなわたしでも、いまでは多くの女性とメールでやりとりをし、3人以上の逆援助セフレを抱え、しかも毎月新規で新しい女性と出会ってセックスをしています。

自慢をしたいわけではありません。

わたしが言いたいのは、わたしのようなタダのオジサンが多くの逆援助セフレを抱えてセックスを楽しんでいるという現実です。

しかも、ルックスはどう見ても下の中。お金もあまりない。車もない。家もない。ファッションセンスもない。

それでも、ほんの少しの努力で、セフレを作ることができるのです。

世の中の恋愛指南本は、モテる男が書いています。

はっきりいって役に立ちません。

ファッション雑誌で、モデルが着ている服を買っても、ぜんぜんオシャレにならないのと一緒です。

わたしたちには、わたしたちに合った、等身大の出会い攻略方法があるはずなのです。

この攻略法を実践すれば、女と出会えます。セックスができます。人生が変わります。

わたしは、いろいろな女とセックスすることで、自分に自信が持てて、そのことで仕事もうまくいくようになりました。

自信は、あらゆるチャレンジの源泉となるかけがえのないリソースです。

ぜひとも、みなさんも、女性とセックスをすることで、自信をみなぎらせてください。

人生を変えてください。

セレブ人妻に好かれる「やさしい男」になる方法

女はいつだって「やさしい男」が大好きです。

「どんな男性が好みのタイプ?」と質問すれば、たいていの女性が、「やさしいひと」と答えます。

しかし、セレブ人妻の求める「やさしい男」と普通の女性が求める「やさしい男」はまったく違うのです。

本日は「セレブ人妻に好かれる」というところに的を絞って、「やさしい男になる方法」を論じていきます。

やさしい秘書であるべき

セレブ人妻の多くは社会的地位が高く、普通の女性に比べて、一般的な雑用をしていません。

お店の予約をする・映画のチケットを買う・移動手段を考える……。

そんな面倒を一手に引き受けてくれる「やさしい男」をセレブ人妻は求めているのです。彼女たちは、お金を払う代わりに面倒から開放されたいという思いが、骨の髄まで染みこんでいるのです。

だから、こういうところで気の利かない男を「バカな男」とみなします。当然、お小遣いなどもらえません。

わたしたちは、こういう労力をぜったいに厭うべきではありません。積極的に面倒を買ってでることが「やさしい男」だと思ってもらえる近道なのです。

とにかく褒める

褒めるというと、キレイな女性に「綺麗です」と言ったり、痩せている女性に「スリムで素敵です」と言ったりすることだと思っている男性がいます。

ぜんぜん違います。

セレブ人妻を攻略するための「褒め」とは、まったく見た目に魅力がない女性であっても、とにかく褒めて褒めて褒めまくることなのです。

デブでブサイクな奥様であっても、「瞳がすごくチャーミング」だの「肌がすごくキレイ」だのと、とにかく、何でもいいから褒めるのです。お世辞だと思っても、それで悪い感情を抱く女性はいません。

見た目だけではありません。服装・アクセサリ・髪型・所作・言葉づかいなど、ありとあらゆる場所を褒めるのです。

とくにセレブ人妻は、自分の身のこなし・所作・言葉づかいに大いに自信を持っています。そこを褒めて自尊心をくすぐってあげたら、あなたに徐々に惹かれていくのです。

自分がどういう人間かなど関係がない

あなたがクールで知的な人間だろうと、寡黙で根暗な人間だろうと、そんなことは関係ありません。

あなたは、セレブ人妻に奉仕する側の人間なのだから、求められている人間になることが最重要なのです。

アパレルの店員が「寡黙で根暗だから」という理由でボーッとしていたら服なんてぜったいに売れません。

あなたはあなたという商品がどうやったら魅力的に見えるのか、セレブ人妻がどういう商品を探しているのかをリサーチし、その商品に近づく努力をしなければならないのです。

やさしい男とは、けっきょく「その女性にとってやさしい男」なのです。

「やさしい男」の種類は何百通りもあるのです。あなたの目の前にいるセレブ人妻にとっての「やさしい男」とはどういう男なのかを徹底的に考えぬいてください。

あなたを長年縛り付けてきたセルフイメージをとりはらってください。

本当のやさしい男になってはいけない

さて、最後にもっとも重要なことを書いておきます。

やさしい男である努力をいつまでも続けていて「本当にやさしい男」になってしまってはいけません。

あなたは「やさしい男」である演技をしているだけなのです。

いざとなったら、セレブ人妻とセックスしてお金をもらおうと考えているわけです。そして、その手段のためにやさしい男を振舞っているのです。

この大前提を忘れてしまうと、逆援助交際は非常に効率の悪いものとなります。

お金をもらうことから逆算してやさしくしているということを常に忘れないようにしてください。

会うたびに、セレブ人妻にやさしくしているばかりで、そこから進展がないなんてことはぜったいに避けなければなりません。

逆援助交際関係を長続きさせるには「細かいこと」に気を配ることが重要

逆援助交際関係を長続きさせるには「細かいこと」に気を配ることが重要です。

目の前でイライラして物を蹴飛ばした・大声で店員を怒鳴った・つい声を張り上げて反論してしまった。

そんなことには実は思い悩む必要はありません。こういう「あきらかな失態」は、逆援助交際を円滑に進めようと思っていれば、勝手に改善されていくものだからです。

それよりも、重要なのは「細かいこと」なのです。神は細部にやどります。あなたが気づいていないちょっとしたことでセレブ人妻はあなたを不快に思っているかもしれません。

自分に自信がない人ほど清潔感を大切に

誰が見てもかっこいいという男性であれば、悔しいですが多少ヨレヨレの服でもそれなりに見えてしまうのです。

でも人並みかそれ以下であれば、きちんと清潔感のあるスタイルでのぞまなければなりません。とくにセレブ人妻は清潔感に敏感ですからね。

高価なもので身を固める必要はありませんが、何日も着回した服やしわがひどいものは絶対にやめましょう。

部屋干しした服は、後で生乾き臭さが立ち上ることがあるので気を付けてください。靴が汚いのもNGです。服選びはよほどセンスが悪いと言うのでなければ大丈夫ですが、当たり障りのない無難なファッションと言うのを普段から勉強しておくのが良いかもしれません。

女性に会う前に服装や髪をチェックして清潔感があるか確かめましょう。それで良しとなったら、自然と自信が持てるものです。

相手がセレブ人妻である場合に限らず、会う人には不快感を与えないように気を配ることが大切なのです。

女性からの印象は3秒で決まる

初対面の女性と会うときって、本当に緊張をするものです。特に、コンパや婚活などを行うと、必然的にそのような場面が多いので、いろいろと気をつけるべきことがあります。そして、その中で最も重要だと思うのが、身だしなみだと思います。

理由は、人の印象は3秒ほどで決まってしまうからです。結果を言えば、やはり身だしなみが出来ていない人って、女性から一瞬で不快だと判断され、印象がかなり悪くなってしまいます。例えば、髪の毛が長くてセットされていなかったり、無精髭がボーボーだったりすると、女性って不快だと判断するようです。

それ以外でも、体臭や口臭に関しても、初対面の印象が悪くなる要因です。つまり、初対面で女性と会う場合は、清潔感のある髪形や服装、または臭い対策を心かげて行くべきです。それが出来れば、女性からもマイナスポイントを挙げられることはなくなります。

また、最低限の身だしなみが出来ている男性は、やはり女性からの好感はよくなるので、逆援助交際では有利になっていきます。

挨拶

何度も会っていると挨拶をおざなりにしてしまう人がいます。きちんと笑顔ではっきりした声で挨拶をかならずするようにしてください。逆に言えば、最高の挨拶さえ続けていれば、人間関係は円滑に進むものです。

別れ際も笑顔で今日会ってくれたことへの感謝を言うのを忘れないようにしてください。人は、最後の印象が強く残ります。その日がいまいち楽しくなかったとしても最後に最高の笑顔を見せられたら、良い日に感じるものなのです。心理学ではこの考え方を「ピーク・エンドの法則」とよんでいます。人は何か出来事が起こった時、その印象を「エンド」の情報で決定づけるのです。

ちなみに挨拶で笑顔を見せるコツは、言葉の最後に無言の「イ」を付けることです。

「おはようございます(イ)」
「はじめまして(イ)」
「ごちそうさまでした(イ)」

というふうに、無言の「イ」をつけるとにっこり笑った挨拶に見えるのです。鏡のまえで試してみてください。

邪魔が入らないようにする

人間関係を円滑にすすめるには、邪魔が入らないようにすることも重要です。たとえば、職場の人間関係なら、誰かと話している時に、他の同僚から割り込まれたりすると、その人にたいする不快感が増してしまいます。たとえ、あなたのせいではなくても、会話中の邪魔はあなたへの評価を下げるのです。

逆援助交際においては、もっとも注意すべきは電話・スマホです。

あなたがセレブ人妻と話しているときに、あなたの電話が鳴るのは最悪。ぜったいに音が鳴らないようにしておいてください。メールの着信音もNGです。あなたは、あなたの全身全霊を傾けて、邪魔が入らないように周到に用意をして、セレブ人妻との会話に臨む必要があるのです。

横槍は、あなたへの評価を決定的に下げてしまいます。「この人は思いやりに欠ける人だ」と思われてもしかたありません。

いよいよセックスまで持ち込めると気分が高まっているところで、電話の音でムードが冷めてしまうなんていうことにならないように注意してください。

空腹を避ける

いわゆるランチョンテクニックですね。

食事をしていると人は打ち解けたムードになるといわれる有名なテクニックです。

わたしはこれを、ポジティブなテクニックととらえてはいません。

食事をすると人間関係が良好になるのではありません。

空腹が人間関係を悪くしてしまうのです。

人はお腹が空いているとイライラして怒りっぽくなります。これでは、逆援助交際の交渉がうまくいくはずもありません。

食事をするとうまくいくなんて楽観的に考えるのはやめてください。セレブ人妻は、ぜったいに空腹にさせてはいけません。

また、あなたも決して空腹なまま、セレブ人妻との逢瀬にのぞんではいけません。きちんとお腹を満たして、精神的に安定した状態で、勝負に望んでください。

明るく接する

わたしが心がけているのは、明るく接すること。これはどのようなシーンでも大事な事です。

だからといって、チャラい挨拶は良くないです。とくにセレブ人妻はチャラいのは苦手。チャラいのはもっと仲良くなってから。きちんと軽くお辞儀しながら挨拶しましょう。

その後は会話のきっかけを探すことです。例えば、身につけているものとか、髪型とか話し方とか。ちょっとでも気がついたことがあればそれを話題にしましょう。

それでも話題に困るのであれば、プライベートなことも聞いても大丈夫だと思います。とはいってもあまり不覚入り込むのはNGです。セレブ人妻は、自分の情報を出す危険に敏感ですからね。

浅いところ、趣味や出身地のことを話題にするのも良いかもしれないですね。

気をつけるのはあまり自分のことばかり話さないことです。自分のことも話しつつ、相手の言うことにもしっかり耳を傾けましょう。会話のキャッチボールが好印象を持たせるコツだと思います。

行動で誠意を見せる

セレブ人妻と会っているときは、常に行動で誠意を見せることが大切です。

行動は口よりも雄弁なのです。

  • イスを引いてあげる
  • ドアを開けてあげる
  • 車道側を歩かせない

などなど、行動で誠実さをアピールできることは多いはずです。

イリノイ大学のウェイン博士とライデン博士は、秘書・カウンセラー・プログラマーなどのさまざまな職種において、上司と部下のペアを6ヶ月にわたり調査をしました。

その結果、もっとも好感度が高かったのは「行動的な人」だったそうです。あなたがセレブ人妻のために一生懸命行動することは、なによりもあなたの評価を引き上げるのです。

同じ話をしない

セレブ人妻と会うときに、してはいけない話はいろいろあります。

  • 自慢話
  • あまりにネガティブな話
  • 誰かの悪口

などが一般的です。

しかし、実際にもっとも退屈な話は「以前に聞いたことがある話」なのです。

米国ノースカロライナ州にあるウェイク・フォレスト大学の心理学者マーク・R・リアリー教授たちが、「会話の退屈さ」について分析をした実験結果があります。レアリー教授たちが、297名の大学生たちに、「どういう時に退屈するのか?」という状況を思い出させ、統計的に分析しました。

その結果、会話で人をもっとも退屈させるのは、「同じ話の繰り返し」でした。

退屈させられて、その男性とまた会おうなんて思う女性はいません。

これを避ける方法は一つだけ。「この話したかもしれないな」と思ったら、その話をしないことです。

「この話したっけ?」だの「この話はしたかもしれないけど」だのと言うのもダメ。他に会話のないつまらない人間に思われてしまいます。

とにかくセレブ人妻を退屈させるのはやめてください。セレブ人妻は退屈な毎日に嫌気が差してあなたに会っているんです。

セレブ人妻を満足させるセックス全手順

1588happyこれまでに、お金をもらってセックスをしたことが一度もないという方もいるのではないでしょうか。

はっきりいって、お金をもらってするセックスは、それ以外のセックスとはまったく違うのです。

男にとってセックスは射精をして快感をえるための行為。お金をもらってするセックスは、女性を満足させるためだけの行為なのです。ときには、女性が望まなければ射精がない場合だってあるのです。

本日は、セレブ人妻を満足させるセックス全手順を詳細にお伝えしていきます。この通りにセックスをしていけば、かならずセレブ人妻をあなたの虜にすることができます。

ソフトな導入

いきなり裸にして乳首を触ったりクリトリスを触ったりしてはだめ。できるだけソフトな触り方をするべきです。服は脱がしません。まずは服の上から軽くハグします。抱きしめて背中から優しく触ってください。女性は、特定の場所よりも体全体で快感を感じるため、体全体をやさしく触ってください。

感じやすい女性であれば、この時点で愛液が出てきます。ただ、愛液が出ているのは女性が感じている証拠ですが、出ていないからといって感じていないわけではありません。愛液の出るタイミングと量は個人差があります。愛液がぜんぜん出ない女性だっているのです。

セックス開始

いよいよ、服を脱がして本格的なセックスへと突入します。

裸にして、しばらくは同じように体全体を優しく触っていきましょう。彼女が興奮してきた様子がわかったら、胸や性器を触っても良いでしょう。ただし、触っているか触っていないかわからないくらいのソフトタッチからはじめてください。きちんと興奮していれば、膣が充血し厚みを増して来ます。そうなったら、指先をほんの少し入れてみてもいいでしょう。指がギュッと締め付けられるのがわかるはずです。

挿入

愛撫を続けていくと、彼女が入れて欲しいというサインを送ってきます。それは言葉で「入れて欲しい」と言うこともあれば、自分からペニスを膣の方へ導いてくる場合もあります。

いずれにせよ、このサインを受け取らないうちから挿入しようとするのはやめてください。

挿入したら、体中の感覚が鋭敏になっています。頭をなでたり、耳を舐めたりするだけで、女性にとっては非常に大きな快感になっています。挿入しながら、さまざまな場所を触って、彼女がしてほしいことを確認していってください。そしてその情報を次回のセックスに活かしてください。

女性によっては膣への刺激ではなかなかオーガズムに達することができません。こういう女性の場合は、挿入しながら、優しくクリトリスに触れてあげると大きな絶頂を迎えることができます。

終了時

オーガズムが終わると、女性はだんだん冷静になっていきます。赤くなっていた頬や性器がもとの状態にもどっていきます。

このときの冷静になるスピードは女性よりも男性のほうがはるかに早いため、ムードがぶち壊しになってしまうことがあります。ことが終わったら、彼女を抱きしめてあげて、頭をなでてあげるなど、彼女の興奮が完全に覚めるまではムードを保つようにしてください。

いかがだったでしょうか。いっぱんに「男性の射精のためのセックス」は、男性が急ぎ過ぎな傾向にあります。女性が満足するセックスのテンポは、もっとスローで優しいものなのです。

不意に呼び捨てにしてみる

セレブ女性の名前を呼ぶとき、多くの人は「◯◯さん」といった具合に、すこしお固くて距離のある呼び方をしてしまうのではないでしょうか。「◯◯ちゃん」なんてのはちょっと気さくすぎるし「◯◯様」というのも重すぎて嫌がられそう……。結局、無難な「◯◯さん」に落ち着いてしまいがちです。

それは決して間違っていませんし、むしろ正解であることが多いです。相手から特に呼び方の指定がない限りはさん付けで呼ぶのがベターです。

しかし……ベッドの上、つまりセックス中はあえて相手のことを呼び捨てで呼んでみるのも、相手を喜ばせるためのテクニックになることもあります。

Mっ気のあるセレブ女性でしたらまず間違いなく喜んでくれることでしょう。逆に、なんでも自分主導で進めたがるようなSっ気の強いセレブ女性であればやらないほうが無難かもしれません。ちょっとリスキーですからね。

セレブ女性だって、ただの一人の女であることに変わりはありません。そして女というものは、下の名前で呼び捨てにされると思わずドキッとしてしまうものなのです。

普段は明確な主従関係にある逆援助関係だからこそ、このテクニックが際立つという効果もありますからね。

ハーフタレントのローラは誰に対してもタメ口で話してしまうというキャラでお茶の間の人気者となりましたが、もっとも好評を得ていたのはオジサン世代だったそうです。

部下による目上の人物に対しての口のきき方には厳しいオジサン世代だからこそ、タメ口でぐいぐいと自分の懐に入り込んでくるローラは異質な存在であり、思わず気になってしまうのでしょう。

タメ口しかり、下の名前で呼び捨てにしかり、共通するのはどちらも「距離感がすごく近く感じる」ことです。まるで友だちや恋人感覚で接せられることは、サプライズに近いですからね。

逆援助交際で気に入られる秘訣は、言うことを聞くだけの従順な犬よりも、たまにふてぶてしい一面を見せる気まぐれな猫のような存在なのです。

たまには反抗してみる

0666happy

逆援助交際相手のセレブ女性には絶対服従……そう思っていませんか?

たしかに、そうしておいたほうが万事丸く収まることが多いのは確かです。しかし、なにもご主人様と奴隷のように明確な主従関係を結んでいるわけではないのです。

それに、なんでもいうことを聞いてくれる人というのは便利で重宝しますが、それが続くとしだいに当たり前になってしまい、ありがたみがなくなるどころか飽きられてしまうことも……。こちらとしてはまだまだ続けていきたい意志があるのに、そんな理由で打ち切られてしまったら悲しいですよね。

女性はなによりも「マンネリ」というものを恐れ、嫌います。

逆援助関係だって最初こそ刺激的なものですが、長く続けていけばそれもいつしか薄れてしまうもの。長続きさせるためには、適度に「刺激」を織り交ぜていくのがコツといえるでしょう。

そこでオススメしたいのが、たまには言いなりではなく、反抗的な態度をとってみること。といっても、ただ言葉遣いを荒くしたり、言われたことをしなかったりというものではありません。

普段の生活においては、相手のペースで言いなりになっておいたほうがいいでしょう。どうしても、お金を貰う立場としては下手に出ることになりますからね。

しかし、エッチの際は違います。こちらがお金を受け取る立場であれば、あちらはチンポを受け取る立場なのです。つまり、エッチの最中だけはこちらが上の立場になれるわけですね。

いつもクンニばかりさせられているなら、今日はまずフェラからしてみてよ。と、主導権を握ってみるのもいいでしょう。嫌な顔をするかもしれませんが、普段とはちょっと違うエッチを楽しめるかも、ということに気づきさえすれば向こうも乗り気になってくれるはずです。

普段からM女気質のセレブ女性であるなら、今度は逆に女性側から責めさせてみるのも面白いですね。主従逆転というのはとても刺激のあるセックスになることでしょう。

ただ、大事なのは「反抗すること」そのものが目的ではなく、セレブ女性に普段とは違う「刺激」を与えてあげる、ということです。相手に「刺激を与える方法」の一つとして「反抗するという手段」を用いているだけ、という意識が大切です。

理由もなくただ反抗的な態度を取るだけでは、生意気と受け取られてその場で関係を打ち切られてしまう可能性もあるので、そこだけは勘違いしないよう気をつけてくださいね!